読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

掟上今日子の備忘録 第6話感想 ~なんと、吉田沙保里さんがゲスト出演!?~【ネタバレあり】

2015秋ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20151114174324j:plain

2015秋ドラマ 「掟上今日子の備忘録」の第6話のあらすじです。

 

今回の第6話は女子校が舞台…

厄介がいかにもトラブルに巻き込まれそうな職場ですね。

ただ、最近の彼は決して後ろ向きではありません…!

果たして、今日子さんと協力して災厄を跳ね返すことができるのでしょうか。

  

「忘却探偵」今日子さんが、

今日も「忘れる前に謎を解く」!! 

 

  

【第6話あらすじ】

 

f:id:a-rulership:20151114174343j:plain

古本屋のバイトを辞めた厄介(岡田将生)は名門女子中学校の管理作業員として働き始めた。
ある日の放課後、厄介は用具室で一人の女子生徒が気を失い倒れているのを見つける。
部屋にはボンベからガスが噴き出し充満していた。


厄介は少女を助け出そうとするが、なぜかドアが開かず閉じ込められてしまう。
どんどん酸素が薄くなる中、厄介は警報機を鳴らし、一命を取りとめる。

 

女子中学校の管理人さんなんて、非常に楽しそうなイメージです。
なんせ厄介くんはイケメンだから、生徒からの黄色い声援で大変なことになるんじゃないでしょうか。

しかし、やはりというか、災厄に巻き込まれてしまいますね。

 

f:id:a-rulership:20151114174334j:plain

厄介が助けた少女は、逆瀬坂雅歌(さかせざかまさか)(浅見姫香)。
現場に遺書が残されていたため、雅歌の自殺未遂と思われた。
しかし、あらぬ噂が広がり、厄介が雅歌を殺そうとしたのではないかと疑いがかかる。


厄介の無実を証明するには雅歌の証言が必要だったが、彼女は命に別状がないはずなのに、なぜか眠ったまま目覚めない。
厄介は、今日子(新垣結衣)に事件の真相を明らかにしてほしいと依頼する。

 

 少女の名前はいかにも西尾維新っぽいネーミングですね。
しかし、遺書が残されているのになんで厄介くんが疑われることになるんでしょう…(笑)
そこでお決まりのように、今日子さんの登場です!

 

f:id:a-rulership:20151114174338j:plain

今日子は早速学校内での調査を開始。
雅歌のクラスメイト達は人との接触を避けていた彼女とは距離を置いており、雅歌の名前もうろ覚えだった。
生徒達に話を聞くうちに何故か今日子はセーラー服に着替えさせられてしまう。


一方厄介は、巡回中の警察官(吉田沙保里)に逮捕されそうになる。
今日子は厄介とともに事件現場の用具室へ向かい、厄介に事件当時の話を聞く。
厄介は記憶をたどるうち、現場近くでもう一人の女子生徒の姿を見たことを思い出す。
今日子はその少女が雅歌を殺そうとした可能性を考える。

 

来ました!地上最強の生物。吉田沙保里さん!!
婦警なんてピッタリの役柄ですねー。
厄介くんとどう絡むのか…楽しみです(笑)

 

そして、肝心の事件はどうも少女は自殺未遂というわけじゃなかったよう…
中学校というのに、穏やかじゃないですね。

 

感想はこちら 

f:id:a-rulership:20151114174321j:plain

雅歌は自殺しようとしたのか、それとも第二の少女による殺人未遂なのか?
そして雅歌が目覚めない理由とは?

 

さてさて今回でもう6話です。

今日子さんがセーラー服だったり、厄介がリーゼントだったり、霊長類最強と称されている「吉田沙保里さん」が婦警役で登場したりと盛りだくさんでしたね。

 

しかし厄介のサバイバル能力…すごいじゃん!!

ガスが発火しないと即座に見抜き、火災報知器を利用する冷静さ(-.-)

今日子さんも、「素敵な人だったなぁ」と厄介をかなり高く評価していました。

 

実際、今までは不幸だ不幸だと、ネガティブな発言ばかりしていました。

しかし最近の厄介は前向きな発言が増えてきていますよね。

それは今日子さんの影響のようで、少しずつではありますがふたりの距離は縮まっているようです。

 

いやー、しかし今回の吉田沙保里さんみたいにもっとゲストキャラ出てきてくれたらいいなー。

塗くんにメロメロになるシーンは笑いました(^m^) 

 

次回予告を見るかぎり、今日子さんの際どいシーンも観れそうです。

楽しみにしてましょう(笑)

 

おわり

※あらすじ・画像は公式HPより引用

スポンサーリンク