読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

「恋は光」感想 ~恋をしてる人が光って見える!? “このマンガがすごい”も狙える逸材なのでは…~

【個人的に今ナンバーワンのラブコメ!!「恋は光」の続きが早く読みたい!!】

 

f:id:a-rulership:20150517190042j:plain

舞台は大学!!
メガネで理屈っぽいの非モテ主人公の西条が、黒髪のほんわかした古風?な少女である東雲に恋をして…というストーリーです。

 

※最新3巻の記事はこちら! 

 

ここだけ書くと、森見登美彦先生の小説「夜は短し恋せよ乙女」によく似ている感じですよね。

 

f:id:a-rulership:20150517190027p:plain
実際に管理人は「夜は短し~」を読んでますが、森見作品のファンならこの作品も気に入るのではないでしょうか。
というのも、登場人物のセリフ回しが絶妙!!

どこか小説っぽいんですね。(悪く言えばラノベ風?笑)

  


さて、この主人公はただの非モテではありません。恋をしている人からキラキラと光が発せられており、それが見えるという特殊能力をもっているのです。
見えるからこそ、自分に恋をしている・していないということがわかってしまう…一見便利そうなこの能力ですが、そこは非モテの悲しいところ。

この光を巡って、主人公である西条は右往左往し苦悩することになります。

f:id:a-rulership:20150517190736j:plain

 

 

 

 

そして忘れてはならないのが、主人公の幼馴染である北代の存在です。

彼女はこのマンガに欠かせません!とにかく可愛いのなんのって!

西条のことも「センセー」とあだ名呼び。

ふたりで一緒に講義を受けたり、ご飯を食べたりとふたりは仲良し。

f:id:a-rulership:20150517190828j:plain

(メガネをかけてる北代さん。伊達だそうです笑)

 

自他ともに認める美女といつも一緒なのに、西条は北代のことは全く好きじゃないってのが困ったものでして。

管理人なんかは北代のほうが好みだったりしますがね(笑)

 


西条を東雲さんに引き合わせたのも実は彼女でして、そのときに西条は、自分と友達になってくださいと誘います。
とっても不器用な彼はそこで、東雲さんになんと「交換日記」をしましょうと誘います。

f:id:a-rulership:20150517190804j:plain

どう見ても、大学生の男女がすることじゃあ無いですがその誘いを快諾しちゃうあたり、東雲さんも一風変わっております。

 

この交換日記がまた面白くて、西条は「好きなコンビニはどこどこです~」とか、「トイレットペーパーについて~」とかちょっとズレてます。

北代といっしょに日記に何を書いたかを、居酒屋で話すシーンは管理人のお気に入り!!笑

 

 

東雲さんなんかは

「良いことがあっても悪いことがあっても、日記にどう書こうか考えてしまう。

「特に悪いことがあっても、日記に書けると思ったらなんだか嬉しくなってしまうんです♪」

 

なんて、とっても素敵なお言葉( ̄∇ ̄*)

 

まぁ、この交換日記が1~2巻を通してストーリーに絡み合って、ややこしくしてしまう原因でもあるのですが…

 

 


果たして二人の恋の行方は!?って感じにストーリーは進みまして、とにかく恋愛オンリーの展開!

ですが、西条と東雲さんの恋愛も簡単にはいきません。

 

初デートの約束をする場面では、デートの段取りの仕方などを北代に教わる…

食事中にも、相手の食べるスピードに合わせるという基本に気付かない…

 

などなど。

ちょっと昔の自分を見ているようで懐かしくもあり、新鮮でもありますねー(´-ω-`)

 

 

そして、光に惑わされ続ける西条…素直になれない北代…純粋すぎる東雲さん。

みんな恋愛にひたむきで、真剣です。 けっしてドロドロはせずに「キラキラ」したさわやかな関係…

 

 

うらやましいよホント!!!

 


また、サシ飲みや宅飲みの描写なんかが「あぁ、大学生っぽい!」と思わせるイイ感じなんです。f:id:a-rulership:20150517191537j:plain(ふたりの掛け合いもこのマンガの魅力!!)

 


ちょっと不思議で、読んでいてハラハラドキドキ間違いなしの作品です!
今、大学生のあなたもそうでないあなたにもオススメ!

 

おわり


第1話の試し読みはこちらから。

www.s-manga.net

 

【関連記事】