読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

Mr children 『エソラ』  歌詞解釈・意味 ~雨に濡れぬ場所を探すより、星空を信じ出かけよう!!~

ミスチル

スポンサーリンク

 f:id:a-rulership:20150726144246j:plain

今回はアルバム「SUPERMARKET FANTASY」からエソラを取り上げます!!
ライブではもはや定番になっており、Marshmallow day と並んで、めちゃくちゃ盛り上がる1曲ですよね。

 

そんなエソラの歌詞を、自分なりにひも解いてみようと思います…

 

 

【以下、解釈】

 

二足歩行してる空っぽの生き物
無意識にリズムを刻んでいる
フルボリュームのL-Rに
萎んでた夢が膨らんでく

 


ここでいう空っぽの生き物とは人間のこと。
イヤホンかヘッドホンで音楽を聴きながら歩いているようです。
※L-R=ステレオのこと

 


君が話してたの あそこのフレーズだろう?
まるで僕らのための歌のようだ
君はどんな顔して聞いてたの?
甘く切なく胸を焦がす響き

 


音楽を聴きながら、彼女との会話を思い出しています。
きっとキラキラとした恋愛ソングなんでしょうね。
ミスチルでいうとReplayとかかな?

 


メロディーラインが放ったカラフルな魔法のフレーズ
輝きを撒き散らして僕らに夢を見せる
明日へ羽ばたく為に
過去から這い出すために
Oh Rock me baby tonight
ほらボリュームを上げるんだ

 


サビでは、音楽の持つ魅力やパワーを、ポップで軽やかなメロディーで表現していますね。
「明日へ羽ばたく」「過去から這い出す」という歌詞からは二足歩行の人間に、音楽という羽が生えてくるイメージが浮かびます(^^♪

 


2番のサビでは

 

やがて音楽は鳴りやむとわかっていて

それでも僕らは今日を踊り続けている

 

と歌っています。

ここでいう音楽とは人生そのものを意味しており、人はいつかは死んでしまうけれども、その死を受け入れて今を懸命に生きている…という意味だと思います。

 

そして

「忘れないために  記憶から消すために」とありますが、音楽はその人の感情を高める力があります。

大切な思い出を「忘れない」ように、より心に刻もう…
辛い思い出を「忘れられる」ように、楽しい出来事で記憶を上書きしよう…

 


ボリュームを上げるというフレーズからも「音楽の力で日常をもっと楽しいものにしていこう!!」

サビにはこういった意味が含まれていると解釈しています。

 


ここまででも充分に魅力的な楽曲ですが、この曲の真骨頂は以下の歌詞にあります。

f:id:a-rulership:20150726144926j:plain

 

天気予報によれば 夕方からの
降水確率は上がっている
でも雨に濡れぬ場所を探すより
星空を信じ出かけよう

 


雨に降られたら 乾いてた街が
滲んできれいな光を放つ
心さえ乾いてなければ
どんな景色も宝石に変わる

 

2番のA・Bメロはミスチルの数ある曲のなかでも、屈指の出来栄えではないでしょうか。
それくらい管理人が大好きな歌詞です♪

 


雨が降りそうだから室内で…というのも至極もっともな意見です。
ですが桜井さんの考えというか思考は少し違っています。

 

「辛いことや悲しみから逃げたり目を背けるのではなく、視点や考え方をほんの少し変えていって、その中から幸せや喜びを見つけてみよう」


こういった考えが、これ以上ないフレーズで表現されていますね。
雨が降っている街も少し見方や捉え方を変えてあげれば、街の明かりと反射してキラキラと…素敵な光を放ちます。


大切なのは、自分自身の心の在り方。


自分の心が曇っていると、そこにどんな綺麗な景色があっても気づくことが出来ませんよね。
これは、何も景色だけに限ったことじゃありません。

 

例えば、恋人同士でも、どんなに小さいことでも何かしてもらったらきちんと「ありがとう」と言葉で表現することは非常に大切なことです。
心が曇っていると、そういったことが「当たり前」のように感じてしまい感謝の心を持つことすら出来ないのです。


他にも、恋人が自分の大切な食器を誤って割ってしまったとして、食器が割れたことを嘆くのと、相手にケガが無かったことに安堵するのとでは、印象が全然違いますよね。

 

人と人とが共に生きるなかで、こういった物事の捉え方というのはとても大切なこと。


この歌詞にはそんな大切なことがギュッと凝縮されており、かつとても綺麗な言葉で表現されています(#^^#)

 

 

f:id:a-rulership:20150726145303j:plain
タイトルのエソラとは「絵空事」という言葉から生まれたようです。
似たような言葉に「夢物語」というものもありますが、「物語」という言葉が付くことで否定的な、叶わないものというニュアンスが出てしまいます。


なので「絵空事」という言葉からも「事」というネガティブな部分を取りたかったとか。絵空→エソラ

タイトルからも、桜井さんのポジティブな物の捉え方が表れていますね(^^♪

 

 

いかがでしたか?

管理人は「エソラ」の歌詞をこんな風に解釈しています。

聴いていて、とってもハッピーな気持ちになれる曲ですよね♪

みなさんの解釈も気になります!!

 

おわり 

スポンサーリンク