読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

Mr children 『擬態』  歌詞考察・意味 ~アスファルトを飛び跳ねるトビウオってどういう意味!?~

f:id:a-rulership:20150927215525j:plain

 今回はアルバム”SENSE"から『擬態』を取り上げます!!

歌詞は 比喩表現のオンパレードになっており、一見するとどういう意味が理解できなかったりします。

そのため、聞く人によっては違うとらえ方をするかもしれませんが、管理人が聞いてみて感じた、自分なりの解釈を書いていこうと思います!

 

ではでは、今回も順に追っていきましょう( ^^) !

 

【以下、考察】 

 f:id:a-rulership:20150927215713j:plain

ビハインドから始まった
今日も同じスコアに終わった
ディスカウントしてる山のように
積まれてく夢の遺灰だ

あたかもすぐ打ち解けそうに親しげな笑顔見せて
幽霊船のかなたに 明日がかすんでく

 

退屈な日常の描写ですね。
"山のように積まれてく 夢の遺灰だ”という歌詞は、思い描いていた夢や理想を
沢山あきらめてきたという意味でしょう。

そして、本音を隠して愛想笑いする自分に対して、失望だったり不安に感じたりしています。

 

 

f:id:a-rulership:20150927215842j:plain


相棒は真逆のセンスと 真逆の趣味を持って
アリキタリなことを嫌った
なんかそれがうらやましかった

ムキになって洗った手に
こびりついてる真っ赤な血
いつか殺めた自分にうなされ目覚める


2番の歌詞でも、自分自身への苛立ちが描写されています。
この”相棒”は自分とは違い、自由に生きている…それがうらやましい。

”いつか殺めた自分”とは賢く生きるために押し殺した"自分らしさ”のことを指しています。
殺めたことへの罪悪感が心のどこかにあるのでしょう。
ムキになって洗った手というのは、振り切ろうとする気持ちの表れ。

でも、うなされるという歌詞からは,まだ相棒のような生き方に未練があるということです。

 


"効きます”と謳われたあらゆるサプリメントは
胃の中で泡になって消えた
デマカセを 真実を
すべて自分のもんにできたなら…


サプリメントは、世の中に溢れている欺瞞の象徴でしょう。
こんなん本当に効くのか!?って思うくらい怪しいやつもありますから。
ただデマカセの効能でもそれを信じることで、プラシーボ効果などで元気になる人がいるのも真実です。

 

 

f:id:a-rulership:20150927220207j:plain

富を得た者はそうでない者より
満たされるって思ってるの!?
障害を者はそうでない者より
不自由だって誰が決めるの!?

 

目じゃないとこ
耳じゃないどこかを使って見聞きをしなければ
見落としてしまう
何かに擬態したものばかり

 

ここは大事なところ!!


幸福とは主観的なものです。
一見すると、富豪は幸せそうに見えますがそうと決まっているわけじゃない。
逆に平凡な家庭であっても、当事者たちは幸福を感じているかもしれない。

 

障害をもつ人は身体的なハンデがあったとしても、そうでない人と比べて不自由とは限らない。
健常者でも、極端な話DVを受けていたりイジメを受けている人もいる。
身体は頑丈でも、心が傷ついて人知れず苦しんでいる人もいる。

果たしてどちらの人が自由に生きていけるだろうか…

 

表面上の情報だけで判断なんて出来ない。


本当に大事なものは、目で見えないし、耳にも聞こえない。

何か別のものに擬態したものばかり…という意味でしょう。

 

 

f:id:a-rulership:20150927220446p:plain

アスファルト飛び跳ねる
トビウオに擬態して
血を流し それでも遠く伸びて


サビの解説ですが、トビウオとは私たち人間のこと。
魚と違って海ではなく、アスファルトの上で生活しています。
当然、アスファルトを飛び跳ねれば血が流れます。これは生活するなかで傷ついたり苦しんだりすることの比喩です。
それでも歩みを止めてはいけない。前に進まなくてはいけない。

 


出鱈目を 誠実を
全て自分のもんにできたなら
もっと強くなれるのに。。。
現在を越えていけるのに。。。


生きるなかで起こる偶然や出鱈目。嘘・真実。
そういったものを否定せずに、受け入れていく。
物事の表面上の情報だけで判断しないで、何かに擬態した本当に大切なものを見出していこう。
そうすれば、靄(もや)がかかった現在も、希望が生まれてくる。
もっと綺麗で、強い自分になっていくよ…ということではないでしょうか。

 

 

最後に

f:id:a-rulership:20150927221102p:plain

 

いかがでしょうか?


個人的に擬態の歌詞には、こういったメッセージが込められているのでは!?と解釈しています。

桜井さんの歌詞には、あるがままを受け入れて前向きに捉えよう!というメッセージが多いですが、この曲もそういった内容だと思います。

 

けっこうノリノリの曲調なのでライブで歌われることも多い曲ですが、じっくり歌詞を聞くとまた違う魅力に気付けるのでは!?

 

おわり