社会のルールを知ったトキ

株式投資やファイナンスなどで気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】 ドラマ版デスノート 第9話感想 ~復活のL!!ノートに仕掛けた罠とはいったい!?~

f:id:a-rulership:20150828102451j:plain

2015年夏ドラマ、デスノートのあらすじです。

第8話では紆余曲折の果て、ついにLの名前をノートに書くことができました!

これで邪魔者がいなくなり、いよいよ新世界の神が爆誕か…!?

と思いきや、どうもLも策を打っていたようで…

 

最終回に向けて、今回も急展開に大注目です!

 

【以下、9話あらすじ】

(窪田正孝)は、遂にL(山﨑賢人)の本名をデスノートに書きこむことに成功するが、Lはノートにある仕掛けをしていた。そして、ようやく自分をキラだと認めた月に、自首するよう促すL。

そこに総一郎(松重豊)たちが駆けつけるのだが、突然異変が起こりLは命を落としてしまう。
今度こそLに勝利したと確信した月は、本物のデスノートを取り返すことを決意。 

f:id:a-rulership:20150828102817j:plain

ほう、結局はLは死んでしまうのか…

ノートに打った仕掛けとしては、自分を仮死状態にして数日後~とか、そんなところかな?

 

 

しかし、命を奪ったはずのLが再びある形で現れ、キラ対策室のメンバーとしてニア(優希美青)を指名。
そして本物のデスノートを決してキラに奪われないようにと釘を刺す。

早速対策室に現れたニアは、検察関係者の中にキラがいるという確かな推理力を見せる一方で、純粋な子どものフリをして月を油断させようとする。

 

純粋な子供ってコナンくんじゃないんだから…

さすがに月も警戒するだろ(´・ω・`)

f:id:a-rulership:20150828102644p:plain 


海砂(佐野ひなこ)のノートの記憶もよみがえらせた月は、犯罪者のいない社会を実現するために魅上(忍成修吾)と共に行動を開始。
粛清の勢いを増したキラは、世間から圧倒的な支持を集める存在に成長していく。


そんな中、総一郎の元に粧裕(藤原令子)を誘拐したという連絡が入った。
犯人の要求は、デスノート。

ニアはキラが粧裕を誘拐したと断定するが…。

 

 

粧裕の誘拐は原作通りの流れ…

本来はメロの犯行だったけど、ここは改変してくるのかな?

案外、二重人格のニアの自作自演だったりして(-ω-)

f:id:a-rulership:20150828103230j:plain

 

今季の問題作だったデスノートもいよいよ終盤です。

視聴率も二桁に復帰しているらしく、今後の展開が気になるところですね!

注目しましょう! 

 

【視聴後の感想】

Lは結局、死んでいたのね。

ある形ってビデオレターかい!

 

とりあえずは月がキラだとはバレずに済んだみたいだけど、ニアは知っていて泳がせてるみたいだし…

ここからはニアとの駆け引きってわけか。

 

それと「未成年じゃダメですか?」ってセリフには、見てて思わず困惑(´・ω・`)

役者さんがけっこう可愛い女の子だけに、変な演出じゃなく普通の恰好で見たかった。

 

あと日村の誘拐についてだけど、監視カメラにそのままバッチリ映ってるのはどーなの!?

無計画すぎて逆に怪しい。

やっぱりニアが仕組んだ偽の誘拐事件のような気がするんだよなー。

まあこの辺は次回に注目してみましょう。

オリジナル展開、期待してまっせ(-ω-)/

 

 

おわり 

 

※あらずじ内容は公式HPより引用