読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】エイジハラスメント 第1話感想 ~きょうから会社と闘います!様々な嫌がらせに武井咲が立ち向かう!~

2015夏ドラマ エイジハラスメント

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20150707233650j:plain

2015夏ドラマ エイジハラスメントのあらずじです。
日本の企業に未だに蔓延する嫉妬や焦りなど、様々な年齢差別(エイジハラスメント)の現状に立ち向かう主人公を武井咲さんが演じます。

 

ドラマではかなり強烈な台詞が次々と飛び交うようで「五寸釘をぶち込むぞ!」など凄まじいよう…
これには武井咲さんも困惑しているみたいですね(笑)

 

 

 

【以下、第1話あらすじ】

吉井英美里(武井咲)は総合商社の帝都物産の新入社員。
実家の事業失敗が響き、アメリカでMBAを取る夢はあきらめざるを得なかったが、
自分の能力を生かし帝都物産で役員を目指すという高い志と意欲をもって入社した。

だが、英美里は希望していた現場の繊維部門ではなく総務部に配属される。

 

f:id:a-rulership:20150707234458j:plain

課長職以下の事務系社員が対象となる制服の着用を義務付けられ、
電球の交換から名刺発注まで、社内の“何でも屋”扱いに、英美里は愕然。

それでも、実家の借金を返すという使命を胸に、言われた仕事はきちんとこなしていく。

 

 

 

 

問題は、業務以外の人間関係。英美里は、月500円を出すコーヒーも飲まず、OLたちとのランチや会合は常にパス。
女性社員たちから“和を乱す”存在として目をつけられてしまう。 


一方、男性社員は英美里を重用。といっても、会社案内の表紙やクライアントの接待など、必要とされているのは英美里の若さと美貌だけで、真っ当な仕事を与えてもらえないというエイジハラスメントに英美里は苦しむことになる。

f:id:a-rulership:20150707235045j:plain

だが、そんな英美里の気持ちが先輩OLに伝わるはずもなく、
嫉妬の念は徐々に増大。陰湿ないじめへと発展していく…。

 

 

うーん…

実際に見てみて思ったのは英美里も大概悪いなーってこと。

 

“月500円を出すコーヒーも飲まず、OLたちとのランチや会合は常にパス”

 

ってあるけど、入社してすぐはそこそこに付き合っておこうよ(-"-)

本気で役員を目指すのなら、こういうOLの人たちの気持ちを汲むことも必要になってくるわけだし、女性社員を味方につけておくことは将来的にもとても重要だと思う。

入社していきなり自分たちのコミュニケーションを否定されたら、そりゃ先輩も面白くないでしょ。

 

 

 

“必要とされているのは英美里の若さと美貌だけで、真っ当な仕事を与えてもらえないというエイジハラスメント”

 

これもねえ…

いきなり自分のしたい事を任せてもらえるわけないじゃん。

まずは自分に与えられた仕事をしっかりこなしたうえで、総務部の環境改善とかに取り組んだりだね。

実績を残しつつ、自分のキャリアパスなんかを上司に相談してもいいし。

他の部署の人と仲良くなっておいて、自分の存在を社内に浸透させていくことも必要だと思うなー。

 

 

若いから、きれいだから、それだけで煮え湯を飲まされることになったって訳じゃないでしょう。

管理人の勤めている会社には、若くてとっても美人な人がいますけど特に人間関係に困っている様子もありません。

結局は、その人の性格や社内の風潮にも左右されると思うので「年齢差別」っていう言葉に逃げてしまうのは問題があると思います。

 

 ていうかそもそも、蛍光灯の交換とかトイレットペーパーの補充とかってビルメンテナンスの会社や清掃会社に外注しないかな??

零細企業ならともかく、商社なら総務がする仕事じゃないわ。

お茶出しなんかも派遣社員とかがやるのでは??

 

ドラマだから大げさな演出を~ってのはあるでしょうけど、あまりにも現実離れした設定には驚きました。

 

したい仕事ができなくて辛い気持ちはわかるけど、あまりにも主人公の振る舞いが幼稚過ぎて擁護できない…

見ててイライラするドラマなので、2話でどうなるかに注目してみようかな?

 

※記事内の画像・内容は公式HPより引用  

 

スポンサードリンク

 

【関連・オススメ記事も良かったらどーぞ!!】