読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【恋愛】片思いしているときに聴きたいミスチル ランキングTOP5 「運命」 など歌詞の意味・解釈つき【告白】

ミスチル REFLECTION ランキング・紹介記事

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20150826193428j:plain

片思いって、楽しくもあり辛くもありますよね?

 

付き合う前の、あの感じ。

相手が何を思い、考えているのか気になったり

メールやLINEのやりとりを何度も読み返したり…

 

仕事や勉強にも手がつかない、なんて人もいるかと思います。

 

さて今回はMr childrenの曲の中でも、片思い中に聴きたい曲をピックアップしていきます。

桜井さんの歌詞からたくさんの勇気をもらいましょう!!

きっとあなたの背中を押してくれますよ!

 

※管理人の偏見と独断でのチョイスのため悪しからず…

 

 【以下、ランキング】

※画像はamazonリンクです 

 

第5位

君のこと以外何も考えられない

※収録アルバム『B-SIDE』 

 

まずはこの曲から。

ミスチル初期の曲で、青臭い青春の歌です。

これでもか!というくらい、相手を好きな気持ちがストレートに表現されています。

 

「僕が途方に暮れてる時   君の言葉で救われる」

 「君の事意外は何も考えられない 」

「いつもそばにいてよ   いつまでもそばにいるよ」

 

といったように、比喩や韻を踏むといったことは無く、ただただ純粋な想いが綴られいます。

まぶしいくらいな歌詞が、ポップでキャッチーなメロディにマッチしています(^^♪

 

第4位

靴ひも

※収録アルバム『I  LOVE U』 

意中の相手に会うため、バスに乗っている歌。

デートの待ち合わせ場所に向かう途中のイメージです。

 

「いつまでうだうだしてるんだ  どうすべきかは知ってるんだ」

「失いたくない  急がなくちゃ」

という歌詞からは、良い感じの彼女に、いよいよ告白しようとしているようにも聞こえますね。

 

「あぁ  一秒でも早く君の待つ場所へ」

この気持ち、わかります(笑)

好きな相手に早く会いたい。少しでも長く一緒にいたいって思いますから♪

 

「君の絵の具で濁った僕がいい」

 「君の色で濁っている  その部分が今一番好きな色   僕の色」

恋愛を絵の具に例えていますね。

自分の価値観と、相手の価値観が交わって、新たな価値観が生まれる。

同じ景色でも、ふたりでならキラキラと輝いて見える。

 

恋愛ってそういうものですよね。

濁った色と、ネガティブな表現を使っていますがそれが逆に、愛情を感じさせます。

 

第3位

運命

 ※収録アルバム『REFLECTION』

 

カルピスのCMソングにも採用された歌。

なぜかドリップには収録されていないんですよね。もったいない。

 

「招かざる客で当面   構いはしないけど」

冒頭のこの歌詞からは、片思い真っ最中 であることが伺えます。

 

「惚れた腫れたの恋愛をバカにしてたのです

浅はかで欲深いと笑ってた」

「ミイラ取りはただいま満を持してミイラになりました

頭の中はメリーゴーランド  キラキラしてる」

 ミイラ取りという表現ですが、ここをどう解釈するかですよね。

個人的な妄想なのですが、友人の好きな人を好きになってしまったのかな?なんて思ってます。

まさか自分が好きになるわけないだろうと、友人のことを小馬鹿にしていたけれど…

いざ、ふれあってみるとその魅力にやられてしまったのかな。

 

恋愛をバカにしていたというフレーズからは、この少年の恋が「初恋」であるということも推測できますね。 

f:id:a-rulership:20150828230230j:plain

「君が涙を流すのを遠くで見てた

なんせ君はまだ僕の恋人じゃない」

ここはなんとも切ない…

恋人であれば堂々と彼女を慰めることが出来ます。

 

いや、恋人じゃなくても手を差し伸べて欲しいところ!!

強気にアピールするんだ、少年!!

 

「時には自分を戒める

いやらしい妄想をして  自分を慰めたあとで」

 

ここは男性はみんなが通った道なのではないでしょうか?笑

まあ、アレですよ。

罪悪感だったりで、好きな人では出来ないって人もいるでしょうが…

終わった後に自分を戒めるあたり、純情だなぁと感じます(笑)

 

スポンサーリンク

 

第2位

I'm talking about Lovin'

 ※収録アルバム『SENSE』 

告白しようと考えるも躊躇してしまう葛藤の歌です 。

また、歌詞では聴いていて気持ちがいいくらい、韻を踏みまくっています。

 

ちなみにタイトルの「I'm talking about Lovin'」という言葉は直訳で「私は愛することについて話しています」という意味。

f:id:a-rulership:20150828230004j:plain

「Friendじゃ辛いけどThe ENDになるくらいなら慌てなくていいや。。。」 

という歌詞があるのですが、フられるくらいなら友達のままでいい。

居心地がいい関係性に甘んじるという、その気持ちは痛いほどわかります(´・ω・`)

 

告白って、学生の頃は勢いに任せて突っ走れるけど、ある程度年齢を重ねると慎重になってしまいますよね。

確信が持てないと、どうしても躊躇することに…

「もし縁遠くなったって未練たらしくしちゃいそうでなんだか怖いから。。。

また明日   また明日」

それはこの歌詞にも表れていますね。

 

片思いの心情を綴った歌詞は、他にこんな感じです。

「君がいれば僕の周りの雑草も薔薇色の世界」

「君は運命の人って思ったりして  想い違いかなって迷ったりして 大きなシーソーの上で右往左往する」

 

第1位

Marshmallow Day

  ※収録アルバム『(an imitation) blood orange』

1位はこちら!!

聞いているだけで、気持ちが高揚してくる曲ですよね。

マキアージュのCMソングにも採用された歌で、ご存じの方も多いと思います。

 

そのメロディーラインも魅力的ですが、甘い甘いマシュマロのような歌詞が破壊力抜群です♪

「まるで3D映画 ハリウッドから飛び出したようなSmile 次第に惹き込まれて 自分を見失うよ」

 

「もっと他にすべきことがあると

分かってても手に付かない」

 

「今や君のいない世界を想像して怯えるよ」

 

「柔らかな体温に触れるとき

心は天空を飛んでる Ah このまま死んでしまえるならそれが良い」

 

「睡眠不足が続く日でも

君に会えるなら飛んでく」

f:id:a-rulership:20150828225808j:plain

 

ここで多くを語る必要もないでしょう。

歌詞のなかにある「Everything is a taste of you」という部分ですが、和訳すると

「すべてはあなたの味です」という意味です。

好きな人と過ごす日々は、毎日が甘いマシュマロのような味なのでしょう。

そして、生活の全てが鮮やかに染まるのです。

 

 

 さて、以上となります。

やっぱり恋愛って素敵なものですよね!

みなさんの恋が成就することを願いつつ、紹介した曲を聞いて過ごそうと思います(*^_^*)

ではではー!!

おわり !

スポンサーリンク