読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

掟上今日子の備忘録 第4話感想 ~アトリエ荘に巻き起こる事件の真相は!?~【ネタバレあり】

2015秋ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20151030195418j:plain

2015秋ドラマ 「掟上今日子の備忘録」の第4話のあらすじです。

 

第3話では、厄介は今日子に一定の距離を置かれてしまいました。

しかし、思わぬところで縁は切れずにつながっているようで…

またもや事件がきっかけで二人で会うことになるのです。

 

さて第4話ですが、公式ツイッターによると可愛い可愛い三毛猫が出演するそうです。

かなりの名演技を魅せてくれるようで、案外事件の解決の糸口になるかもしれませんね!!

 

「忘却探偵」今日子さんが、

今日も「忘れる前に謎を解く」!! 

 

 

【第4話あらすじ】

   

f:id:a-rulership:20151030200701p:plain

今日子(新垣結衣)にこっぴどくフラれた厄介(岡田将生)は、美術館での事件で知り合った有名な額縁匠の和久井(山田明郷)から呼び出される。
彼はアトリエ荘と名付けたマンションに有望な画家の卵を集めて暮らしていたが、近々引退する予定で、これまでの仕事の集大成となる額縁を製作していた。
額縁の製作期間中、工房に誰にも入らないように今日子と厄介に警備をして欲しいという。

 

なんと2話跨ぎの事件でしたか!!

フラれてしまった厄介は気まずいでしょうが、今日子はご存じのとおり1日経てば忘れてしまいます。

この警備が良いきっかけになればいいのですが…

 

f:id:a-rulership:20151030200734p:plain

今日子と厄介はアトリエ荘に向かう。
厄介は先日のことが思い出され複雑な心境だが、今日子は覚えていないので厄介の態度を不審に思う。
アトリエ荘の和久井を訪ねるが、呼び鈴を押しても応答がなく、電話にも出ない。
今日子と厄介は、塀を乗り越えてアトリエ荘の中へ。
工房に駆け付けると、和久井が血を流して倒れていた。何者かに刺されたようだった。
二人の救命処置により、和久井は命を取り留めるものの、誰に刺されたのか言おうとしない。

 

 勘のいい今日子さん。

やはり厄介の態度に違和感を覚えたようです。

 

一方で依頼主の和久井は、画家の集うマンションであるアトリエ荘で刺されていました。

果たして誰の仕業なのでしょうか…

 

f:id:a-rulership:20151030200815p:plain

和久井の仕事の集大成となる額縁に入る絵は、アトリエ荘の住人たちに発注されていたが、その額縁の中に入る絵は誰の絵なのか、住人の誰一人として知らなかった。


今日子は、和久井が誰かをかばっていて、その犯人はアトリエ荘の住人ではないかと推理する。
今日子と厄介が住人たちに話を聞くと、アトリエ荘の奇妙な実態が明らかになっていく。
果たして二人は和久井を刺した犯人を探し当てることができるのか?!

 

住人が犯人かー。

前回にも出てきた男の子が怪しい気もするけども…

額縁に入るという絵もキーポイントになりそうですね。

 

感想はこちら

 

f:id:a-rulership:20151030200858p:plain

さてさて、今回の第4話。

 

 

アトリエ荘を舞台とした事件は無事に解決したわけですが、正直そこまでの出来ではなかったかも。

陸くんが犯人と思わせるミスリードは毎度のこと。

 

真犯人の女性が絵を描く紙を折り曲げていたのが伏線でしたが、紙飛行機とは…

釣り竿でのやりとりも、ちょっと無理があるのでは?

 

f:id:a-rulership:20151030202254p:plain

ただ、厄介と今日子さんとの関係は少しばかり進展。

ワトソン役として、相棒認定されましたね。

ただ、これも1日たてば忘れるんじゃないかなー!笑

 

何はともあれ2話跨ぎの事件も終わり、次回は軽井沢へ遠征のようです。

第5話も必見ですよ!!

 

おわり

※あらすじ・画像は公式HPより引用

 

スポンサーリンク