読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

怪盗山猫 第4話感想 ~細田(塚地)の死の真相!?犬井の魔の手が!~【ネタバレあり】

2016冬ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20160205122754p:plain

2016冬ドラマ「怪盗山猫」第4話のあらすじです。

 

セシリアの登場。そして達郎の死。

前回のショックが冷めやらぬなか、今回も新キャラ犬井が登場します。

強面の刑事ということで、関本との関係は!?

そして細田の事件との関連が…

 

土曜の夜に新ヒーローの登場!!

第4話のスタートです!!

 目次

【第4話あらすじ】 

f:id:a-rulership:20160205122307p:plain

山猫(亀梨和也)は、細田(塚地武雅)が死ぬ前に調べていた情報の入ったUSBを手に入れる。
そのUSBから、細田はある不動産会社が買い取った山について調べていたことが分かる。
細田の実家は、山を持っていた。
山猫たちは、細田の母・芳子(市毛良枝)を訪ねる。
芳子は認知症で、細田の死も理解できていないようだった。
芳子は不動産会社に騙されて山を売られてしまったらしく、真央(広瀬すず)は芳子に同情。

ここに来て再び細田の死の真相に迫る山猫。

騙されて失った山を取り戻そうとしていたのかな?

 

母親も認知症で…これは確かに真央でなくても同情するなあー 

 

f:id:a-rulership:20160205122511j:plain

真央は山猫に、芳子のために不動産会社から山の権利書を取り返してあげてほしいと頼む。
しかし、山猫は応じようとしない。
真央は一人で不動産会社に忍び込み、権利書を取り戻そうとするが…。
一方、細田の事件と山猫がつながっていると嗅ぎ付けた刑事・犬井(池内博之)が、山猫を追う。手段を選ばない犬井の捜査の手が山猫に迫る!
そして、細田の死に隠された秘密とは!?

真央は不動産会社に忍び込むって…

そんなんで山を取り戻せるの!?

普通に窃盗じゃん…

 

しっかし、新キャラの犬井も悪そうな顔してるなー。

細田の死がきっかけで、山猫への捜査も進展しちゃいそう。 

 

4話まとめ

f:id:a-rulership:20160205123141j:plain

皆藤愛子おおおぉぉぉぉ!!!

 

皆藤愛子をこよなく愛する会…
鑑賞用・保存用・業務用ってなんだ。
業務用ってナンダ!?!?!?

 

あの流れがめっちゃ面白かった!
セントフォースのHPも隅から隅まで見てるとか、よくあそこまでペラペラ出てくるもんだ笑

 


しかし犬井は優秀な刑事ですな。
車に発信機を付けたり中々。
だけど、それを逆手にマフィアの工場に誘導するあたり、山猫も一枚上手。
細田の実家の工場が武器密造に使用されていたのを摘発させて、取り戻すという流れはお見事。


そしてやっぱり山猫は細田を殺してはいなかった!!
真央もここがずっと引っかかっていたしね。

 


だけど細田の母親が認知症が嘘で、お金目当てでマフィアに売却していたとは…
あれだけ真央が肩入れしていただけに、悲しい結末。

 

金のためなら何でもする母親。
子供の死にホッとする母親。

山猫も言ってたけど、確かに狂ってる…


っていうか細田も暴力振るってんなよ…
こっちも悪いよなぁ。

 

あのビデオを撮るってことは細田は死を覚悟していた。
それでもなお、ちゃんとした親子になろうと…

やっぱり生きているうちに、親孝行はしないとね。

 


しかし、謎は深まるばかり。
藤堂とセシリアとの関係…
カメレオン。
ユウキテンメイの陰謀。工場の地下。

 

いったい誰が敵で、誰が味方なんだろう。
来週も気になる気になる!!!

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用

 スポンサーリンク