読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

5→9 5時から9時まで~私に恋したお坊さん~ 第8話感想 ~今夜ついに決着!?潤子を巡る恋模様~【ネタバレあり】

2015秋ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20151129000817j:image

2015秋ドラマ 「5→9 5時から9時まで~私に恋したお坊さん~」第8話のあらすじです。

 

結局、前回では清宮と決別して高嶺と正式に付き合うことに。

そんななか、高嶺の弟である天音の策略によって一橋寺の次期住職の座を奪われてしまいました。

 

一筋縄ではいかない恋模様。

第8話のスタートです!

 

 目次

[:contents] 

【第8話あらすじ】

桜庭潤子(石原さとみ)は、星川高嶺(山下智久)と交際することを決め、家族に報告。

それを喜んだ桜庭恵子(戸田恵子)の発案で、ふたりは桜庭家で“同棲”することになり、潤子と桜庭寧々(恒松祐里)の部屋を改装し暮らし始める
 

実家で同棲はなぁ~(;´_ゝ`)

まぁ、普通はしないよね。

もともと仲良くはしていたとしても、色々と不都合が出るよ。

 

普通に部屋を借りればいいって思うけど、高嶺ってそもそも収入源ってあるのかな?

一橋寺って給与制?

 
f:id:a-rulership:20151129123840j:image
その頃、一橋寺では、約束の時間に現れなかった高嶺に失望した星川ひばり(加賀まりこ)が、星川天音(志尊淳)を次期住職として檀家にお披露目する、と意気込んでいた。
さらに、その席で、天音と足利香織(吉本実憂)の婚約を発表するという。
その後、一橋寺に戻った高嶺は、約束を破ってしまったことを謝りたいとひばりに面会を求めるが、拒絶される。
それどころか、一橋寺に高嶺の居場所はないとまで言われてしまう。
 

あらあら、完全に天音の思い通りになってしまいましたね。

香織さんも、完全にとばっちりだ(´д`|||)

 

まぁ高嶺も、ひばりの言うことを散々無視してたわけで、都合がいいんじゃない?って感じるけど。

 
ELAに出勤した潤子は、山渕百絵(高梨臨)と毛利まさこ(紗栄子)に高嶺とのことを報告。
するとまさこが、ニューヨーク行きはあきらめるのか、仕事を辞めて寺に嫁ぐ覚悟はあるのか、と潤子に迫る。
そこまで深く考えていなかった潤子は、返答に困ってしまう。

 

結局これだもん…

本当にいい加減な女。

 

まさこの言うことはもっとも!

これで怖じ気づいて高嶺からも逃げたしたら、いよいよ終わってるわ。

 
f:id:a-rulership:20151129123910j:image

さらに、潤子は清宮真言(田中圭)から、受かればニューヨークに行ける正社員採用試験のエントリーシートを受け取った。
仕事で認められて、夢を叶えるんだろ、と背中を押してくれる清宮に、潤子は複雑な思いになる。
 
その夜、自宅に戻った潤子は、高嶺が着ていた輪袈裟に口紅が付いていることを発見。高嶺に突きつけると、香織のものだと認めた。怒った潤子は…。
 

複雑な思いってなんだ。

高嶺と付き合うってことは、ニューヨークで暮らさないってことだろ。

それに引き換え清宮は本当に誠実だわ。

 

そして高嶺の浮気疑惑…

まぁ、高嶺は潤子一筋だから勘違いだと思うけど。

  

まとめ

潤子と高嶺のふたりに共通してることだけど、まぁ覚悟が足りないよね。

 

潤子は散々言っていたニューヨーク行きのことを考えずに、寺の嫁になってもらう前提でアプローチしていた高嶺と付き合ってるし。

ニューヨークにも行きたいけど、高嶺とも付き合う。でも寺の嫁になる覚悟も無いのが現状。

 

そして高嶺も、散々ひばりからは、寺を継ぐなら潤子はダメって言われていて。

天音からもどっちかを選べって忠告されていたにも関わらず、この有り様。

 

厳しい言い方かもしれないけど、これじゃあ我が儘で自分勝手だなって感じるかな。

結局は別れたくないってふたりで結論を出したみたいだけど、これからどうすんだろう。


天音は悪いやつだけど、最初っから悪人を貫いているぶんスッキリしてるよね。

覚悟をもって悪人でいる。


潤子も次回、改めて寺の花嫁修行をするみたいだけど、どうなることやら(;´_ゝ`)

ひばりは本心では天音に継がせる気は最初から無くて、高嶺に危機感を抱かせるために利用してる気がするね。

来週も気になるところ!! 


おわり

※あらすじ・画像は公式HPより引用 

スポンサーリンク