読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

斉藤和義の一度は聴いてみてほしい おすすめ名曲ランキングTOP20

音楽 ランキング・紹介記事

スポンサーリンク

 f:id:a-rulership:20150705040911j:plain

さて、今回はシンガーソングライター『斉藤和義』を取り上げたいと思います。

映画やCMソングなどのタイアップ曲が多い方なのですが、意外と認知度は低い印象を受けます。

だからこそ、この場を借りて『斉藤和義』の魅力を発信させていただきますので最後までぜひお付き合い下さい (^^) _旦~~

 

さて管理人が厳選する20曲ですが、有名な曲もあればあまり聴いたことがない曲もあると思います。いずれの曲も、自信を持ってお勧めできる作品となっております。

 

ちなみに、最新アルバム「風の果てまで」も発売されました。こちらもおススメ!!

 

 ではスタート!!

※画像はamazonリンクです 

 

20位   やさしくなりたい

↑収録アルバム「斉藤」

 

ドラマ「家政婦のミタ」主題歌となった大ヒットロックチューン

 

「愛なき時代に生まれたわけじゃない」

「やさしくなりたい」

というシンプルでストレートなサビが印象的。

どこか哀愁が漂うその曲は、ドラマ主題歌でなくともヒットしていた筈。

 

19位   月影 

↑収録アルバム「Because」

 

ハーモニカが印象的なちょっぴり切ない一曲。

 

「今夜夢のバスに揺られている   街はまだ眠る」

「十年前にもしもちょっと行けるのなら  何をしようかな」

という歌いだしからは、大人になってしまった少年の心がグラりと揺さぶられる。

 

「月の影を目指して  君の眠る街まで」なんて歌詞は、何かのキャッチコピーにそのまま使えるレベルのクオリティ。

 

 

19位    僕の見たビートルズはテレビの中

↑収録アルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set」

 

斉藤和義の記念すべきデビューシングル。

親しみやすいそのメロディーと、若さを感じる歌声が魅力。

 

「緊張感を感じられない時代さ」

「ブラウン管には今日も戦車が横切る」

と、戦後の便利な社会をどこか皮肉った歌詞が印象的。

また、斉藤和義がビートルズから多大な影響を受けたことを象徴する一曲である。

歌詞のなかにも「何故だか妙にイマジンが聴きたい」というフレーズも。

 

18位   スナフキンソング

アルバム「Collection“B”1993~2007」収録の、ポップで軽やかな雰囲気なナンバー。 

 

「どんなに考えてみても  所詮この世は猿の夢のなか」

「隣なんて気にしないでいいのさ」

と、悩みや苦しみを吹き飛ばしてくれる歌詞がポイント。

聴いてると気持ちが少し軽くなる。

 

 

17位    幸福な朝食 退屈な夕食

 ↑収録アルバム「ジレンマ」

 

伊坂幸太郎氏の実写映画にもなった小説「ゴールデンスランバー」の主題歌。 

実際に伊坂幸太郎氏は同曲のファンであり、当時会社勤めをしながら小説を書いていた際に、通勤中にこの曲を聴いて退職を決意したとか。

 

「今歩いているこの道が  いつか懐かしくなればいい」

「今歩いているこの道が  いつか懐かしくなるだろう」

という歌詞が印象的であり、胸がどこか熱くなる。

 

 

16位   君の顔が好きだ

↑収録アルバム「素敵な匂いの世界」

 

 なんともあからさまなタイトルではあるが、「愛や恋なんて目に見えないものは信じない。目に見えるものだけを信じて愛する。」というメッセージが込められている。

 

「君が君であるために  僕はいったい何をしてやれるだろう」

「この瞬間が続くことを祈る」

と、聴くとなるほどな…と納得できる歌詞。しっかり愛してます。

 

 

15位  寒い冬だから 

アルバム「ワンダフルフィッシュ」収録

 

とにかくほっこりとした暖かい気持ちになれる、まさに冬に聴きたい名曲。スープなんか飲みながら流したいね。

ただ歌詞はけっこう色っぽい。

 

「寒い冬だから  とても寒い冬の夜だから全てを脱いで  温め合おう」

「僕には見せておくれよ  よそじゃ見せない顔」「君の表情の裏側も全て受け入れたい」

うーん、最高!!

