読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第4話感想 ~小夏がモデルに?佐引の葛藤も…~【ネタバレあり】

2016冬ドラマ

スポンサーリンク

2016冬ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第4話のあらすじです。

 

音と練の距離は確実に縮まっており、音は想いを伝えました。

しかし練の気持ちは木穂子に向かっているようで…
練には、優しさと甘さの違いをしっかり理解して行動して欲しいものです。
 
第4話、どうなっちゃうんだろう…

 

目次

【第4話あらすじ】

 

練(高良健吾)は、退院することになった木穂子(高畑充希)に会うために病院を訪れる。
木穂子は、迎えに来る母親と一緒に、しばらくの間帰省することになっていた。
木穂子は、不倫相手とはもう会わないと練に約束する。
練は、そんな木穂子を温かく受け入れる。

しばらくは木穂ちゃんはフェードアウト。

でも、二人の気持ちは通じ合っています。

ただ心配なのが、不倫相手にまた会っちゃうんじゃないか…

 

心の隙間にうまーく入ってくるんだよ。

たちの悪い男ってやつは。

 

 

音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)が心配するほど働き詰めだった。
ある日、仕事帰りの音はバスの中で練と会った。しかし、彼の態度は何故かそっけなかった。
柿谷運送の給料日、佐引(高橋一生)は、加持(森岡龍)や練から金を借りようとしてトラブルを起こす。
手取りが減り、小学校に入学する息子の養育費が払えないらしい。

一方、小夏(森川葵)は、モデル事務所からスカウトされたことを練や晴太(坂口健太郎)に報告する。
契約金をもらえて、青山にマンションも借りてくれるのだという。

練の態度は、きっと木穂ちゃんが一番大事だからこれ以上音との距離を詰めたくないって意識からだろうね。

佐引も嫌なやつなりに大変そうだ。

子どもがいるんなら、もう少し落ち着いてほしいもの。

 

小夏は本当に大丈夫なのかね?

悪い大人に騙されている予感しかしないんだけどw

 

 

ある朝、出勤するためにバスを待っていた音は、練と出会う。
そのバスの中で、泣きだした幼児をめぐって乗客同士が口論になった。
いたたまれなくなった音は、助けを求めるように練の方を見た。
しかし練は、目をそらすだけで…。

騒動も収まり、停留場でバスを降りようとする練。
そのとき、目を閉じて座っていた音の手から荷物が落ち、彼女はそのまま座席に倒れ込んでしまう。

音は明らかにオーバーワーク。

施設の運営もおかしいよね。現場の従業員に負担を強いすぎている。

あれで手取り14万円なんだから、やってらんないよ…

 

4話まとめ

えぇええぇぇぇ!!!!!!
練が音に告白…


音のことを好きだと伝えたけど、木穂ちゃんがいるから。
この想いを封印すると宣言する練。

木穂ちゃんを泣かせるようなことだけはしない。
だからこの想いを殺すという選択をしたわけだけど…

 

これは練を責めることは出来ないなー。
下手したら自己満足になりかねない告白だったけど、きちんと伝えたことで逆に音は吹っ切れるきっかけになったんじゃないか。
しっかり失恋できてよかった。

 

頼むよ練。
木穂ちゃんを幸せにしてくれ。
派手メイクじゃなく、自然な木穂子はめちゃめちゃ可愛いかった!
高畑充希はやっぱりイイ!

 


しかし…東京は世知辛い。
あの、音がバスで荷物を散乱させたシーンは本当に腹ただしかった。
写メを撮ったあのデブ。

ニヤニヤしやがって…どこまでクズなんだろう。

 

そんな光景を見て放っておけなかった練。
たこ焼きがダメになってしまったのを見ていたから、自分で振る舞う流れはGoodだったね!!

 

 

そして案の定、小夏は騙されていたね。
そんで小夏は晴太とある契約することに。

練と小夏をくっつけるために、いったい何をするつもりなんじゃい。

練と木穂ちゃんの邪魔すんじゃねえぞ!!

 

 

佐引さんも、息子のためにお金を用意したいのはわかる。
でも、窃盗したお金でいいのか?
息子がそれで喜ぶのか?自分のプライドのためなんじゃないの?

新しい男は金持ちそうだし、息子との接点を失くしたくないのはわかるんだ。
でも、あれは間違ってる。

息子は佐引さんのことをパパと呼んで手を振って…
悲しいけど、でも、仕方がないんだ…

 

 

なんか、みんながみんな大変だ…
もう、音は朝陽とくっついて、晴太と小夏がくっつけば万事解決じゃね?

 

そしてあの予告。
運命の日ってきっと東日本大震災でしょ
舞台が2011年近辺で、練が福島に帰るってことはそういうこと…

 

うわー、もう嫌だよぉ。
頼むから木穂ちゃんを泣かさないでくれ!!

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用

 スポンサーリンク