社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【ネタバレあり】 5→9 5時から9時まで~私に恋したお坊さん~ 第3話感想 ~紗栄子演じる毛利の悪女っぷり。寺田心くんに癒されたい~

2015秋ドラマ 「5→9  5時から9時まで~私に恋したお坊さん~」第3話のあらすじです。

 

正社員試験と1週間の花嫁修業を終え、なんだか少し打ち解けた感があった潤子と高嶺。 

ですが2話のラストでは、潤子の正社員試験を高嶺が妨害していたことが判明しました。

まさかの事態に潤子は果たしてどうするのか…

また、三嶋は毛利まさこ(紗栄子)と関係を持ってしまったのか…

 

色々と気になる感じで終えていた前回でしたので、3話は特に注目ですね!!

 【第3話あらすじ】

f:id:a-rulership:20151024163532p:plain

桜庭潤子(石原さとみ)は、正社員昇格試験に不合格となったのが、
潤子をニューヨークに行かせたくない星川高嶺(山下智久)の策略だったと知り呆然とする。

高嶺は、そんな潤子を抱きしめるが、潤子はそれを振りほどくと、何があってもあなたを好きになることはない、と言って立ち去った。

 

いやー、これだけは無い。ありえない。

せめて黙ってりゃいいのにね。もう完全に脈は無いでしょ。

1週間お寺で花嫁修業もしたわけで、これでさらに付きまとったら通報しよう!!

 

 

道を歩く潤子の脳裏には、高嶺との思い出がフラッシュバックする。
こぼれる涙をこらえようとするが、涙は止まらず、それを振り払うかのように潤子は足早になる。
潤子が来たのは、ハロウィンムード一色の「フォーティーナイナーズ」だった。


そこには、清宮真言(田中圭)、山渕百絵(高梨臨)、伊能蘭(中村アン)らがいた。
潤子は、テーブルに並んだ料理を見ると、片っ端から食べまくる。
事情を察した清宮は、気分を替えさせようと、翌週に開催されるハロウィンパーティーの責任者に潤子を任命する。

 

その頃、高嶺は一心不乱に読経を続け、その姿を那覇三休(寺田心)が見つめていた。

 

あれ?潤子のなかでは多少なりとも良い思い出的な感じになっちゃってたの?

これがイケメン効果か…。

同じことをブサメンがしていたらまた違う涙が出てたろうな。

 

清宮さんはさすがのイケメン。見た目だけじゃなくて中身もカッコいいんだよね。

試験に圧力がかかったことを潤子に直接は言えなかったのも辛かったろうに…

 

f:id:a-rulership:20151024162447j:plain

一方、ホテルのベッドで目覚めた三嶋聡(古川雄輝)は、隣に毛利まさこ(紗栄子)がいることに驚愕する。
しかも、スマホには潤子からの着信が残っていた。

 

翌日、潤子は「ELA」に出勤する。
そこに高嶺も来て、潤子に話しかけようとするが、里中由希や蜂屋蓮司(長妻怜央)に邪魔されてしまう。
始業のベルが鳴り、潤子は生徒たちを教室に入るよう促した。
高嶺だけがロビーに残ったが、潤子はそのまま扉を閉めてしまう。

 

三嶋さん、やっちゃったなぁ(-ω-)

まずは既成事実を作るという周到なやり方。毛利も悪い女だなー。

三嶋さんと寝たことを絶対に潤子に言うでしょw牽制的な意味でw

 

そしてまたもやしつこく教室にやってくる高嶺。

ここまで来ると頭がおかしいんじゃないか?

頼むから出入り禁止にしてやってくれ。

 

~視聴後の感想はこちら~ 

f:id:a-rulership:20151024162848j:plain

第3話ではまたまた驚きの展開でしたね。

潤子の正社員試験を妨害したのは高嶺では無かったことが判明しました。

むしろ潤子のために苦心していたとはね。

 

さらにラストでは三嶋からの突然のキス…

まー、毎回ラストシーンが衝撃的なドラマなこと。

 

あと個人的には、もこみちアーサー先生が清宮に放った言葉が気になります。

「このままじゃ取られちゃいますよ?」と清宮を煽ります。

高嶺のことも後押ししていたし、いったいどういう考えなのか。

予告ではついに清宮も動きそうで楽しみですね!!

 

さて、このドラマで個人的に注目しているのが"寺田心くん”です。

 

高嶺のお寺の小坊主という役柄なのですが、これが可愛いんだ!

2話でも朝、潤子を起こしに来てくれたり高嶺の使いで部屋を訪れたりとちょいちょい出てきてました。

お寺パートは基本的に高嶺やその母にイライラさせられるので、唯一の癒しといっても良いでしょう。

 

今回の3話でも登場してましたね(^^♪

今後もドラマの展開だけじゃなく、心くんにもぜひ注目してみてください!!

 

おわり

※あらすじは公式HPより引用