社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

『思い出のマーニー』を観た感想と考察~百合モノ!?いやいや、そんなテーマじゃない~【金曜ロードショー・一部ネタバレあり】

 f:id:a-rulership:20151008215713j:plain

10/9の金曜ロードショーは、ジブリ映画の『思い出のマーニー』ですね。

これをきっかけに、改めて感想とか雑感を書いていこうと思います。

 

原作はイギリスの同名の児童文学作品 です。

これをジブリが映画化。舞台を日本の北海道に移して描かれています。

 

あらすじ

“孤独な少女・杏奈が出会った謎の少女マーニー
不思議な冒険の果てにたどり着く 衝撃の真実とは…”

f:id:a-rulership:20151008220250j:plain

※金曜ロードショー公式より引用

杏奈(高月彩良)は幼い頃に両親を亡くし、養母の頼子(松嶋菜々子)に育てられた12歳の少女。
他者に心を開くのが苦手で、学校でも家でもいつも一人ぼっちだ。
学校で喘息の発作を起こした杏奈は、夏休みの間、治療のために北海道の海辺の町にある親戚夫婦(寺島進・根岸季衣)の家で暮らすことになる。


家の近くにある入江には、地元の人たちから“湿っ地屋敷”と呼ばれる古い屋敷が建っていた。

誰も住んでいないはずの屋敷に、なぜか心惹かれる杏奈。その夜から、杏奈の夢には屋敷に住む謎の美少女が現れるようになる。

 

f:id:a-rulership:20151008221221j:plain 

親戚の家でひとり夏休みを過ごす…

名作ゲームである『ぼくのなつやすみ』を思い出す設定ですね。

また、杏奈が湿っ地屋敷に何故だか惹かれるというのが、後々の伏線になっています。

 

f:id:a-rulership:20151008220305j:plain

七夕祭りの夜。地元の中学生に暴言を吐いてしまい、自己嫌悪におちいった杏奈は湿っ地屋敷が建つ海辺へ。
何気なく岸に浮かんでいたボートに乗って湿っ地屋敷に向かった杏奈を迎えてくれたのは、金髪の美少女・マーニー(有村架純)だった。
不思議な雰囲気をまとったマーニーと杏奈は少しずつ心を通わせるようになる。

マーニーと過ごす不思議な時間に心をときめかせ、マーニーへの憧れを募らせていく杏奈。

 

 信子への暴言は強烈です!笑

周りとのコミュニケーションが上手くとれない葛藤が心苦しい…

スポンサーリンク

 

f:id:a-rulership:20151008220317j:plain

しかしある日、湿っ地屋敷に紗香(杉咲花)という少女が引っ越してくる。
杏奈は、マーニーは自分の空想の中で作り出した幻なのだと考え始めていたが、紗香からマーニーの日記を見せられ、マーニーが実在の人物であることを知る。 一体マーニーは何者なのか?不思議に思っていた杏奈の前に、再びマーニーが現れた。
杏奈は養母の頼子に抱いていたわだかまりをマーニーに告白。マーニーも、自分が最も恐れていることを杏奈に打ち明ける。
不思議なやりとりの果てに杏奈がたどり着く衝撃の真実とは!?あなたはきっと、ありえない感動に涙する―

感想と考察

f:id:a-rulership:20151008222845p:plain

杏奈とマーニーの血縁関係の伏線には気づかなかった。

信子が杏奈の目の色について言及していたけど、これはあとから気づいたなー。

 

むむむ…そして、前半部分は心が痛む…

杏奈の他人を心のテリトリーから排除する感じ。信子とのやりとり。

この辺、思春期の繊細な機微が表現されていて、杏奈の言動に共感というか自分の過去を思い出させられた人も多いのではないでしょうか。

 

そして頻繁に出てくる『ふつう』というワード。

『ふつう』っていったい何なんでしょう?

 

養育費に対して「ふつうの子はもらってない」。

短冊の願い事にある『毎日ふつうに過ごせますように』

それに対して信子も「ふーん、ふつうの意味がわかったわ。けどね、あなたはあなたのままよ」と意味深な台詞。

 

わたしはわたしのとおり。不機嫌で、不愉快で、私は私が嫌い」と杏奈は自問自答してしまいます。

『ふつう』に執着するということは、きっと杏奈は自分のことが『ふつう』じゃないことに非常に強い劣等感を抱えていることが読み取れます。

協調性に欠ける自分、血のつながりの無い親子関係…

 

それは、在るがままの自分を受け入れられないことによう葛藤なのでしょう。

『ふつう』なんてものはいったい誰が定めるのか。

誰しもが人と違う顔・性格をしています。みんな違う生活や人生を歩んできたのです。

 

ただ、それを理解するのは中学生の女子には難しい。

女子特有の同調圧力、出る杭は打たれる、横一列で並んでゴールイン…などの忌まわしき文化が根付いていますから(^_^.)

スポンサーリンク

 

f:id:a-rulership:20151008231355j:plain

杏奈はマーニーと触れ合うことで、ラストには血の繋がっていない親を「母」としっかり呼んでいました。

今を受け入れて成長できたのかなーって思いましたね。

 

映画のキャッチコピーが「あなたのことが大すき」でした。

「わたしはわたしのとおり」というセリフがありましたが、自分を好きになることでイキイキとした表情になり、他人から見てもとっても魅力的に映りますよね。(もちろん、自分に酔うことでは無いです笑)

 

この映画の一番伝えたかったことって、こういう“自己肯定感を高めることの大切さ”なのかなって個人的には感じています。

おわり