社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

5→9 5時から9時まで~私に恋したお坊さん~ 最終回 第10話感想 ~クリスマスに起こる奇跡!?その結末は!?~【ネタバレあり】

f:id:a-rulership:20151212232305j:plain

2015秋ドラマ 「5→9 5時から9時まで~私に恋したお坊さん~」

最終回(第10話)のあらすじです。

衝撃的な展開続きだったこのドラマも最終回。

 

高嶺のストーカー気質と、潤子のブレブレな言動は視聴者を何度も驚かせてくれました。

前回のラストでも、潤子は偶然会った清宮に抱き着いてしまいましたね。

結局、高嶺と潤子はどうなってしまうのか。
一橋寺と天音の行方は!?

いよいよラスト!大注目です!!!

 

 目次

【第9話あらすじ】

桜庭潤子(石原さとみ)は、星川高嶺(山下智久)と別れることになったと、ELAの人々に報告。
清宮真言(田中圭)は、潤子に復職するように言い、潤子もそれを受け入れる。
一方、高嶺は足利香織(吉本実憂)との結婚を決意。星川ひばり(加賀まりこ)によって、日取りも決められてしまう。

 高嶺のフリ方、下手すぎじゃないかなー。

だけど狙い通り潤子はELAに復職することに。

まぁなんというか、元々高嶺は仕事を辞めることに否定的でしたしね。

今回は、潤子が軽率で行き当たりばったりなのが悪い!!

  

 

その頃、桜庭家では、元気のない潤子を励まそうと家族が必死になる。
そこへ、高嶺が合鍵を返却しにやってくる。
潤子と別れたと言う高嶺に、ショックを受ける潤子の家族。
納得がいかない桜庭満(上島竜兵)は、自宅を後にした高嶺を追うが、
目を真っ赤に充血させた高嶺を見て核心を突けなくなる。

 

ELAでは、潤子と高嶺を仲直りさせようと、山渕百絵(高梨臨)や木村アーサー(速水もこみち)らが動き始める。
高嶺に手料理を食べさせられなかったことが心残りだと言う潤子に、弁当を作らせ、一橋寺に連れて行く。

 高嶺も辛いところだ。
ただ寺を捨てて、ELAで働く潤子と一緒に暮らすって選択肢もあると思うけどね。

 

百絵とアーサーのアクションは良い流れを生みそう。
高嶺は潤子に料理を振る舞ってたけど、確かに潤子は作ってなかったな。
料理下手そうだけどねぇ…なんとなく

 

f:id:a-rulership:20151212232316j:plain

寺に着いた潤子が戸惑っていると、あいさつ回りを終えた高嶺と香織が戻ってくる。
潤子を認めた香織は、一礼するとその場を立ち去る。

残された高嶺に、潤子は弁当を差し出すが、高嶺は一言も発さず行ってしまう。

 そこへ、星川天音(志尊淳)が現れた。事情を察した天音は、潤子の弁当を食べ始める。
弁当を持ち帰るのが嫌だった潤子は、うまいと言って食べる天音に感謝し、帰っていく。
すると、入れ替わりに高嶺がやってくる。天音は、弁当の残りとそこに添えられていた潤子からの手紙を差し出し…。

香織さん!やったじゃん(笑)
嬉しいんだろうなぁ。
しかし、とことん政略結婚の駒でしかないのね。

 

あと、天音にもいいところあるよね。弁当を食べるあげる気配り。
元々はきっと優しい性格だったんだろうな。
気の毒だし、救われるラストであって欲しい…

 

まとめ

f:id:a-rulership:20151212233040j:plain

終わった終わった。

なんとも無理やりというか、よくわからないまま終わった気がする。

 

最後のシーンだけど、お寺でライトアップとクリスマスツリーってどうなんだ!?
しかもスーツ…

ここにきて坊さん設定をガン無視する流れって…


そしてストーカー気味の記憶力w
このあたりは相変わらずですな。

高嶺が好き好きっていうシーンがくどい。
セリフが長くて、ちょっと見てて辛いなって感じました。

 

潤子は結婚を承諾したけど、結局NYは行くんだね。

高嶺は寺はどうするのかね?別居婚的な?
っていうかそもそも、前回の展開いる??

こんなあっさり覆すってブレッブレ過ぎない??

 

もう、ようわからんwww
勝手に好きにしてって感じ。

 

まさこやアーサーたちの恋愛や天音の今後なんかも、すごくあっさり流して終わってて。

モヤモヤする、なんともなぁ(;´・ω・)

掟上今日子の備忘録の最終回がとっても楽しかっただけに、少々残念な最終回だったってのが正直な感想です。 

 

ひとまず、おわり! 

【こちらもオススメ】

※あらすじ・画像は公式HPより引用