読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

医師たちの恋愛事情  第6話あらすじ(放映前のため、感想は視聴後に更新予定です)

 

【かつての恋人、由梨絵登場!!千鶴先生の気持ちは…】

以下、フジテレビ公式HPより抜粋

 

守田春樹(斎藤工)のもとに、かつての恋人・由梨絵(小松彩夏)が助けを求めてやってきた。腹痛を訴え、春樹に抱きつく由梨絵。その光景を見てしまった千鶴(石田ゆり子)は、複雑な心境だった。

 



以前から痛みを我慢していた由梨絵は、春樹のそばにいたい、と懇願した。彼女は、暴力を振るう恋人の貴也(加藤厚成)と別れたくても、逃げることができないのだという。春樹は、ここにいればみんなが守ってくれるから、と言って優しく由梨絵に微笑んだ。

 

こうきたかー

また、ベタな展開だけど元カノの存在で千鶴先生が嫉妬して…ってやつかな?

千鶴先生にはいい加減、自分の気持ちに正直になってほしいですね。

 

 

 

 同じころ、友子(板谷由夏)は、病院の屋上で仁志(伊原剛志)の妻・恵美(櫻井淳子)と対峙していた。

恵美は、金が入った封筒を差し出し、主人と別れてほしい、と友子に切り出す。そのとき、ふいに気分が悪くなり、その場にうずくまってしまう友子。

物陰からふたりのようすを見守っていた仁志は、友子に駆け寄って手を貸そうとした。しかし友子は、その手を振り払うと、仁志とは別れる、と言い残して立ち去ってしまう。

残された仁志は、友子が自分の子を身ごもっていることを恵美に告げ…

 
 
これは…見てるほうがソワソワしそうな展開だ(>_<)
恵美は、お金を渡しながらも『離婚』っていう選択ではないんですね…
でも、友子が妊娠したって知ったら変わるかもしれないなー。

 

 

春樹と由梨絵が近しい間柄ということで、彼女の担当医は千鶴になった。春樹を呼び出した医局長の宗太郎(平山浩行)は、由梨絵に関わるのを止めろ、と忠告する。それに対して春樹は、いま由梨絵をひとりにすることはできない、と返す。宗太郎は、そういう態度が千鶴を傷つけている、と言って春樹に怒りをぶつけ…。

 

 

うわー、よりにもよって千鶴先生が担当かぁ。

そりゃ高橋先生も怒りますよね(-"-)

千鶴先生を巡って、イケメン同士の対立…!ほんと、ベタなドラマだなぁ(笑)

でも、個人的にはこういうベッタベタなやつも結構好きなんですけどね(^_^.)

 

※感想は視聴後に更新予定です。