読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】花咲舞が黙ってない(2期)第2話感想 ~不自然な融資の打ち切りに悩む松木…新キャスト登場です!!~

2015夏ドラマ

スポンサーリンク

 f:id:a-rulership:20150714124625j:plain

2015夏ドラマ 花咲舞が黙ってない(第2シリーズ)のあらすじです。

前回の第1話では、成績至上主義という圧力で部下に不正を指示していた支店長を懲らしめました!

さて、第2話ではどんな騒動に巻き込まれるのでしょうか…

 

 

 

【以下、2話あらすじ】

 

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、真藤(生瀬勝久)派閥の中北(金田明夫)が支店長を務める五反田支店の臨店に訪れる。

些細な事務ミスの指導を終えて支店を後にしようとした二人は、かつて相馬の部下だった融資課の松木(成宮寛貴)に出会う。

 


どこか浮かない様子の松木が気になって尋ねてみると、松木は、担当しているスーパー『あづみ屋ストア』への融資1億円を、
中北から急に回収しろと指示され、悩んでいるという。

 

あづみ屋ストアの業績は黒字で、返済も今まで遅延がない。突然融資を回収する理由が思い当たらない松木は、無理やり回収すれば店は倒産を免れないと懸念する。

f:id:a-rulership:20150714125332j:plain

 ※あづみ屋ストアの社長「安積」役のおかやまはじめさん

 

 

松木に頼まれ、あづみ屋ストアの決算内容などが記載されているクレジットファイルを調べ始める相馬と舞。
だがそこに中北が現れ、「融資は打ち切る。これは決定事項だ」と激昂し、クレジットファイルを奪い取っていく。

f:id:a-rulership:20150714125142j:plain

 ※中北役の金田明夫さん

 

 

中北の融資姿勢を不審に感じた舞と相馬が調べを続けると、あづみ屋ストアの近くに出店したばかりの
競合スーパー『カミングマート』に、この半年間で急激に融資額が増えていることが発覚する……。

 

f:id:a-rulership:20150714125603j:plain

※カミングマート社長 神谷役の冨家則政さん

 

 

案の定、中北とカミングマートが繋がっていて、既存のあづみ屋ストアを潰すために融資を打ち切ろうとしている展開でしたね…
真藤派閥の支店長はあまりロクな人材がいないのね。

 

 

非常にわかりやすく、終始ベタベタな展開。

支店長室から通帳を発見するシーンは半沢直樹でもあったよね…笑

どうせなんとか切り抜けるんだろうなぁと全くドキドキせず。

 

まぁワンパターンではあるけど、そのぶん頭空っぽで見れる安心感があるかな。

1話完結物だし、このくらいでいいのかな。

 

f:id:a-rulership:20150714130339j:plain

今回からは成宮くん演じる松木が登場!!
舞とのラブロマンス的な展開…なんてね。

 

ラストシーンからもなんとなく、それは無さそうな気がする。

 

 熟成肉の美味しいお店…気になる…ゴクリ

いっそ、毎話ごとにランチシーンとか入れて『孤独のグルメ』風にしてみてくんないかな?

臨店する支店の近所の実在店に出向いて、舞と相馬さんが食する感じ。

悪くないと思うんだけどなー(笑)

 

 

おわり

※記事内の画像・内容は公式HPより引用  

 

スポンサードリンク

 

【おすすめ記事】 

b-rulership.hatenadiary.jp

b-rulership.hatenadiary.jp

b-rulership.hatenadiary.jp

b-rulership.hatenadiary.jp