社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【ネタバレあり】エイジハラスメント 第3話感想 ~体育会系のハラスメント課長が登場!!ここは英美里に期待!!~

f:id:a-rulership:20150722231548j:plain

2015夏ドラマ エイジハラスメントの第3話あらすじです。

 

2話では仕事に真剣に向き合いだした英美里。

しかし、直属の課長との関係性は悪化してしまうことに…

まあ、簡単に仲良くなってしまうのも違うけど、課長との共闘みたいな熱い展開もいずれはあり得るのでしょうか…!? 

 

 

【以下、3話あらすじ】

 

f:id:a-rulership:20150722231611j:plain

英美里(武井咲)は同じ総務課の平本(大倉孝二)とともに、繊維一課に舞い込んだ虫捕りに奔走。

総務での仕事は相変わらず雑用ばかりだが、英美里は文句も言わず、地道に仕事をこなす。
そんな中、繊維一課長・山川壮太郎(高杉亘)が秘密裏に、妙な動きを見せ始める。

 

 


虫捕り…え??
そんなこと、繊維一課の人たちか清掃会社がやるんじゃ…
わざわざ総務を呼びつけてやらせる仕事じゃないでしょう。

社内の夏祭りの運営はまだわかるけど、これは余りにもリアリティに欠けるのでは?

 しかし…繊維の人たちも総務のことを低く見過ぎだよなぁ。

人事異動で自分も総務に行く可能性だってあるだろうに(´・ω・`)

 

 

f:id:a-rulership:20150722231707j:plain

山川は体育会系の人脈で入社したことから、社内で「筋肉入社」とバカにされ続けてきた人物。
上層部からの評判もよく、最年少で繊維二課長に抜擢された保科(小泉孝太郎)のことを、一方的にライバル視していた。
そんな事情から、繊維二課を陥れる“ある策略”を思いついたのだ!


実はこの山川、平本が大学時代に所属していた駅伝部の先輩。
その上下関係を濫用して、かねてより平本を顎で使い、“会社に決して知られてはいけない秘密の命令”を繰り返していた。

その横暴ぶりに困り果てた平本は恐る恐る難色を示してみるが、山川から花形である繊維一課への引き抜きを
餌に出されてつい色めき、命令に従い続けることを約束してしまう…。

 

 

引き抜きの甘い言葉を信じている平本が気の毒でしたね。

飲み代も全部支払いさせられて、挙句の果てには本当は引き抜きするつもりなんて一切無いとは…

山川の最低さがこれでもかってくらい描写されていました。

 

 

f:id:a-rulership:20150722231857j:plain

そんなある日、個人的な理由からイライラしていた山川は「臨時の山川会」と称し、

平本や英美里の同期・結城健(鈴木勝大)ら、自分の支配下にある部下たちを問答無用で招集。
女の子も連れてくるよう強要された結城はやむを得ず、偶然出くわした英美里を連れていく。
ところが、この会は山川によるパワハラ、セクハラ、カラハラが横行する、とんでもない会で…!?

 


山川会(笑)
これはダサいwww


こういう会しちゃう人いますよね。他称ならいいんだけど、自称なら痛すぎwww
ところでカラハラってなんでしょう??

カラーハラスメント…??

 と思っていましたが、カラオケハラスメントだったんですね。

歌いたくない人に無理やり強要する…

 

確かに酷いけど、あんまりカラハラって言葉は一般的ではないのでは??

なんでもハラスメントって付けりゃいいってもんじゃあ、無いよね。

 

 

最終的には、散々虐げられてきた平本が山川に反旗を翻す展開に。

山川の不正に加担させられたり、度重なるハラスメントに耐え切れず、ついにキレました!!

英美里も一緒に山川を糾弾するシーンは、けっこうスッとしましたね(笑)

 

 

3話になり、段々と主人公に感情移入できるようになって来ました

英美里もたいがい問題ありでしたが、それ以上に周りが酷すぎますからね。

保科と仲良くなったことで、より一層総務部内での立場が危うくなってしまいましたが、なんだか英美里を応援してしまっている自分がいます。

 

4話が楽しみになってきました!!

 

※記事内の画像・あらすじ内容は公式HPより引用

 

 

おわり