社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第6話感想 ~5年間でいったい何が?原発関連!?~【ネタバレあり】

2016冬ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第6話のあらすじです。

さて、ついに第2章がスタート! 

練は結局あれから姿を見せませんでした。

 

それぞれ、どんな状況になっているのか。 

とっても気になる第6話です!

 

目次

【第6話あらすじ】

27歳になった音(有村架純)は、介護福祉士の資格を取り、いまも『春寿の杜』で働いている。
元同僚の朋子(桜井ユキ)、今月で契約が切れる美織(林田岬優)と食事に出かけた帰り、静恵(八千草薫)の家に立ち寄った音は、そこで木穂子(高畑充希)と再会する。
木穂子は、3年前に会社を辞めていまはデザイン系の事務所で働いているのだという。
木穂子は、音が練(高良健吾)ではなく、朝陽(西島隆弘)と付き合っていること知って驚く。

介護福祉士っていったら立派な国家資格ですよ。

あれから頑張ったんでしょうね。

木穂子も広告代理店を辞めて、自分がやりたい仕事についた感じかな? 

 

実は音も木穂子も、小夏(森川葵)や晴太(坂口健太郎)らとともにこの家で練と会ったのが最後だった。
木穂子は、練の携帯電話に電話をしてみた。
しかし、その番号はもう別の持ち主に変わっていた。

朝陽と食事に出かけた音は、派遣先でトラブルに巻き込まれた玲美(永野芽郁)の相談に乗ってやってほしい、と彼に頼む。
朝陽は、困惑しながらもそれに応じ、その代りと言って音をパーティーに誘う。

木穂ちゃんの元にも練は帰ってこなかったとは…

いったい何が起きたのかなー。

やっぱり震災絡みなのかな。 

 

っていうか朝陽が誘うパーティって…

この人、元パリピだからちょっと不安かも

 

そんな折、仕事帰りの音は、柿谷運送のトラックを見かける。
作業中の加持(森岡龍)に声をかけ、練のことを尋ねる音。
加持は、音を社長の嘉美(松田美由紀)のもとへ連れていった。
嘉美は、練が5年前に辞めたことを告げると、佐引(高橋一生)なら何か知っているかもしれない、と言って彼を紹介する。
そこで佐引は、練が東京にいることを音に告げ、1枚の名刺を差し出す…。

佐引は5年経っても同じ会社で働いてたのか。

辞めそうに見えたけどねw

 

そもそもこの会社が5年も続いたことに驚き。 

そして練は佐引にだけは所在を明かしていたのか… 

 

6話まとめ

5年間、音は苦しくも介護の仕事を続けていた。

相変らず給料は安いのに、、仕事の負担は増える一方。

 

居酒屋で飲んでも、お金の心配が第一…
でも、どんなときでも明るく振舞うのは彼女の魅力だなー。

 


そんな音は木穂ちゃんと再会する。
どうしたって共通の話題である練の話になっちゃうよね。

そしてひょんなことから、練が働いていた引っ越し業者へ向かう音。

 

佐引さん。
髪の毛が黒くなってて。まともになったか!?

…と思いきや、ウサイン・ボルトに走り方を教えたとかワケわからんw

 

結局は練の居場所を教えてくれたけど、なんだかなー。
予告を見る限り、来週も登場しそう!

 

 

そして再会した練は、違法すれすれの仕事を貧困にあえぐ若者に斡旋する、悪徳派遣業者になっていた。


何の用ですか?、と終始音に冷たく接する練。
よく折れずに音も帰らないなって思った。

 

自分に近付いて欲しくないなら、そもそも、なんで家に上げたんだよ。
橋で再会した時点で立ち去ればいいじゃん。

 

 

そして小夏はメンヘラになってた。
何が起きたのかは知らないけど、一番この子が視聴者から嫌われるよね。

 

「一生償うつもりなのか」


ってどういう意味なんだろう。
やっぱり福島に練を追いかけていったし、震災関連で何かあったのかな。


晴太も大概クズで悪人ではあるけど、悪びれる様子一切ないから、不思議とそこまで憎めない。
いや、一番のクズなんだけどさ。

 


最後に朝陽が音にプロポーズ。
あんな風に抱きしめて結婚しよ?ってのはちょっとキモイなー

それに音の反応から、敗北の匂いがプンプンする。

 

しかもお父さんに認められて嬉しそうだったけどさ、人を切って会社を大きくした人なんだよ?
いくらコンプレックスだったとしてもアレはない。

 

予告を見る限りでは、大規模はリストラを慣行するみたい。
悪魔に魂を売ったか。

 

それで音だけは特別っていったってな。
音はそういう朝陽には惹かれないでしょ。

音の友人の残業120時間を自己責任って言ったり、その兆候はあったか。

 

 

そして次回予告では、練がピンチ!

なんか突き落とされてたり、泣いちゃったり大変だ。

でも、音と会話するシーンも多そうだし、楽しみだね。

 

個人的には木穂子ちゃんの出番をもっと多く!
音と木穂ちゃんの絡みが一番好きです!

 

 

では、今回はこのあたりで。

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用

【感想は視聴後に更新予定です】