社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【ネタバレあり】花咲舞が黙ってない(2期)第5話感想 ~待望の相馬さん回!旧友と元奥さんが登場して…~

f:id:a-rulership:20150805161649j:plain

2015夏ドラマ 花咲舞が黙ってない(第2シリーズ)のあらすじです。

前回の第4話ではストーカー事件の捜査から、見事に計画倒産の悪事まで暴くことができました!

さて、安定した面白さのあるこのドラマですが、第5話では久しぶりに成宮寛貴演じる松木が登場するようです。
今回はどんな騒動に巻き込まれるのでしょうか…

 
 

【以下、5話あらすじ】 

 

ある休日、舞(杏)は久しぶりの合コンに参加し、新しい出会いを求めていた。
一方、相馬(上川隆也)は大学の同窓会に参加し、友人の青井(石黒賢)と10年ぶりに再会する。
出世コースから外れ、離婚もした相馬に対し、青井は5年前にIT企業「デジタルブルー」を立ち上げ、
妻と2人の子供と円満な家庭を築いていた。

 

 


舞が合コン…(笑)
杏さんが合コンってなんだか以前月9でやってた「デート」を思い出しちゃいますね。
「デート」のときと比べたら非常にまともな役柄なのに、なぜかうまくいく気がしない(^v^)

案の定、合コンは収穫なしでした…(笑)

相手の男がナンセンスでしたねー

f:id:a-rulership:20150805162825p:plain

 

 

翌日、相馬は青井からデジタルブルーへの融資を依頼され、五反田支店の松木(成宮寛貴)を紹介する。
営業成績が伸びずに困っていた松木は、新規の大型融資を獲得できるとあって大張り切り。
だが、松木から融資の稟議書を見せられた相馬は、デジタルブルーの業績の不審な点に気づく。
気になって調べてみると、デジタルブルーは2カ月前に会社を縮小していた。

 

 

f:id:a-rulership:20150805163041j:plain


松木くん久々の登場!!
相馬さんの旧友の融資ということで、これは力も入るでしょうね。
ただ、一筋縄ではいかなさそうで…

せっかくの大型融資なので松木は俄然張り切りますが、デジタルブルーは怪しさ満点。

 

 

相馬は、大学の同級生で元妻の由美(財前直見)を呼び出し、青井のことを相談する。
すると、相馬には「家族との時間を大切にしている」と話していた青井だったが、
青井の妻は「仕事で毎晩帰りが遅い」と愚痴をこぼしていたという。
青井が自分に嘘をついていることを知った相馬は、舞、松木と共にデジタルブルーの真の姿を探り始める……。

f:id:a-rulership:20150805163155j:plain

※由美役の財前直見さん

 



結局は、資金繰りに困った青井は闇金融からお金を借りており、決算書の偽造も指示されていたようでした。

完全なる詐欺だったため、刑事罰もありえた青井。

そこでなんとか刑事罰を免れられるように、本部や支店に頭を下げまくる相馬さん…

 

友人のために奮闘する相馬さんがイケメン過ぎた!!!

舞が青井に対して、「友達だからこそ相馬さんの気持ちがわからないんですか!!?」と問いただしたシーンは胸熱でしたね(*^_^*)

 

 

元奥さんとは良好な関係みたいでしたが、再婚しないのかな?

良い相手が登場してくれたら、相馬さん好きとしては嬉しいのですが…(笑)

 

 

おわり

※あらずじ内容は公式HPより引用

【放映前のため、感想は視聴後に更新予定です】