読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】エイジハラスメント 第2話感想 ~登場人物全員“悪人”(性格が)のアウトレイジ状態~

2015夏ドラマ エイジハラスメント

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20150715225731j:plain

2015夏ドラマ エイジハラスメントの第2話あらすじです。
1話では正直、甘ったれた新入社員にしか映らなかった英美里。

なんのスキルもないでしょ?と百合子に痛いところを突かれ、逆切れ気味に「五寸釘をぶち込むぞ!」と決めセリフ!

なんだったんだ、あの寒い展開…


1話で唯一の良心である田中春佳(田畑智子)が退職してしまった今、登場人物全員が性格に難ありといった「アウトレイジ」ばりの状態…!

 

さて、第2話ではいったいどんバトルが繰り広げられるのでしょうか…!?

 

【3話の記事はこちら】

b-rulership.hatenadiary.jp

 

 

【以下、2話あらすじ】

 

f:id:a-rulership:20150715232105j:plain

英美里(武井咲)は理不尽なハラスメントにまみれた総務課の実情に失望。
入社わずか4ヶ月目にして、総務課長の百合子(稲森いずみ)に辞職を願い出る。
だが、百合子は冷静さを欠いた英美里の心理状態を指摘。もう一晩よく考えてから結論を出すよう諭す。

 

 

こういうことしちゃうのがダメなんだよ…

百合子も性格悪いけど、これは英美里が悪いわ。

 

 

 

f:id:a-rulership:20150715232243j:plain

その矢先のことだ。北海道から突然、父・高男(浅野和之)が訪ねてきた。

多額の負債で遂に首が回らなくなり、恥を忍んで昔の友人らに金を借りるため、上京したという高男。
ところが会う友人、会う友人から一流商社に入った英美里のことを褒められ、
とうとう金の話は切り出せなかったという。

娘を誇りに思い、今一度自力で困難を乗り越えていこうと決意する父――
その姿に胸を打たれた英美里は、総務でもうひと踏ん張りしよう、と心を入れ替える。

 

 

そうそう、親への仕送りとかもあるんだし、その場の勢いで辞めちゃダメだよね。

転職するにしても、しっかり準備してから!

 

 

 

f:id:a-rulership:20150715232400j:plain

そんな英美里に、百合子はある“罰”を与える。
その罰とは、社員家族へのサービスとして毎年行われる夏祭りの企画から準備、後片付けまでを担う係の一員になること。

この係になれば、ありとあらゆる雑用に追われることになる。
しかも、すでに準備は始まっており、途中参加となる英美里への風当りは当然のごとく強い…。
だが、一念発起した英美里に迷いはなかった! 
彼女は会場にやって来る子どもたちにも喜んでもらえるよう、オリジナルゆるキャラのお面作りを提案するなど、懸命に仕事へと取り組んでいく。

 

 

 

罰…ですか…

百合子も本当に大人げない。

ただ、英美里は総務の仕事に懸命に打ち込みだしたよう。

総務を足掛かりに役員を目指すんでしょ!?これを機に頑張って欲しいね!!

 

 

 

目まぐるしい日々の中、夏祭りを成功させるために東奔西走し、やりがいを見出していく英美里。

ところが、意気揚々と迎えた祭り当日――。思わぬところで、年齢をめぐる女同士のバトルが勃発! 
意に反し、英美里もそのドロドロとした渦の中に引きずり込まれてしまう…。

 

 

 【以下、感想】 

痛い、痛くないで大揉めでしたねー。

いちいち面倒な人たちだわ、ほんと…

 

『どこが痛い?教えて? 治すから』

って言葉が一番見ててキツかった(-"-)

 

なかでも繊維課の増田さんご夫婦が一番ヤバかったですねー。

奥さんは年齢コンプレックスで初対面の女子社員と不倫してるんじゃないかって会社に乗り込んでくるし

旦那は旦那で奥さんのことを痛い痛いってみんなの前で馬鹿にするし…

 

 

自分が20代半ばなのでああいった気持ちを全て理解することは難しいですけど、自意識過剰なのかなーって思いました。

やっぱり歳を重ねることって、みんな逃れることはできないわけだし。

馬鹿にするのも違うし、考え過ぎも違うかなと。

 

 

熟年には熟年の魅力があります。

無理に若作りする必要もないのではないでしょうか??

 

例えば、男性なら佐藤浩一さん

f:id:a-rulership:20150717223347j:plain

 

 

女性なら石田ゆり子さん

f:id:a-rulership:20150717223407j:plain

 

 

こういった方々は、今もとても魅力的です。

稲森いずみさんなんかも、本当に綺麗だし素敵ですよね。

あくまでも性格が痛い役柄なだけで、歳だからって訳じゃないです。

 

このドラマは何でもかんでもエイジハラスメントに結びつけようとしてて、少し違和感がありますねー。

最後に英美里が増田さんにビシッと言ったのは良かった。

 

 

ただ、できれば部長たちとの打ち上げのときに課長を庇ってあげて欲しかったなあ。

どうせ一度キレてるわけだし、あそこで課長は痛くないって言ってたら今後の展開も変わるだろうに…

 

 

今回は英美里はけっこう頑張ってましたね。

この調子でいけば、見ててイライラすることも無くなりそうです。

次回に少しばかり期待!!!

 

※記事内の画像・あらすじ内容は公式HPより引用

 

 

おわり

 

スポンサードリンク

 

 

【おすすめ記事】