読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

お義父さんと呼ばせて 第3話感想 ~紀一郎のターン!美蘭のビンタは!?~【ネタバレあり・おとうさん】

2016冬ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20160201222345j:image

2016冬ドラマ「お義父さんと呼ばせて」(おとうさん)第3話のあらすじです。

 

いやー、前回は保っちゃんの醜態と静香の離婚届に驚かされましたね。 

今回は紀一郎が、保っちゃんにいよいよ引導を渡そうと画策するみたい。

相変わらずの爆笑シーンに期待!!

 

ではでは第3話のスタートです!!

 目次

【第3話あらすじ】

f:id:a-rulership:20160201222432j:image

美蘭(蓮佛美沙子)の誕生日を5日後に控えたある日、紀一郎(渡部篤郎)が「当日は家族だけで誕生会をやる」と言い出す。保(遠藤憲一)の裸踊りと酒癖の悪さを目の当たりにした紀一郎は、美蘭の誕生日までに何としても2人を別れさせ、保を花澤家から排除しようと考えていた。そして早速、美蘭を説得するよう真理乃(新川優愛)をけしかけ、さらには、会社の人間を使って保の経歴を調べ上げる。

美蘭の誕生日会。

家族の間に保っちゃんとしては入りたいところですが…

 

しかし紀一郎も5日で別れさせるって無理でしょ普通…(笑)

でも保っちゃんの経歴は気になるなー。

本当に仕事一筋の人生だったのか。 

 

f:id:a-rulership:20160201230206j:plain

一方のは、花澤家での大失態を思い出してほう然自失、仕事も手につかない。見かねた部下が声をかけると、美蘭との関係を打ち明け、格上の紀一郎に自分がどう対抗すべきか意見を求める。そして、作戦を練っている矢先、突然、紀一郎から呼び出しの電話が。部下に発破をかけられ、強気で立ち向かおうとするだったが、ホテルのバーで待ち構えていた紀一郎の口から出た言葉は……。

そりゃねぇ(笑)

仕事も手につかないわ。

 

そして紀一郎との対面。

強気でなんて可能なのか!?

自分なら絶対に無理です。

 

f:id:a-rulership:20160201230335j:plain

その日の夜、紀一郎のある一言が胸に刺さり、落ち込んでしまう美蘭も、いつもと違うの様子が気にかかる。翌日、何とか気持ちを立て直すだったが、追い打ちをかけるように、ジムで待ち合わせていた美蘭の前に紀一郎が現れて――!?

ガンガン来るなー。

これは本気で5日以内に別れさせようとしている。

強情な美蘭からじゃなく、保っちゃんを潰す作戦かな? 

 

3話まとめ
f:id:a-rulership:20160201222414j:image

会社のオバさんが良いキャラしてた!!

 

保っちゃんを励ますシーン良かったなぁ。
休憩室でコーヒー飲んでさ、何故か柔道したからって背中叩いてたけどあの人好きだわ。
あの辺のくだりは見てて大笑いしちゃったw

 

しかし保っちゃんは今回は散々だったね。
そのオバサンに叩かれるわ、紀一郎とのジム対決で全身筋肉痛。
とどめは美蘭からの豪快なビンタ…

しっかし、モロに入ってたよなぁ。
あ、そうそう、最後のぎっくり腰もあったか。

 


でも、今回美蘭が怒ってたのはもっとも。
幸せって誰かにしてもらうもんじゃない。

 

「愛はきっと奪うでも与えるでもなくて

気が付けばそこにあるもの」


って歌詞があるけど、愛を幸せに置き換えてもそのまま通じるよね。

お母さんが本当にうれしそうに拍手していたのが印象的。
おじいちゃんも拍手してたのはわかるけど、息子は完全に乗っかっただけだろあれw

 


あと、エレベーターに男ふたり閉じ込められたのも面白かった!!
ピンクレディとかキャンディーズとか、同い年だからああいうネタは話してて楽しいよね。

閉所恐怖症の紀一郎を気遣う保っちゃんの優しさが、少しは伝わったみたい。

紀一郎の言葉はいつも一理ある。
なかなか難しいけどね。

 

しかし、秘書役の中村アンは綺麗だな。
ジムでヨガをしてるシーンは見ててほれぼれした。
腋がすっごい綺麗だったのが印象的。

 

さてさて、来週もなかなか波乱みたい。
楽しみです!!

 

では、今回はこんなところで。

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用

 スポンサーリンク