 

14位 ハミングバード

 アルバム「俺たちのロックンロール」収録。

 

ハミングバードとはハチドリの英名

「やってらんねー」という不遇を、鳥かごに閉じ込められたハミングバードに重ねて歌うバラード。

 

「そりゃ外は寒いけど 楽しんだ奴の勝ちさ」

「一言言ってやれ ざまあみろ!と あの日の僕に」

と、前向きになれる歌詞がいい。

 

 

13位  やあ無情

↑収録アルバム「月が昇れば」

 

アリナミンCのCMソングとして有名

迫りくる無情な気持ちを綴るAメロから、「どんなに頑張ってみても どんなに愛しても」「あなたに届かない 何かが届かない」

というサビに続く。

 

「あの女には手を出すな」なんてカッコいいことを言っているのだが、その想いは儚くも散ってしまっている。

歌詞が切ない…あまりにも切ない。

 

 

12位 大丈夫

↑収録アルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set」

 

辛いときに聴いて欲しい名曲。

まったりとしたメロディーラインと優しい歌詞にすっごい励まされる!! 

「大丈夫 なるようになるのさ いつでもそうやって笑ってきたじゃない」

「大丈夫 なるようになるさ 構わずに行こう 思いのまま」

 

ミスチルの雨のち晴れにも通じるものがあるが、こちらのほうがより癒し系。

 

 

11位 かすみ草

アルバム「ILOVE ME」収録失恋から立ち直れない男の歌。

 

「ここは一人の愛なき世界 止まったままの壁時計」

「今すぐに舟を漕ぎ出せば まだ間に合うって言ってほしい」

など、歌詞の破壊力がとてつもないのが特徴。スローテンポのメロディが余計に心を突き刺す。あえて鬱々とした気分に浸りたいときなどはこの曲がオススメ!

 

スポンサーリンク

 

10位 空に星が綺麗

 ↑収録アルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set」

 

「口笛吹いて歩こう 空には星が綺麗」と歌詞にあるように、夏の夜中に散歩をしながら聴きたい。

決して長くもなくシンプルな曲だが、その分洗練されている印象を受ける。

聴いていてとても心地がいい曲。

 

 

9位 歩いて帰ろう

 ↑収録アルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set」

 

 「ポンキッキーズ」の主題歌として有名。斉藤和義の名前を知らなくても、この曲は知っているという人はとてもたくさんいるはず。

 

「走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく」

歌いだしからしてこのクオリティである。

これだけで情景が思い浮かぶ歌詞の表現力の豊かさには脱帽の一言。大人になって改めて痛感できる名曲。

嫌なことがあった日には、一駅分だけでもいいのでこの曲を聞きながら歩いて帰りましょう。

 

 

8位 進めなまけもの

↑収録アルバム「ジレンマ」

 

 適度に力の抜けたメロディが聴いていて心地よいナンバー。

「とりあえず今夜も この辺で良しとしよう」とか

「変わらないことも一つの才能」なんて歌詞…しみじみいいなーって思う。

疲れたりしんどいときには無理せず自然体でいいんだよって言ってくれる一曲。

 

「最後には 最後には笑え なまけものよ」と、決して諦めていいわけじゃないってところもミソ。

 

スポンサーリンク

 

7位 アゲハ

↑収録アルバム「 COLD TUBE」

 

 この曲の魅力だけでも1つ記事が書ける…そんなレベルのクオリティ。

けれども7位という斉藤和義の楽曲の層の厚さは異常だ。

 

ひとりの女性の成長を歌っており、作り笑いを覚えたときに消えてしまったアゲハ。

年齢を重ねることで、純粋な気持ちが消えてしまい現実的になってしまう切なさ。

 

「もう会うことはないけれど 君は君 それをどうか忘れないで」

という歌詞が頭から離れませんっ!

