読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【ネタバレあり】オトナ女子 第3話感想 ~再び現れた斎藤工!!どんだけ都合のいい男なの…~

2015秋ドラマ オトナ女子の第3話のあらすじです。

 

第2話では高山(江口洋介)の担当編集者でもある池田(平山浩行)に誘われて秋祭りにやって来た亜紀(篠原涼子)。
しかしその場には子連れの女性と仲良くする池田の姿が。

 

一方で栗田(谷原章介)と萠子(吉瀬美智子)は良好な関係になりそうです。

ただ、他にも女性の影が見えており、一筋縄では行かない気もしますね!!

さて、注目の第3話のスタートです!! 

 

【第3話あらすじ】

亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者でもある池田(平山浩行)から地元の秋祭りに誘われる。
だが、そこで亜紀が見たのは、子連れの女性と仲良さそうに話す池田の姿だった。
亜紀は、萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)に、池田は妻子持ちみたいだ、と報告するが…。

 

なんとなく亜紀の勘違いのような気もしますけどね。

前回では、けっこう亜紀に積極的にアプローチしているように見えました。

 

元妻と子供といったところじゃないかな?

ただ、そうなるとますます医師たちの恋愛事情と設定が被ってしまいますね(笑)

 

一方、みどりの家には、三男の陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)が家庭訪問にやってくることに。
母子家庭だからという偏見を持たれたくないと考えたみどりは、長男・昂(平埜生成)、次男・碧(矢部昌暉)にも協力してもらって対応マニュアルを作成し、沢田を迎える。 

 

みどりのほうはというと、担任の沢田を意識している様子。

まあ普通に考えたら、教え子の親で、さらにかなり歳が離れているだけに恋愛関係にはなりにくいでしょうねー。

 

f:id:a-rulership:20151029184916p:plain

萠子は、『フルテージ』の社長・栗田(谷原章介)との交際を続けていた。

彼の前では、物分かりの良いオトナの女性を演じる萠子。
ある日、栗田とデートしていた萠子は、元カノらしい若い女性・佳織と鉢合わせしてしまう。
萠子は、佳織からおばさん扱いされるが、真っ向から彼女とやり合って撃退し、栗田を感心させる。

 

そんな折、亜紀の前に、元恋人の伸治(斎藤工)が現れる。
伸治は、メジャーデビューをきっかけに亜紀を捨て、若い女性のもとへと行ってしまった男だ。
亜紀は、話があるといってマンションまでやってきた伸治を無視して部屋に戻るが…。

 

この 萠子が栗田の元カノをやり込めるシーン。

ただ、物分かりの良い女性を演じるっていうのはどうなんでしょう。

どこかで無理をしていると、上手くいかない結果になりそうな気がしますけど…

 

視聴後の感想 

f:id:a-rulership:20151029184106p:plain

いやー、色々観ていてモヤモヤした第3話。

 

やはり池田は妻子持ちでは無かったようです。

順調にデートを重ねるふたりでしたが、亜紀の前になんと伸治が再登場(>_<)

次の女に対しては「あいつは自己中で安らがない」

仕事もうまく行かない、ここに居させてくれ。亜紀じゃなきゃダメ。

 

なんとも自分勝手な男なんだろう…

だけどそれを受け入れてしまう亜紀はもっと最悪だー(-"-)

結局は若い女と切れていないみたいだし、 まさにキングオブヒモ!クズのなかのクズ!!

 

そんな伸治に対して干渉する高山…

いったいふたりで何を話していたんでしょうね…

きっと亜紀のためを思っての行動なんだろうけど、カッコいいじゃないか!!

 何を話したのかを教えないところもいいよね( ^^) 

 

 

 萠子は 萠子で、栗田に都合のいいようにされているみたい。

大人の恋愛って、いい恰好して我慢することとは決して違うよね。

取り巻く環境は年齢によって変わるだろうけど、感情面では恋愛にオトナも子供も無さそうなもんだけどな。

 

さてさて、ラストでは池田に告白された亜紀でしたが4話ではどう返事をするんでしょうね。

視聴率は決して好調とは言えませんが、こういうベタなトレンディドラマも悪くない!!

次回も観ますよー(^^)/

 

おわり