社会のルールを知ったトキ

株式投資やファイナンスなどで気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】ようこそ、わが家へ 第6話 感想 ~妹は絶対に守る!卑劣なストーカーと直接対決!~

 

STORY#6

 

 

 

倉田健太(相葉雅紀)は神取明日香(沢尻エリカ)の事件からヒントを得て、“名無しさん”の足取りを追うことを思いつき、タクシー会社からの情報をもとにその人物が降車した場所へ。

すると見覚えある人物を発見。

そこには七菜(有村架純)の元カレ、辻本正輝(藤井流星)が。

 

ここまでが第5話のラストでしたね。


健太と明日香は、倉田家への嫌がらせと七菜へのストーカー行為を止めるよう辻本に詰め寄ります。

 


だが、辻本は自分ではないと否定し、逆に健太に七菜を守るようにと凄んでアパートの部屋に姿を消したのですが、いかにも怪しい。

 

 

 

ポストに猫が入っていたことを問い詰めると、「俺じゃない」と否定しました。

普通の人は、どういうこと?と不思議に思うはずですよね?

この反応ってことは、辻本は猫がポストに入っていたのを知っていたということになります。

つまり、自分が入れたか…その場面を見たか…

f:id:a-rulership:20150518230311j:plain

 

 

まあ元々がストーカーだから、名無しさんが入れているのを目撃したってこともあり得るけど…

どうなんでしょうね?こいつがやっぱり名無しさんなのかな(-"-)

 

 

 

健太と明日香は、七菜に辻本の話を聞く。しかし、健太は辻本に“名無しさん”の疑いがあることは、七菜に話しませんでした。
アナウンサー面接も大詰めを迎えようとしている七菜に余計な心配をさせたくなかったのです。

 


その夜、珪子(南果歩)が波戸清治(眞島秀和)たち陶芸教室の仲間と一泊旅行に行って良いかと太一に聞きます。
それは良いと認める太一だが、健太の心中は穏やかではありませんでした。

 

 

健太からすればそうでしょうねー。
逆に、旅行中に名無しさんが現れたとしたら陶芸教室の先生はシロってことなのかな?
ここは注目してみよう!!

 

 

 

【怪しいドリル…見えてきた真瀬部長の企み!!】

 

 

その頃、『ナカノ電子部品』では、在庫数の合わなかった商品が見つかっていました。
太一(寺尾聰)と西沢摂子(山口紗弥加)は、確認した時には無かった商品を平井光雄(戸田昌宏)に見せられます。
うっかり見落としたと平井は言いますが、あんなに大きい商品を見逃すなんておかしいです。

西沢さんは真瀬博樹(竹中直人)が裏で糸を引いていると太一に告げました。

 


会社パートは相変わらずのいつものパターン!!笑
ただ、今回はなんとなく不穏な雰囲気が漂ってますね。前回からの2話跨ぎなので、大事になるのではないでしょうか??

 

 

その後の業績会議で太一は、 3000万円分の怪しいドリルについて問いただします。

真瀬さんは明らかに焦った様子で、かなーり怪しい感じでしたね。

実際にドリルそのものを確認すると、新品ではなく売り物にならない「廃棄ドリル」であることが判明します。

価値の無い商品を相模ドリルから仕入れる…

 

 

 

一見無意味なこのやりとりですが、相模ドリルが資金繰りに困っていたとすると間接的にナカノ電子部品が資金を提供していることになりますね。

もちろんナカノ側としてはメリットがないわけで、間に入っている真瀬部長が見返りを受けていると考えるのが妥当でしょう。

 

 

 

徐々に見えてきましたね…
真瀬部長は相変わらずの悪事三昧のようです(>_<)

 

 

 

【名無しさんに反撃開始!!健太の考えた罠とは!?】

その晩、アナウンサー最終面接から帰ってこない七菜。

健太は、昔からの思い出の場所へ迎えにいきます。 

話を聞くと、面接直前に「テレビ局の皆様へ送っておきました」と書いたメールが来ていたようです。
当然、七菜のベッド写真が添付されており、動揺した七菜は面接でもボロボロになってしまったとのこと。

f:id:a-rulership:20150518225601j:plain 

 

 

そりゃあ、ボロボロにもなるよなぁ。なんて卑劣なんだ名無しさん…*1

結果的には、やっぱり受信拒否の設定をしておくべきでしたねー。

 

 

 

そして七菜と共に帰宅した健太の元に、明日香がやってきます。

今回のことを相談するも、警察には相談しても仕方がないという結論。

自分たちでなんとかするしかない状況でしたが、健太には何か考えがあるようです。

 

 

 

その後、食卓に集まる一同をうまく風呂場に誘導!

