社会のルールを知ったトキ

株式投資やファイナンスなどで気になったことを記事にしてます

オトナ女子 第5話感想 ~萠子はどこまで都合のいい女なんだろう…~【ネタバレあり】

2015秋ドラマ オトナ女子の第5話のあらすじです。

 

いよいよ亜紀は池田と交際を開始!!
萌子は栗田と決別してくれました。

ただ、みどりはというと沢田先生と一線を越えてしまい…

 

息子の担任と…って何その展開(笑)
マジでないわー(;´∀`)


登場人物のほとんどが、頭のネジが数本ぶっ飛んでるというオトナ女子。
唯一の良心である池田さんに期待しましょう。

第5話、スタートです!

 

【第5話あらすじ】

亜紀(篠原涼子)と池田(平山浩行)は交際を続けていた。
順調すぎで逆に不安を覚えている、という池田に、愛とは決して後悔しないこと、前に進むしかない、と助言する高山(江口洋介)。

 

 高山さんはいつもながら名言連発ですなー。
順調すぎて不安なんて、惚気にしか聞こえないw
亜紀はこのまま幸せを掴んでほしいね!

 

萠子(吉瀬美智子)のフラワーショップにやってきた栗田(谷原章介)は、以前付き合っていた女の子から、妊娠したので責任を取ってほしいと言われて困っている、と相談する。


交際していたのは1年以上前なので辻褄は合わないが、下手に騒がれても困る、というのだ。
栗田の言動に腹を立てていたはずの萠子は、相談されたことが嬉しくてつい彼を許してしまう。

 

いい!!都合がいい!!

本当にどうしようもねーなこの女…(; ・`д・´)

結婚詐欺にいとも簡単に引っかかるんじゃない?

f:id:a-rulership:20151109182533j:plain

 この画像が冗談に思えないレベル…

 

 

一方、三男・陵(浦上晟周)の担任でもある沢田(千葉雄大)とベッドをともにしてしまったみどり(鈴木砂羽)は、亜紀と萠子にその件を告白する。
しかも、子どもたちがそれに気づいているかもしれないらしい。


そんな話をしている間にも、沢田から「あなたに会いたい」というメールが届き、困惑するみどり。萠子は、「もう会わない」と言って自分を責めるみどりに、お互い独身なのだから何も悪くない、と告げる。それに対して亜紀は、子どもたちのことや立場も考えるべきだと言い出し…。

 

いやー、この女もねえ。
む、でも男のほうにも問題あるよな。

絶対にもう会っちゃダメ!
他の生徒の親御さんにバレてみなさい。沢田先生は社会的に終わりまっせ!
責任とって結婚するとかなら話は別だけどさ。


それでも他の学校に異動は免れないでしょ。

しかし、萠子は頭の中は本当にお花畑なんだね(´・ω・`)
亜紀がまともに見えるよ。

 

そんな折、高山のもとを訪ねた亜紀は、どこかしっくりいっていない池田との交際について相談する。
高山は、亜紀たちはお互いに気を遣い過ぎだと指摘し、一度思い切り甘えてみてはどうか、と提案する。

 

アラフォーともなると、甘えるのもなかなか難しいんだろうな…
気を遣うっていうのは嫌われたくない気持ちの裏返し。
臆病になるのもわかるけど、ここは高山のいう通りでしょう。

 

感想はこちら

さて、3人とも前途多難な恋愛事情…
ここまでツッコミどころの多いドラマも、逆に面白いけど(笑)

亜紀と池田は別れをほのめかす描写が多いですね。

明らかにときめいて無いでしょ。

高山の強引なキスは拒絶していたけど、ゆくゆくは受け入れそうだなー(笑)

 

その高山は、やっぱり亜紀のことが気になってるんだろうね(^m^)

 

 

萠子はもう、どうしょうもない。

レンタル彼氏を使って嫉妬させる手も栗田にはバレバレ。

挙句の果てには

「もっと大人な女性だと思っていたよ…」

とあきれられる始末…

 

 

あ、みどりの子供が彼女を妊娠させて相手の親に土下座してたけど。

相手の女の子にだって責任はあるよね。

 

もちろん男が悪いよ?

でも避妊具をつけないことを受け入れたわけだから、全く責任が無いってことは違うでしょ。

 

さてさて、来週くらいから一気に話が進みそう!

楽しみにしてましょう(^O^) 

 

おわり

※あらすじ・画像は公式HPより引用