社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

フラジャイル 第3話感想 ~岸先生にライバル登場!!松井玲奈の正体も…~【ネタバレあり】

2016冬ドラマ「フラジャイル」第3話のあらすじです。

 

さて今回は岸先生の強力なライバル登場!

前回は正直あまり評価が高くなかったので、ライバル登場で変わるかな?

予告を見る限りでは3話では病理の分裂といい、面白くなってきそう。

 

まあ、予告詐欺ってこともあるし、過度の期待は禁物ですね(笑) 

ではでは、第3話のスタートです!!

 目次

【第3話あらすじ】

f:id:a-rulership:20160123191619p:plain

岸京一郎(長瀬智也)が電話口で相手を怒鳴りつける病理診断科の朝。
細木まどか(小雪)も顔を出す。
電話を終えた岸は、宮崎智尋(武井咲)に診断を受け持つように指示。
診断のチェック方法を尋ねる宮崎だが、岸は確認しないと言う。
戸惑う宮崎に、細木や森井久志(野村周平)は何の助け舟も出さない。 

相変わらずの放置ぶり。

これじゃ宮崎先生も耐えかねるのでは?

 

人が育たず定着しないのも納得… 

 

f:id:a-rulership:20160123191700p:plain

宮崎が岸に意見しようと追っていくと、ロビーで白根由希子(原田佳奈)、智文(清水伸)夫婦に会った。
大腸の内視鏡検査を受けるという由希子を宮崎が案内する。 
岸は消化器内科のカンファレンスに出席。

宮崎が遅れて会議室に入ると、いつものように医師の報告に文句をつける岸。
しかし、今回は岸の意見に最初から同意する中西篤也(中村俊介)が現れた。

ここで中西登場。

こいつはその辺の医師とは違いそうだ。

このライバル登場でどうなる…! 

 

 

その中西が病理診断科に来た。これから内視鏡検査を行う由希子の最初の疾患鑑別を岸に求める中西。
中西自身は回盲部(小腸と大腸のつなぎ目付近)に何かあると見ているが、岸は答えない。
それでも岸に診断を任せると言う中西。
由希子の内視鏡検査が行われ、組織片が病理診断部に送られてきた。
クローン病を疑う中西だが、岸は確定できないと答える。

岸先生の真意はいったい…

ここまで頑なに診断を確定しないのには、何かあるはず。 

 

f:id:a-rulership:20160123192001j:plain

その後も中西は何度も由希子の内視鏡検査を行うが、岸は病気の確定をしない。
そんな時、宮崎は中熊薫(北大路欣也)と昼食。
岸と中西の話をする宮崎に、中熊は苦笑い。
その夜、宮崎は森井に誘われる。
少しドキドキの宮崎だが、居酒屋で火箱直美(松井玲奈)という女性を紹介されて…。

森井くんに誘われた先で松井玲奈!?

これは彼女なのか、仕事関係の真面目なお話なのか。

どちらにせよ、気になるところです。

 

3話まとめ

あれ?
病理が分裂するんじゃなかったの?
前回の予告は詐欺だったの?


全然分裂してないしょ。

しかも松井玲奈も全然話に関わってこないし。
恋愛要素もゼロだしね。

 

完全に騙されたよ。
あれは来週以降の展開も含めてってことなの?

 


まあ、今回の話は2話よりも好きだったけど。
プライドが高い消化器内科。
中西先生は自分の診断、というよりは読みを信じたくて…

 

岸先生がずっとずっと、内視鏡以外のアプローチを試せって言ってんのに。
全身を検査しろって言ってたのに、ずっと無視していたのにはちょっと驚いた。
あそこまで拘るかね?
やっぱり医者ってのは、周りから先生先生って呼ばれて鼻が伸びてんのかなー。

 

自分が信じたいもの・願望を患者に診断と伝える。
それが結果的に患者の急変のきっかけになる。
まあ、話は上手いこと出来てた。

旦那がずっと咳をしてたのは、結核のわかりやすいヒントだったね。

むしろBCG(ハンコ注射)が大人になったら効き目が無くなるのに驚いた。

言われてみれば、そりゃそうかって感じなんだけど。 

 

来週では小雪と岸先生が揉めるみたい。
でも、予告詐欺の前科もあるし、あんまり期待しすぎないでおきましょうかね。

 

では、今回はこんなところで。

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用