読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

Mr children 『Drawing』 歌詞意味・解釈 ~絵に隠されたメッセージ~

 f:id:a-rulership:20151225133254j:image

どうも!管理人です!

今回はアルバム”IT'S A WONDERFUL WORLD"から『Drawing』(ドローイング)を取り上げます!!

 
Wikipediaによると、福岡県の那珂川の土手で散歩中に美しい景色を前にして「うまく絵が描けたらなあ」と思ったことからこの曲が作れたとか。
ちなみにドラマ「幸福の王子」の主題歌でもありますが、Drawingのほうが先に発表されたため、とくにドラマを意識したものということではありません。
 

ではでは、今回も歌詞を追っていきましょう( ^^)

 【以下、考察】

f:id:a-rulership:20151227221151p:plain

遠い遠い子供の頃夢で見た景色が
一瞬フラッシュバックしたんだ

笑いながら僕の頬にキスをする少
女が
君とオーバ
ーラップして

 

子供の頃の記憶がふとした瞬間に蘇る。

そんな経験って誰しも一度はありますよね。

 

この素晴らしい 煩わしい気持ちを
真空パックしておけないもんかなぁ

 

絵に描いたとしても
時と共に何かが色褪せてしまうでしょう

記憶というのはコントロールできず、その時に感じた感情や思いは閉じ込めておくことができない。

どんな大切な瞬間もいつか忘れてしまったり、それこそ色褪せたりします。

だからこそ、この大切な瞬間をとっておきたい=真空パックしてそのままの状態で保存しておきたい。

この場面も穏やかなメロディから幸せそうな 印象を受けるけど、そういう切ない愛情を歌っていると思います。

 

逆に思い出したくない悲しい記憶も勝手によみがえるもの。

ここで気になるのは〝煩わしい気持ち”という歌詞です。

煩わしいとは、【面倒で気が重い。また、入り組んで煩雑】という意味だそうです。

では、このネガティブな歌詞をどう解釈するか。

 

思いがけずに蘇る"記憶そのもの”が面倒だなぁという意味なのか。

それとも、大好きな彼女を見て"別の女”の事を思い出してしまったことに対して、気が重いという意味なのかもしれませんね。

そういうネガティブな感情も含めて、忘れたくない…という願いが込められていると思います。

 

f:id:a-rulership:20151225133303j:image

もっともっと上手に色んな絵を描けたなら
やっぱり君を描きたいな
僕にとって君とはつまり そう小さな点
そしてあらゆる総て

 絵に描いても~と否定しておいて、やっぱり君を描きたいと歌うところが、改めて凄い歌詞です。

今の幸せだったり感情が、いずれは別の何かに変わっていくと解っていても。

それでも"君の絵を描きたい”="僕の心に焼き付けたい”

ということなんでしょうね。

 

また、点描(てんびょう)という絵画の手法があります。

これは、線を使わず点の集まりで絵を描くものです。

ひとつひとつの点には意味はありませんが、その点が無くては1枚の絵として成り立ちません。

日常の一コマだけでは人生に影響がないけれど、その一コマが積み重なって自分の中で大きくなっていく。

自分のなかの彼女の位置づけを、点描における点に例えているのでしょう。 

それがこの後の 

どんな場面でも
僕の絵には必ず君が描かれていて~

に繋がっていくんでしょうね。

 

 

【まとめ】

f:id:a-rulership:20151227223808j:plain

デタラメと嘘の奥に
本当の答えが眠っている
この素晴らしい 慌ただしい
人生を二人三脚で超えて行けるかなぁ

 人生はけっして楽しいことや正解ばかりではありません。

だけども、そんな経験をすることで人生に深みを増していくもの。

日常はあっという間に過ぎていくし、大変な道のりだけども、これからも君とそんな日々を過ごしていきたい…

 

物事に永遠がないことも分かっていて、それでも僕のなかで君が生き続ける。
君と過ごす色々な思い出ひとつひとつが、僕のなかで君を作っていく。 
 
 
管理人はDrawingはこういう曲なのかなーって解釈しています。
今回はひとまずこんなところで。