社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

フラジャイル 第4話感想 ~岸と細木の対立!病理分裂か!?~【ネタバレあり】

2016冬ドラマ「フラジャイル」第4話のあらすじです。

 

前回はライバル登場と散々予告で煽ったあげく、小物だったというオチ…

今回は病理の分裂。

岸と細木の対立がテーマのようですが…

 

ではでは、第4話のスタートです!!

 目次

【第4話あらすじ】

 

岸京一郎(長瀬智也)が病理診断科に出勤すると、宮崎智尋(武井咲)が病理の本を広げて勉強中。
宮崎を褒める岸は、この日に行われるアミノ製薬の勉強会に出てみないかと持ちかける。
仕事もあると断ろうとする宮崎に、岸は豪華な弁当が出ると煽り、今日の仕事も自分が全部やると請け負った。
そこまで上司に勧められれば断る道理はない。早速、宮崎は出かけることに。
そんな岸を、森井久志(野村周平)は半ば呆れて見ていた。 

あー、なるほど。

自分が行くのが面倒なんだな。

 

宮崎先生も断る理由が無いもんね。

いったい何が待ち受けているのやら…

 

女性外科の細木まどか(小雪)は患者の安田春香(中越典子)の病室にいた。
子宮の検査結果を聞く春香に、細木はまだ出ていないと答える。
そして、細木は悪性腫瘍の場合、子宮全摘手術が必要と説明。
すると春香はもう一人子どもが産みたいと細木に訴える。

子宮がんだった場合は、子供は望めないよね…

同じ女性の細木は、患者の気持ちがわかるはず。

でも、これが逆に危険って展開になりそうだな。

 

f:id:a-rulership:20160201231310p:plain

勉強会の会場で、宮崎は火箱直美(松井玲奈)に岸は来ないのかと聞かれる。
代わりに来たと言う宮崎に、火箱が焦りだす。
岸は講演を頼まれていたのだ。
火箱から講演の代行を頼まれる宮崎だが務まるはずもない。
慌てて帰ろうとする宮崎だが…。

あー、そういう展開か!笑

講演が面倒な岸先生はうまいこと言って、宮崎先生に押し付けた格好。

 

f:id:a-rulership:20160201231325p:plain

岸は春香の病理診断を迷っていた。
そこに、宮崎が怒りながら戻ってくる。
実は岸の講演予定を知っていた森井が尋ねると、宮崎は会場にいた中熊薫(北大路欣也)が代行してくれたと答えた。
春香の病理診断に迷う岸は、中熊に相談。中熊は岸の診断を肯定も否定もしなかった。
それでも、岸は細木に自分の診断を報告する。

その報告が岸と細木の仲違いを生んでしまうことになる。

中熊さんがいて良かったねー(。-`ω-)

しかし岸が診断で人に相談するなんて!

師匠である中熊さんには心を開いているのかな?

 

そして岸と細木の仲違いこそが、今回のテーマのはず!

 

4話まとめ
f:id:a-rulership:20160201232345j:image

ドクターハラスメントって初めて聞いたぞ!!
さすがエイジハラスメントの主演だ!!

 

いやー、今回は岸先生の意外な一面を見れましたね。
患者の気持ちに寄り添うなんて、今までの
『患者に会わないことが病理の良さ』
ってのと大違いじゃん。

 

大腸の摘出で人工肛門って相当覚悟がいるよね。
オストメイトの人には実際にはあったことは無いけど、自分で便を取り除く…
自分なら告知するのが苦しいだろうな。


ただ、医者の経験が長いと悪い意味で慣れてしまうんだろう。
ベルトコンベアに乗せるのも良い面と悪い面がある。
この辺に岸先生の過去とも関連してそう。

 

病理医になる前に臨床医だったことが判明したけど、きっと色々な葛藤があったんだろう。
案外、宮崎先生と同じ志を持っていたのかも。

 


さて次回は森井くん回。
医学部を辞めていた過去が判明。
きっと色々な後悔があったはず。
患者に自分のそういう思いを投影しちゃうのか!?

 

彼の感情的になる姿は見ていてドキドキしそうです。 

では、今回はこんなところで。

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用