読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】 Dr倫太郎 第6話 感想 ~ あきらを救おうとする倫太郎に夢乃が宣戦布告!そして、弥助が失踪…~

2015春ドラマ

スポンサーリンク

 

 

 

 

6話は、日野先生がTV番組に出演しているところから始まります!!

前回ではついに、あきらと心が通じ合いましたね。

ですが、またしてもあきらにるり子から電話が…

 

 

「あきらと離れたら生きていけない。日野先生は自分をあきらから引き離そうとしている」

などと戯言を(>_<)

そしていつものように1000万円を要求されてしまいます。

あきらは純粋に母を心配し、戸惑っていました。

 

そんなとき、日野先生は元気な状態のあきらからのメールに「またメールください」と返信します。

するとすぐに『夢乃』から電話が…

 

「私言いましたよね!?あきらにはちょっかい出さないでって!!」

「約束が守れないなら、私がヒノリンの人生を狂わせてあげる」

 

と、めちゃくちゃ怒ってます(>_<)

これはどういうことなんだろう…

主人格である明良が立ち直ったら、別人格の夢乃が消えてしまう。それで敵意を向ける…とかなのかな(-"-)

人生を狂わせるってのも、あながち不可能じゃないですよね。夢乃は円能寺さんと繋がってるわけだから、そこから根も葉もない話を吹き込んで…ってのはあり得そうです。

 

 

さらに病院に、葉子の名前で身に覚えのないお寿司の出前が30人前届きます。

いったい誰の仕業なのか。みんなは夢乃の仕業なのではないかと疑います…

 

 

 

【ストーカー被害を訴える女性…葉子の対応は!?】

その後、診察室にストーカー被害で精神的に不安定になっているという患者・好美(山田真歩)が相談に来ました

警察への相談をすすめる倫太郎だが、「警察はあてにならない!」などと取り乱した様子でした。

「日野先生は私を見捨てませんよね? 」

という好美に、もちろんです…と日野先生。

 

 

日野先生は別にあんたのボディーガードじゃねえし!!

って突っ込みたくなりました(笑) 

今回はストーカー被害か…

前回のギャンブル依存症の患者はあれで終わりなんですかね!?

結局、治ったのかよくわからないままフェードアウトなのかな(>_<)

 

その後、自宅に戻るとあきらが待っていました。

携帯のデータが消えてしまっていたとのこと。

話を聞くと、8年前から物がなくなったり逆に増えたりすることが起きていたそうです。

さらにちょうどその頃に、るり子があきらの前に現れて、あきらを芸者にしたそうでした。

そのころから、夢乃という人格が出現したみたい。

 

まあ、るり子が原因だよね(-"-)

「まとまったお金が出来たらまた一緒に暮らそう」というるり子の言葉を信じて、自分の稼ぎが悪いことを責めるあきらに日野先生は

 

「あなたは何も悪くない」

 

と諭します。

そして夢乃の人格が出現している間、自分が消えているようだと言うあきらのために

 

「僕がアキラさん、あなたと夢乃さんとの時間をつなぐ役目をします」

と日記を手渡します。

 

おお、交換日記ですね(*^_^*)

これはほのぼのしますなぁ♪

 

 

 

後日、その好美から「ストーカーに狙われているから日野先生に代わってくれ」と病院に電話が入ります。

電話を受けた葉子(高梨臨)が倫太郎の不在を伝えると、逆上した好美は電話を切ってしまいます。


「患者を突き放すような対応はしないでください」

 

と日野先生から注意された葉子は意気消沈してしまいます。

葉子は日野先生を心酔しており、大好きだと自負しています。

しかも、あきらが日野先生の自宅に入っていくのも目撃していますし

なんだかややこしくなりそうですね(>_<)

 

 

 

なんかこの人、被害妄想系の患者なんじゃないかな…

なんとなくだけど、そんな気がします。

 

 

 

【あきらの置屋にるり子が押し掛けて…困惑するあきらは!? 

夜、あきらの住む置屋に母親のるり子(高畑淳子)がいきなり押しかけ侵入してきました。

静止する伊久美を振り切って、どんどん中に入ってきます。

ここであきらに会わせてはいけないと伊久美は、るり子にビンタをかまします!!

