読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

オトナ女子 第4話感想 ~池田からの告白に亜紀は?そしてちくわの出番は…?~【ネタバレあり】

f:id:a-rulership:20151104200915j:plain

2015秋ドラマ オトナ女子の第4話のあらすじです。

 

第3話では突如現れた伸治を追い返してくれた高山。

いったい何て言ったのか、本当に気になりましたね。その言葉が明かされる日はやってくるのでしょうか…

 

そしてその甲斐もあり、池田から結婚を前提に交際を求められるという結果に。

亜紀はようやく幸せを掴むことができるのか。

他の2人の恋愛も気になるところ…

 

さて、注目の第4話のスタートです!! 

 

【第4話あらすじ】

 

亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者・池田(平山浩行)から、結婚を前提とした交際を申し込まれた。
それを知った萠子(吉瀬美智子)やみどり(鈴木砂羽)は、体の相性が大事、時間をかけて愛を育む余裕はない、などと勝手なことを言い始める。

そんなふたりに対して亜紀は、池田は誠実な人だからゆっくり考えたい、と返す。

 

この様子では、亜紀は即答しなかったようですね。

やはり年齢的なことや、前の恋人の件もありましたし。

慎重になるのも仕方がないですね。

 

しかし、余計なちゃちを入れる萠子とみどり…(^_^.)

身体の相性ってねぇ。年齢を重ねたからこそ性格の相性が肝心だと思うけど。

 

 

亜紀たちが制作を進めているアラフォー向け恋愛アプリのシナリオが上がった。

それを読んだ高山は、波乱が足りない、と助言する。
風がなければヨットが進まないように、恋愛にも適度な波風はあった方が刺激になる、というのだ。

 

萠子は、栗田(谷原章介)の自宅で開かれたパーティーに呼ばれる。
が、そこで「お花屋さんの大崎さん」と紹介されたことに傷ついた萠子は、他に女性がいてもいいがせめて1番にして、と栗田に迫る。

 

 恋愛アプリのほうは、なんだかんだいって高山のお蔭で良いものが完成しそうですね。

萠子に関しては、難しい恋愛を迫られています…

どう考えても本命扱いされていなさそうだし、いっつも我慢してるのは可哀想。

 

f:id:a-rulership:20151104194914p:plain

みどりは、陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)から学校に呼び出される。
陵が、階段を滑り落ちそうになった生徒を助けようとして軽いケガをしたという。
その際、沢田は、またダンスの練習を見学に来てほしい、とみどりに伝える。

池田とのデートの為、カフェで待ち合わせていた亜紀だが、大雨の為に外に出られず高山と2人だけカフェに取り残されてしまい…。

 

みどりはというと、一番非現実的な方向に…

まあ、本人も憧れだけで恋愛ってわけじゃないと思うけど。

さすがに本気になったらダメな相手でしょう(^_^;)

 

 そして亜紀は亜紀で、思いがけず高山とふたりっきりに…

 

感想はこちら

f:id:a-rulership:20151104200913j:plain

 さてさて、ようやく展開が進んできた4話。

 

まずは亜紀ですが、ラストでは池田との熱い抱擁。

そして萠子は栗田とついに決別。

みどりはなんと、沢田先生と一晩を過ごすことに…

 

 

いやいや… ないわー

 

沢田先生、あれなんなの??

気があるような素振りをみせて、ついに寝ちゃったわけだけども、身体目当てじゃなくて本気なのかな??

沢田先生の人物描写が思いのほか薄いせいで、イマイチ信用できないんだよね。

それにバツイチの3人子持ち。しかも自分の生徒のお母さんだよ!?

責任取る気、本気であんのかな??

 

 

萠子に関しては、ひとまずひと段落といったところ。

結局栗田はああいう男だよ。

萠子が一番好きだなんて言ってけど、案の定二股は継続…

ただ、悪いことはできないもんです。萠子にバレてしまい破局に。

 

まあ、早いうちに決裂してよかったと思う。

逆に、みどりが深手を負うことにならないか心配です。

沢田先生が中途半端に付き合うと、取り返しのつかないことになるんじゃないか…。

 

そして亜紀はというと、思いがけず高山と意気投合してキス寸前といったところまで。

まあ、気分が盛り上がっただけなんでしょうが、なんだか怪しい流れでしたね笑。

やはりこれは、池田から噛ませ犬の匂いがプンプンしてる笑

 

高山と亜紀がなんだかんだいって良いコンビ。

このふたりの関係性に次回の第5話も注目しましょう! 

 

おわり

※あらすじは公式HPより引用