読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】医師たちの恋愛事情 第6話感想 ~DV被害の元カノ登場。すれ違う二人…~

2015春ドラマ 医師たちの恋愛事情

スポンサーリンク

【元カノ登場に千鶴先生は…そしてそれぞれの守るべき人は…】

木10ドラマ医師たちの恋愛事情 第6話の感想です。

5話のラストでは病院に元彼女の由梨絵がやってきて、守田先生に抱きついてきました。

その様子を千鶴先生たちは偶然見てしまいます。

そして、その場にいた大根先生は案の定、皆に報告します。

 

いやいや、口が軽いなー(-"-)

前回で守田先生に借りがあるんだから、そこは黙っててよ…笑

 

 

そして、恋人からのDVの被害から腹痛を訴えた由梨絵はそのまま入院することに。

「春樹の側にいたいの。」

と言う由梨絵に守田先生は

「ここなら皆が守ってくれる。安心して。」

と言ってごまかします。
千鶴先生はその様子も偶然見ていました。

 

守田先生には、そこはしっかり線引いて欲しいですね(>_<)

一番大事なのは千鶴先生だぞ!!

 

 

その頃、病院には仁志先生の妻のである恵美がやってきます。

「別れて下さい。」

と言って友子にお金を渡そうとしますが、友子先生の体調がどうも悪そう。

ですが友子は、

「ご迷惑をおかけしました。
仁志先生とは別れますので、ご心配なく。」

と言い、立ち去ってしまいます。

恵美はその場に居合わせた仁志先生に

「彼女妊娠してるの?皮肉なものね。私との間にはどうしても出来なかったっていうのに。」

と嫌味を…

うーん、修羅場ですなぁ(+o+)

 

 

その後のカンファレンスでは、由梨絵の事が議題に。

守田先生は親しい間柄ということで関係がある人なので担当から外れ、なんと千鶴が担当を買って出る事になりました。

あえて自分から申し出たのはどういう心情なのでしょうかね…

 

 

その後、高橋先生は「あの人を傷つけるな」と守田先生に迫ります。

高橋先生としてはせっかく自分が千鶴先生を諦めたのに、煮え切らない態度で千鶴先を傷つけていることが許せなかったようですね。

守田先生は、それでも今は由梨絵を一人には出来ないみたいですが…

千鶴先生にも、「そういう優しさってかえって人を傷つけるよ。」と言われてしまいます。

 

 

そんな守田先生と高橋先生のやりとりを流れを盗み聞きしていた奈々先生。

「優しいね。」と高橋先生に話しかけます。

奈々先生はこれから保育園に子供のマサトを迎えに行くそうで、高橋先生は一緒に行ってやろうかと投げかけます。

ですが、ちょうど母がマサトを迎えに行ってくれるとの事。
そのまま二人は出かける事になり、向かった先はなんと釣り堀でした。

どこか思わせぶりだった高橋先生でしたが、

「何かあるわけないだろ、俺たちに。その方が傷つかないですむ。」

と大人なセリフ。

 

 


その頃、仁志先生は「どうすれば誰も傷つけずにすむのか。」と守田先生に問いかけます。

ですが守田先生は「誰も傷つけずにいるなんて無理かもしれません。」と返します。そして、守りたいと思うその人を大切にすべきだと諭します。

そして仁志先生に「お前は誰を守りたい。」と問われると

高橋先生は「近藤先生」とハッキリ返すのでした。

 

 

いいねいいねー!!

自分の気持ちに気づき、正直になる高橋先生。

あとはしっかりそれを行動で千鶴先生に示さなきゃね(>_<)

 

 

【自分に正直になった仁志先生…そしてやってくるDV男…】 

仁志先生は、友子先生を屋上に呼び出します。

 

「誰も傷つけないなんて無理だよな。決めたんだ。誰を守るのか。」

 

「子供を産んで欲しい。妻とは別れる。一緒になろう。俺が君と子供を守るから。」

ついに友子先生にそう伝えます。

 

その後、病院に不信な背の高い男性がやってて由梨絵を連れていったみたいです。
どうもDVを行っていた恋人の仕業らしく、千鶴先生と守田先生は由梨絵たち探し回ります。

 

そして駐車場でふたりを見つけた千鶴先生は、病状が思わしくない由梨絵を必死で連れ戻そうとしますが…

「こいつは俺の女だ。どうするかは俺が決める。」

と、由梨絵の恋人はいかにもDV野郎なセリフを…(>_<)

食い下がる千鶴先生に対しても、なんと男は殴り掛かります。
そこはタイミングよく守田先生が現れ、タックルして守りました!!

 

ナイス!!!

守田先生はそのままボコボコに殴られますが、そうこうしている間に警備員が来て助かりました。

 

警察よべ!警察!

あんな野郎は逮捕されるべきじゃー(`ヘ´)!!

 

 

【仁志先生の想いとは裏腹に…子供の行方は…】

一方、仁志先生は帰宅すると妻にはっきりと、別れてほしいと言いました。

ですが、話をまともに聞こうともしません…

やはり別れるという気はなさそうです(-"-)

 

ちょうどそのとき病院では、無事に保護された由梨絵の病状が急変します。

千鶴先生はDV男とのやりとりで手を負傷しており、オペ出来る先生がいない状況…

守田先生は由梨絵の関係者なのでオペをしてはいけないルールでしたが「責任は自分がとる」と言い、オペを独断で行うことにしました。

 

 カッコいいぞ!!守田先生さすがや…(>_<)

 

仁志先生はそんな病院の様子を知り、守田先生をサポートしに病院に戻ろうとします。

ですが、恵美の母から子供の事で話があると言われてしまいます。
なんと、子供は養子縁組をして、病院の跡取りとしてうちで育てようと言い出すの。です。

当然仁志先生は何を言っているのか呑み込めません…(>_<)

そんな仁志先生に、恵美の母は…

「これが一番誰も傷つかずにすむ方法なのよ。あなたも、あなたのお相手の方も。」

と言い放ちます。

 

 

ちょうどその頃、友子は子供を産む決意をし、病院に中絶手術のキャンセルの連絡をしていました。

しかし、その様子を旦那さんに聞かれてしまったのです。
当然、旦那さんは激怒します。

そして皮肉にも、仁志先生と同じように

「産めよ。そして俺たちの子として育てるんだ。それが一番世間体が傷つかないですむ。」

と、友子言われてしまいました。

 

なんともなぁ…

友子先生と共に生きる決意をした仁志先生でしたが、うまくいかないものですね…

医者という立場や、家庭の環境など、すべてを壊す覚悟がないと結局は本当の幸せを掴めないのでしょうか(*_*)

 

 

そして、無事に由梨絵の手術を成功させた 守田先生でした。

ですが結局は、今回の事で千鶴先生とはすれ違ってしまったようです(>_<)

春樹は手術の後寝ている由梨絵の手を握るシーンで第6話は終了です。

 

モヤモヤしっぱなしだった6話。次回こそはスッキリしたいものですね。

しかし、偶然居合わせるシーン多いな。やはりベタな展開のドラマだなぁ…