読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

Mr children 『水上バス』  歌詞解釈・意味 ~穏やかな歌詞とメロディに隠される切なさとは!?~

f:id:a-rulership:20150731155819j:plain

今回はアルバム「SUPERMARKET FANTASY」から水上バスを取り上げます!!

 水上バスとは河川や港湾地域を運航する船のこと。

 

とても穏やかなメロディで聴いていてとても癒されます♪

ですが、同時にとても切なくもなってしまうこの曲… 

歌詞を順に追っていきましょう( ^^) ! 

 

【以下、解釈】 

 

買ったばかりのペダルを

息切らせて漕いでは桟橋へと向かう

深呼吸で吸い込んだ風は

少し石油の匂いがして

その大きな川に流れてた

 

主人公が自転車に乗って、川沿いを走っている様子ですね。

ちなみに桜井さんは、歌詞が完成する前に実際に水上バスに乗りに行ったとか。

石油の匂いというのも、現地で感じたものが反映されているようです。

 

 

君を待ってる 手持ち無沙汰に

ぼんやりした幸せが満ちてく

向こう岸から ゆるいスピードで

近づいてくる水飛沫は君かな?

 

水上バスの中から僕を見つけて

観光客に混じって笑って手を振る

そんな透き通った景色を 僕の全部で守りたいと思った

 

 

彼女は水上バスに乗っているようで、その様子を見に自転車を走らせていたようです。 彼女そんな主人公を見つけ、微笑み手を振ります。

こうして歌詞を読むだけで、ふたりの幸せそうな関係性が手に取るようにわかりますね(#^^#)

こうした情景を「ぼんやりした幸せ」と表現していますが、まさにピッタリの言葉でしょう。

何でもない日常にも、こうしたかけがえのない瞬間があるのです。

 

 

 

f:id:a-rulership:20150731161300j:plain

この間偶然見つけたんだよ 新しいカフェ きっと気に入るよ

君と過ごす日のことをいつでも シミュレートしてこの街で暮らしてるんだ

 

ここの歌詞、大好き!!

恋をしていると、なんでも好きな人のことを基準にして考えるんですよね(●^o^●)

 

スポンサーリンク

 

f:id:a-rulership:20150731162555j:plain 

川の流れのように

愛は時に荒れ狂ってお互いの足をすくいはじめる

 僕が悪いんじゃない でも君のせいじゃない

「さよなら」を選んだ君はおそらく正しい

 

悲しみが満ちてく

僕は待ってる 今日も待ってる

想い出の中に心を浸して

 

 

今までの歌詞とは打って変わって、急に雲行きが怪しくなってきました…

別れの原因については

僕が悪いんじゃない でも君のせいじゃない

とありますので、どっちが悪いでもなく微妙なすれ違いが重なって…といったところでしょうか。

愛を川の流れに例えていますが、穏やかな川も水量が多すぎると濁流となってしまい、とても危険なものに様変わりします。

主人公の愛は前半部分で充分伝わってきますが、彼女は逆にその愛の重さに耐えきれなくなったという可能性も考えられますね。

 

「さよなら」を選んだ君はおそらく正しい

 

別れたこと自体を正しいと肯定はしていますが、その後

 

僕は待ってる 今日も待ってる

とあるように、決して立ち直ってはいないようです。

ここの歌詞を踏まえて前半の歌詞を読み返すと、全く違う印象を受けます。

 

 

f:id:a-rulership:20150731163438j:plain

 

水上バスの中から僕を見つけて

観光客に混じって笑って手を振る

そんな穏やかな景色を巻き戻すように

川の流れに沿って

ひとりペダルを漕いで

 

前半部分は過去の楽しかった思い出を振り返っていた。

想い出に浸っていただけのようです。

 

そんな穏やかな景色を巻き戻すように

 

からも、昔のように戻れたら…と考え続けているのでしょう。

暖かいメロディと前半の歌詞からは、drawingや空風の帰り道のような「まったり系ラブソング」のように感じますが 全体的に見ると、非常に切ない失恋ソングになっています。

 

上げて落とすじゃないですけど、前半で幸せな情景が頭にとても鮮明に思い浮かぶ分、後半の主人公の心情がより心に響きますね。

二段構えのこの構成…SUPERMARKET FANTASY の収録曲のなかでも非常に完成度の高い楽曲ではないかと、個人的には思っています。

スポンサーリンク