 

「あんたのせいであの子はねえ!」

 

するとるり子は急にしおらしくなり、泣き落としモードに…(-"-)

 

「今度こそ、心いれかえてあの子と親子をやり直したい。」

そしてコンペイトウをあきらに渡してと頼み込みますが…

そこはさすがの伊久美。

るり子は少し困るとすぐにしおらしくなる、狡猾な女だとわかっているため通用しません。

 

「でてけ!」

と追い出され間際にるり子は

 

「あきらさ~ん♪聞こえてるんでしょー♪ウヒャヒャヒャ」

 

案の定、やはり演技だったようです(>_<)

その一部始終を部屋で聞いていたあきらは、

 

「わかってるけど・・・」

「だから今まで通り私がお金稼いであんたを助けてあげるって、あの精神科医のことは、もう忘れろ」

葛藤のなかで苦しむあきらを守るために、夢乃の人格が出てきたようです。

そしてそのまま、日野先生との日記をメチャクチャに破ってしまいます。

  

 

 

 

 

【いなくなった弥助くん!!あきらの身に起こったこととは!?】

翌日、あきらは診察室にやってきますが、ちょうど日野先生は不在でした。

ちょうどその場にいた葉子はあきらに…

「申し訳ありませんが、先生はお休みです!」

と冷たい態度で追い返してしまいます。

 

葉子としては、あきらが日野先生の自宅に入っていくのを見ているので、複雑だったんでしょうね…(-"-)

 

一方そのころ、日野先生には妹さんから一本の電話が。

弥助くん(犬)がいなくなってさらに家が荒らされているとのことでした。

近くにいた水島さんが、午後からは仕事が空くので先に家に向かってくれました。

 

 

着いてみるとゴミ袋が山積み・散乱されてひどいことに…(>_<)

 

お寿司が大量に届いた事件もあり、妹さんも夢乃が犯人だと疑ってます。

その後、日野先生も仕事を切り上げて合流してみんなで弥助くんを捜します。

なかなか見つけることが出来ませんでしたが、公園で弥助くんが繋がれているのを発見します!!

なんとその場にはあきらの姿が…!!

 

当然、みんなはあきらが犯人だと疑います。

ですが、葉子は診察室に来たあきらを見ていましたね!

きちんとあきらは犯人では無いと証言してくれ、その時にあきらを追い返したことについても謝ってくれました♪

葉子も、そこはきちんと証言してくれて良かったー(*^_^*)

 

どうも、バラバラだった日記を直して日野先生に持って来ようとしていたようです。

さらに夢乃の人格には、日記だけでなく全身に「裏切り者」とマジックで書かれていたのです。

水島さんがあきらの身体を綺麗に拭いてくれました。

 

夢乃もエグいなぁ…ほんと…(-"-)

 

その後、ふたりきりになった時に日野先生は

あきらに会うなと言っている夢乃を怒らせたことに対して、謝ります。

そして、これからは伊久美と一緒に診察室にくるように勧めます。

あきらは二人っきりが良さそうでしたが、夢乃の人格ともきちんと話をしたいとのこと。

 

 

後日、日野先生は葉子からストレートに質問されます。

「あきらとの関係は治療か?恋愛関係か?」

はっきりと

「治療です」と答える日野先生。

そして、葉子は

「私、先生が好きです。」と思いを告白します!!

日野先生は

 

「ありがとう、川上くん」

「でも、今僕には君の気持ちを受け止めることはできません」

 

との返事…やはり失恋ですね(+o+)

一方的な憧れに近いものがありましたから…

 

その言葉に泣いてしまう葉子でしたが、

「ありがとうございます。聞けてよかったです。」

「これで、スッキリして診察できます。」

 

と吹っ切った様子です。

診察…とは??

 

そしてその患者とは、ストーカー被害を訴えていた好美でした。

 

日野先生を出してくれ!と訴える好美でしたが、葉子が担当になったようでした。

そして、「日野先生の家にいたずらをしたのはあなたですよね!?」と問いかけます。

「私も日野先生に出会って、生まれ変われるんじゃないかって想えたんです。」

 

ストーカー被害にあっていると言っていた好美は、実は日野先生にストーカー行為を行っていたんですね!!!

そのため、好意の対象である日野先生は担当することが出来ないということでした。

 

好美に共感し、気持ちを受け止めたうえで

「私と一緒に、もう一度生まれ変わりませんか?」と諭します。

その言葉に好美は、もう一度だけ日野先生に会いたいと訴えます。

 

そして中に入ってくる日野先生。

自分が、家族である弥助くんを懸命に探したこと。

親から受け継いだ大事な家を荒らされたことについても、自分が傷ついたことをしっかり伝えて、突き放しました。

そして、葉子にはその後に治療に対するアドバイスも行います。

 

はえー、やっぱり好美は日野先生の気を惹くためにストーカーされてると言ってたんですね。

家を荒らしたり、弥助くんを連れ去るのはやりすぎだよなぁ(+o+)

だからこそ治療が必要なんだろうけど…

 

そしてエンディング間際。

伊久美とあきらが病院を訪れます。

診察室であきらとふたりきりになったとき

「先生、ギュッとしてくれませんか?」

と訴えて、次週に続きます…

 

荒木先輩も言ってましたが、あきらの治療にはるり子の存在が非常に厄介ですね。

共依存の関係になっており、あきらと引き離すというのも容易ではなさそう…

夢乃の人格も、あきらの自立に協力的にならないと足枷になっちゃうしなー(>_<)

なかなか難しそうだけど、少しずつ話も進んできてますね。次週も必見です!!

 

 ページ内画像、日本テレビ公式HPより引用