社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

わたしを離さないで 第2話感想 ~ハーフの女の子〝真実”はエマ・バーンズさん~【ネタバレあり】

f:id:a-rulership:20160120185440j:plain

2016冬ドラマ「わたしを離さないで」第2話のあらすじです。 


第1話では異常な学園の姿にドキドキさせられましたね。

じわじわと不安になる感じが見てて怖かったです。

 

そして、『臓器提供』という使命を告げられた子供たち。

残酷な宣告に対してどんな反応を見せるのか…

そして、その運命に抗うことができるのか…

 

第2話スタートです!!  

 目次

【第2話あらすじ】

f:id:a-rulership:20160120185123j:image

校長の神川恵美子(麻生祐未)から、自分たちが背負った“特別な使命”について聞かされた恭子(幼少期:鈴木梨央)たち。

それぞれ思い思いに事実を受け止め、幼いながらも運命を受け入れていた。
しかし、友彦(幼少期:中川翼)だけはぼんやりと学苑を囲う塀を見つめ、外の世界に想いを巡らせている…。

うわー、やっぱり洗脳教育の賜物なのか。

臓器提供の使命を受け入れるのね。

 

そして友彦だけが違う目線で…

外の世界では、多様な価値観があふれている。

絵が苦手でも認められる世界に憧れるのは当然だよね。 


f:id:a-rulership:20160120185416j:image
龍子(伊藤歩)は、残酷な使命を背負った子どもたちを天使と表現し、洗脳とも言える説明をした恵美子に「偽善にもほどがある」と詰め寄るが、何も感じていない恵美子に辟易してしまう。
そんな中、年に一度の展示会が迫ってきた。
陽光学苑の生徒たちにとっては販売会で使えるコインをもらえる重要な機会。
美和(幼少期:瑞城さくら)たちは、マダム(真飛聖)から作品を選んでもらおうと一生懸命創作活動に取り組んでいた。

恵美子も多分、ぶっ壊れてる。

きっと最初は龍子と同じように葛藤したんだろうけど、麻痺しちゃったのかな。

 

そして展示会。

このコイン制度不気味さを増長させてる。

 

f:id:a-rulership:20160120185434j:image
 一方、現代の恭子(綾瀬はるか)は、恭子からすべてを奪った女・美和(水川あさみ)と再会することに…

そして現代。

幼年期では仲の良かったはずの二人だけど〝すべてを奪った”とは!?

今回は、色々と学園の謎が判明しそうです。

 

2話まとめ 

f:id:a-rulership:20160122141221p:plain

さて、衝撃の第2話。

脱走した男の子ふたりはあっさりと始末…

 

いやー、徹底してらっしゃる。

 

なんかね、見てて「家畜小屋みたい」って感じましたよ。

囲いの中で成長させて、時期が来たら出荷する。

臓器提供と銘打ってもさ、豚や牛を育ててるのと何も変わらないよね。

GPSで管理されているあたりも家畜らしい。

 

それと、結局CDを盗んだのは美和だった。

恭子に対しては強く嫉妬しているみたいで、表面上は仲良くしてるけど

本心は凄まじい怨念が立ち込めてそう。

 

3話からは成長した彼らの姿が見れるけど、友彦を巡って美和の策略が…

付き合ったっていうのも、“あてつけ”じゃないかな。

 

しかし幼年期の学園のなかでも、ひときわ異彩を放つのが画像の少女「真実」。 

彼女を演じているのは「エマ・バーンズ」さんといって12歳のハーフモデルのようです。 

日本人の母とイギリス人の父をもつ彼女は、朝ドラの「マッサン」にも出演。

シャーロット・ケイト・フォックス幼年期を演じました。

 
そんな彼女ですが、周りの子供たちとは違い、学園の秘密を事前に知っていたようなそぶりを見せています。
名前も〝真実”と、物語の核心に迫る役割をしてくれそう。
次回以降、成長した彼女の動向にも注目しましょう!! 
 

では今回はこのあたりで。

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用