倉田家が名無しさんに盗聴されているということを打ち明けます。

考えとは、盗聴されていることを逆手にとる作戦でした!!

 

 

「作戦の内容」

・旅行に行くことになった珪子と共に、他の三人も旅行に行くという嘘の情報をあえて家の中で話します。

・しばらく自宅に侵入していない名無しさんは、倉田家が旅行中で不在というチャンスなので、やってくるのでは?

・実際には旅行には行かず、侵入してくる名無しさんを迎え撃つ!!

 

…という内容です。

ですが、他の三人も旅行に行くという嘘の情報をあえて家の中で話す。

ここがあまりにも不自然で棒読み…(笑)

さらに言えば、本当に名無しさんがノコノコやってくるのかも疑問ですけどね。

そして珪子の旅行当日まで、一家の演技は続きました。

 

f:id:a-rulership:20150518225842j:plain

 

 

 

そして会社パート。

珪子の旅行当日も、会社で怪しい廃棄ドリルを調べ続ける太一。

真瀬部長は、廃棄ドリルを送ってきたのは誤配だとごまかします。

そこで、「では当然3000万円分の商品を改めて届けてもらえるんですよね?」と切り返します。

 

うまいっ!!

 

無価値な廃棄ドリルを3000万円分をわざと発注したとしたら、正規の3000万円分の商品がちゃんと来てしまうのは困るはずですからね。

真瀬部長がどういう動きをするのか、お手並み拝見です。

 

 

 

…ですが!!

 

その後すぐに、新品の正規の商品がしっかりと届けられました。

真瀬部長の真意と、企みはいったいどういうことなんでしょうね…

 

 

そして夜がやってきます。

 

 

【ついに名無しさんが家に!!直接対決!!】

いよいよ名無しさんを待ち構えるため、家で息を潜める健太と七菜。

そんななか、明日香からは差し入れを持っていくと連絡がありました。太一も仕事を終えて帰宅中です。

 

何も話せないふたりでしたが、急に物音が!!

 

どうやら本当に名無しさんが家にやってきたようです。

勝手口から侵入してくる名無しさん。

 

いよいよ取り押さえる…ってところで

七菜が手に持っていた携帯のライトが名無しさんにバレてしまいます!!!!!

ちょうど太一からメールが来てしまったのです。

 

 

あぁー、もったいないよー(>_<)

 

 

すぐに逃げ出す名無しさん。

とっさに追いかける健太でしたが、玄関の前で名無しさんと交錯!!

ぶつかり、倒れる健太でしたが、なんとその腹からは出血していました…!!

 

健太は七菜を庇って名無しさんに刃物で刺されてしまったようです。

ちょうどやってきた明日香が救急車を呼ぶところで6話は終了します。

 

 

【感想と次回予告】

いやー、まさかの展開でしたね。

あと少しで名無しさんを取り押さえることが出来たのに…

それに会社パートも3週に渡る展開とは。ここに来てじれったい展開ですねぇ。

 

 

そして次回予告では、健太が病院に運ばれ手術室に搬送されている様子が伺えます。

そこに七菜のストーカーである辻本がやってきます。

 

え?なんで病院に来るの?やっぱり名無しは辻本?

いやでも、それならわざわざ来る理由も無いから、また家の様子を見てたってことかな(>_<)?

 

 

さらに事態は深刻になってきた倉田家。

ますます続きが気になりますね。早く来週にならないかなー(^O^)

 

 ページ内画像、フジテレビ公式HPより引用

*1:+_+