 

 

6位 おつかれさまの国 

 

 「やあ無情」と同様にアリナミンCのCMソングに採用された楽曲。

日々当たり前のように発している「おつかれさま」という言葉。

この曲はそんな言葉にスポットライトを当てている。

 

「その人の疲れに 「お」をつけて 「さま」までつけて「おつかれさまです」と 声かけるぼくらの日々」

「やさしくて強くて 一生懸命で生きることは ただそれだけでも大変で」

「その愛も仕事も大切で 頭を下げて「おつかれさまです」と 言い交わす ぼくらの国」

 

もうね、泣けてくる。涙が出てくるよ。こんなに働く人の心を突き動かす曲が他にあるんだろうかってレベル。

とにかく聴いてみて欲しい。

 

 

5位 ずっと好きだった

 ↑収録アルバム「ARE YOU READY?」

 

化粧品のCMソングだったこの曲。管理人が斉藤和義を好きになったきっかけの曲でもあります。

ビートルズを意識した曲風。同窓会で再開した初恋の人との一晩を描く歌詞…

 

たまんねーなーオイ!!笑 

 

いい歳した大人の純情というテーマが、管理人の心を揺さぶって仕方がない。

 

「ずっと好きだったんだぜ 相変わらず綺麗だな」

というフレーズ。リリーフランキーさんあたりが言ってそうなイメージです。

 

 

4位 やわらかな日

↑収録アルバム「NOWHERE LAND 」

 

 タイトルから伝わってくるイメージ通りに、優しくぬくもりあるポップソング。

あるカップルの会話がメインの歌詞になっており、彼女の話を少しだけ戸惑いながら聞く男のお話。

 

「誰より大切な君との こんな朝が僕は好き」

「何より大事な答えを 君は知ってるから」

こんな歌詞のような結婚生活にすっごい憧れる。いや、まだ同棲生活かな?

どっちにもとれる歌詞だけども、こんな風に思える相手を見つけたいとしみじみ思う。

 

「カーテンを開ければサンシャイン 二人分のコーヒーが沸いた」

なんて表現からも幸せな日常が垣間見える。

 

 

3位 歌うたいのバラッド

 ↑収録アルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set」

 

 あまりにも有名すぎるという点で3位に甘んじたこの曲…

正直、言うこともあまり無い。だってみんなこの曲好きでしょ?

 

ミスチルの桜井さんもBankBandとしてカバーしていて、全ての歌うたいの人々に強く影響を与えた一曲。

 

「どうやってあなたに伝えよう 雨の夜も冬の朝もそばにいて」

「嗚呼、目を閉じれば 胸の中に映る 懐かしい思い出やあなたとの毎日」

書いていたらキリがないレベルの歌詞が続く…「愛してる」って言葉の偉大さを痛感…

 

 

2位 ベリーベリーストロング~アイネクライネ 

↑収録アルバム「紅盤

 

 伊坂幸太郎の小説「アイネクライネナハトムジーク」とリンクしているこの曲。

作詞クレジットも斉藤和義・伊坂幸太郎となっている。

人と人との出会いと絆が主題。

 小説については過去記事をぜひとも読んでみて欲しい。

楽曲自体もとてもクオリティの高いものになっており、歌詞が一つの短編小説のストーリーになっている。

管理人はこの曲が大好きで仕方がない。オススメです。

 

 

1位 真夜中のプール

 ↑収録アルバム「俺たちのロックンロール 」

 

「古い友達が教えてくれたんだ もうすぐ君が結婚するってことを」

こんな歌詞からこの曲は始まります。もう、この時点で名曲確定でしょ!?

 

君とはきっと“元彼女”のこと。

そんな彼女に随分と久しぶりに連絡をとったのでしょう。

 

「おめでとう 相手は何をしてる人? やさしくしてくれるかい?」

なんて聞いています。

 

「あの日描いた未来とは何か少し違ってるけど」

というこのフレーズ。

誰しも学生時代の恋人と結婚を思い描くものですが、実際にはそのままゴールインすることはごく稀であり、それぞれ別々の道を歩きますよね。

そんな誰にでもきっと来る「その時」を描いた一曲。

文句なく1位です。

 

 

さて、いかがでしたか??

この記事がきっかけで、斉藤和義ファンが一人でも増えてくれたら幸いです…

 

 もし斉藤和義に初めて触れるのなら、「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set」を聞けば間違いないです!!

今回のランキングの楽曲も大体おさえることができますよ!

おわり

 

スポンサーリンク