読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

遺産争族 第7話感想 ~反撃開始!育生と楓が金の亡者へ!?~【ネタバレあり】

2015秋ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20151203181917j:image

2015秋ドラマ 遺産争続の第7話のあらすじです。

 

いよいよ婿が豹変!?
父親との再会がきっかけで、龍太郎の遺産である10億円の管理をすることを受け入れた育生。

ただ、河村家の離婚騒動を目の当たりにして逆上。

育生はお金目当てだった?いよいよ本性を現すのでしょうか…

急転直下の第7話のスタートです!!!

 目次

第7話 あらすじf:id:a-rulership:20151203181906j:image

「寄付するのはやめて、遺産の全てを僕にください」と龍太郎(伊東四朗)に迫った育生(向井理)。
「僕に任せてくれればうまくやります」という育生の言葉に戸惑いながらも、龍太郎は遺言状を書き直す。


おお…龍太郎も、育生の言うとおりにするんですね。
今まで散々お金なんていらないって言ってた育生です。
まさかの事態に、龍太郎も驚きますよね。


「うまくやります」ってどういう意味だろう…

 

f:id:a-rulership:20151203181923j:image

 その折、河村家では陽子(余貴美子)と恒三(岸部一徳)の離婚問題が勃発していた。
遺産を全額寄付することになれば、この家を出て行かなくてはならない。


そのときの苦労を恒三とともにしたいとは思わない――陽子の固い決意を聞いた楓(榮倉奈々)も恒三も、あまりの覚悟に絶句してしまう。

 

まぁ恒三も、妻である陽子にあんな態度じゃ仕方がないか。
熟年離婚ってやつは大変ですからね(;´・ω・)


何十年と溜まりに溜まった不満は、もう取り返しがつきません。

 

f:id:a-rulership:20151203181946j:image

そこに育生から、『龍太郎の寄付は白紙、家を手放す必要はなくなった。』という報告が。
一度は喜ぶ河村家の面々だった…。しかし『育生に全額譲渡』という新しい遺言が明らかになり、陽子はショックで倒れてしまう。

 

すっかり豹変してしまった育生に戸惑いを隠せない楓。だが、家族が混乱に陥るうちに、ついに楓までもが豹変し始め…!?

 

陽子…(笑)
上げて落とす育生も悪いわ(;´∀`)


家を手放す必要がないって、気になるな。
もし育生のものになるんなら、家も育生の手に渡りますよね?

 

そして楓の豹変!
夫婦そろって遺産の魔力に取りつかれたのかなぁ。

まとめ

f:id:a-rulership:20151203181920j:image
さて、ここにきて育生のキャラが崩壊。
まーくんもぶっ壊れて失踪するし、河村家はもう滅茶苦茶(笑)

 

龍太郎はあえて印鑑を育生に押させたみたいだけど、それが裏目…

いよいよ本格的に育生が相続する展開になってきましたね。

 

しかし、陽子を始めとして河村家の人間はあまりに酷いからな。

育生の母親を初めて応援したわ。

陽子がお菓子を結局持って帰ったのにはちょっと驚いたけど。

プライドとかないのかね(笑)

 

ここまで来たら、育生が遺産をどう使うのかが気になるな。

病院も辞めて、河村メモリアルを継ぐのもなんだかモヤモヤするし。

 

次回が気になる気になる!!

 

おわり

※あらすじ・画像は公式HPより引用 

スポンサーリンク