読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

遺産争族 第4話感想 ~今度は嫁と姑の闘い!?いよいよ家庭崩壊の危機か…~【ネタバレあり】

2015秋ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20151109174110j:plain2015秋ドラマ 遺産争続の第4話のあらすじです。

 

今まで恒三の婿いびりに散々耐えてきた育生でしたが、婚姻届けの未提出。
さらには真っ二つに破られていたとあっては黙ってはいません。

 

「実家に帰らせていただきます」

 

と、河村家を出ることに。
実家といってもあの母親だから、まだまだトラブルは巻き起こりそうです…(´・ω・`)
早くふたりで部屋を借りて暮らせたらいいですね…

 

第4話では果たしてどんな争いが繰り広げられるのでしょうか…

 

【第4話あらすじ】

f:id:a-rulership:20151109174426j:plain

恒三(岸部一徳)に預けた婚姻届がいまだ提出されておらず、しかも真っ二つに破られていたことを知った育生(向井理)と楓(榮倉奈々)はがく然。

楓と家族の仲を悪くさせないようと婿に入った育生だったが、さすがに我慢も限界に達し「実家に帰らせていただきます」と、楓とふたりで華子(岸本加世子)が住む佐藤の家に戻る。

 

いい加減にしろってなもんですよね。
ただ、華子もなぁ。
前回のラストでは醜態を晒してました。
どう弁解するのか見もの…(笑)

 

f:id:a-rulership:20151109174124j:plain

育生たちが出て行ったあと、「ふたりを別れさせたいのか?」と恒三に尋ねる龍太郎(伊東四朗)。
そんな龍太郎に恒三は、「お義父さんさえ周りを見ていただければ、ふたりが別れるような事態にはなりません。
お義父さんは遺産をチラつかせて、ご自分の力を誇示したいだけですよ」と言い放つ。


一方、華子に河村家を出てきたことを話す育生と楓。
反対を押し切って婿に行き、あっという間に戻ってきた育生に華子は呆れるが、「お金が全てじゃない。育生を失いたくない」という楓の固い決意を聞き、しぶしぶ家に泊めてやることに…。
だが、次第に育生と楓の金銭感覚の違いが浮き彫りになり…?

 

恒三は…どこまで性根が腐ってるのか…
ふたりが出ていったことまで人のせいか"(-""-)"


そして楓と華子の嫁姑関係。
金銭感覚って、けっこう大事なことです。
社長令嬢とシングルマザーじゃ、うまく折り合いがつかないんじゃないかなぁ(´・ω・`)

 

f:id:a-rulership:20151109174128j:plain

その頃、河村家では「育生が居ぬ間に…」と、月子(室井滋)、
凜子(板谷由夏)たちが龍太郎にある提案を持ちかけていた。
娘たちの強欲な提案に龍太郎は「考えておくよ」と言葉を濁すのだった。


育生とともに家を出て、今まで経験したこともないような質素な生活を覚悟しようとする楓。
育生は、楓との生活のために夢を諦め、研修を終えたら勤務医になることも考え始めていた。
そして龍太郎の資産を少しでも手に入れようと策を巡らす河村家の面々…。思惑は次第に醜く絡まり始め…?

 

予告では三姉妹の決裂とありましたが、月子は家族に対して蹴りを入れてるようです…
やり過ぎじゃない!?さすがにさぁ(;´∀`)

 

そんでもって楓さん。
質素な生活を体感するなかで、遺産への願望が芽生える…

なんてことにならなきゃいいけど。

 

感想はこちら

f:id:a-rulership:20151109174126j:plain

さてさて、本格的に河村家が崩壊しつつあります。
育生と楓のふたりは、河村家と縁を切ったほうがすんなりといきそうだけどね。

 

しかし、月子と凛子の強欲さ…
そして恒三の性格の悪さにはドン引きですね。

 

なんか予告を観る限りだと龍太郎の生存も怪しい感じ。
これは揉めそうだなぁ(;´∀`)

 

とにかく恒三ってなんであんな偉そうなんだろう。
自分の奥さんなのに怒鳴ったりガミガミ嫌味言ったりさ。

 

 

嫌味といえば育生の母親である華子も酷い。
楓に対するアタリがきっついよねー。
バイトじゃ覚悟が足りないとかさ。


まあ言ってることは正論なんだろうけど、言い方ってもんがある。
育生も大事な奥さんが嫌味言われてて、黙って聴いてるのも問題ありだよね。


管理人が育生の立場だったら、華子に対してマジギレすると思う。


「楓にそんな態度しかしないんだったら、金輪際親子の縁を切る!!」


くらい言ってほしいな。
まあ、二人でアパートを借りるまでは頭が上がらないってのはあるけど、
ちょっとくらい楓を庇ってほしかったなー。

 

おわり

※あらすじ・画像などは公式HPより引用

スポンサーリンク