社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

わたしを離さないで 第3話感想 ~恭子と友彦に割って入る美和の動きに注目!~【ネタバレあり】

f:id:a-rulership:20160128121050j:image

2016冬ドラマ「わたしを離さないで」第3話のあらすじです。 


「提供」のために生まれ育った子供たち。

脱走した少年たちは早々に「提供」に連れて行かれしまいました。

そして3話では恭子や友彦たちも成長し、恋愛感情も生まれだして…

 

いよいよ運命が動き出す! 

第3話スタートです!!  

 目次

【第3話あらすじ】

f:id:a-rulership:20160128121102j:image

月日は流れ陽光学苑を卒業する年になった恭子(綾瀬はるか)たちは、次の生活の場・コテージに移ることに。
コテージへは学苑から2、3人単位で行けるため、生徒たちはそれぞれ誰と行くかコテージの話題で学苑は持ちきりだった。
他の生徒たちと同様、どこのコテージにするか悩んでいた恭子に花(大西礼芳)は、一緒にいても疲れてしまう美和(水川あさみ)と離れ、自分たちと一緒に来ないかと恭子を誘う…

コテージとは…?

またしても恐ろしいシステムになっているのでしょうか… 

 

そして美和は周りから徐々に距離を置かれるようになっているみたい。

まあ、わかる気はする。

友彦のCDを盗ったのも彼女のようだし、精神的にどこか不安定さを感じます。

 

f:id:a-rulership:20160128121114j:image

そんな中、サッカーをしている友彦(三浦春馬)の元に差し入れを持って行った恭子。
コテージの話題になり、どこにするのかと恭子が尋ねると「恭子の決めたところでいい」とこたえる友彦。

恭子は戸惑いながらも喜びを覚えるのだった。

ある日、友彦から将来サッカーのプロチームを受けたいと告白される恭子は、友彦とともに希望を夢見ていた。
すると突然堀江龍子(伊藤歩)が現れ、「あなたたちは何者にもなれない」と聞かされる…

恭子と友彦は今も惹かれあっているみたい。

でも予告では美和と付き合うことになったって…

 

美和は”展示会”の一件からも、恭子に嫉妬しているのは明白。

友彦に関しても、きっとそういう対象として見てるんでしょう。

そして龍子先生の変貌ぶりに友彦は… 

 

3話まとめ

f:id:a-rulership:20160128121125j:image

美和が怖すぎる…

 

学園での序列に拘り、次郎先生に迫る。
それがダメなら、今度は恭子を支配するためだけに友彦を誘惑し、交際することに。

 

ほんっとウザいなこの女。
見ててイライラする。

 

恭子もわざわざ同じコテージに行かなくていいのにね。
さっさと見切って違う友人と仲良くするか、もしくはハッキリと友彦に好きって言って、美和から奪っちゃえばいいのに。

まあ、それができたら苦労はしないんだろうどさ。

 


そして、龍子先生は壊れてしまいここで退場。
提供の運命から逃れられない事実に耐え切れなくなったんでしょう。白髪もたくさん生え、随分と老けてしまって…

なんということだ…

 

そしてラストでは、真実によって発信機の存在が発覚。
どこまで行っても彼らに自由はなくて、監視し続けられる運命。

校長先生は発信機に気付かれたことで怒り狂ってます…
うわぁ…

 

 

全体を通して、不快なドラマ。

ジワジワとくるんだよなぁ。
美和が不幸になって、恭子と友彦が幸せな展開を期待したいんだけども。
どうもダメそう。

 

4話もこの調子なんだろうか。
もうちょい明るい展開を頼む!!!

 

では、今回はこのあたりで。

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用