社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

往年の大正義ポケモンカードで打線を組んでみた!【初代・旧裏】

f:id:a-rulership:20160223075656j:image

どうも!管理人です!

 今回は平成2年生まれの管理人が小学生時代に夢中になった

「ポケモンカード」

を取り上げます。 


今でも新しいシリーズが出たりと根強い人気があるポケモンカード。


なかでも初期の第一弾から拡張パック第3弾“化石の秘密”までの3シリーズで、当時大正義だったカードで打線を組んでみました。

各カードの解説もありますので、ぜひ見ていってくださいヽ(^o^)丿

 

打順

 

1番(右)ストライク LV.25

f:id:a-rulership:20160223182140j:image 

とにかく彼の魅力は70という高いHPにも関わらず、にげるコストがゼロということ。進化前のたねポケモンのため、非常に優秀な壁として活躍してくれる。 

さらに闘タイプへの抵抗力持ちも好材料。

 

技が無色エネルギー3個なので色の拘束もなく、用途が非常に多い万能型。まさにポケモンカード界のリードオフマンと言えるでしょう。 

 

2番(中)マルマイン LV.40

 f:id:a-rulership:20160223231155j:image

自らの命を犠牲にして、ゲームを有利に進めるあたり、野球でいう完全に犠牲バント。

ポケモンカード界の川相と言っても過言ではないでしょう。

 

その特殊能力である『エネエネ』は短期決戦の速効型デッキにピッタリ。

 

何せ、基本的に毎ターン1枚しかエネルギーカードを付けることができないのに、このカードを使えば一気に3枚分を確保できるわけです。

ライフポイントでもあるサイドカードを1枚犠牲にする価値は十分にあります。

 

さらに自分の選ぶ好きな色のエネルギーカードとして変換できるのもポイント!

雷以外のデッキでも活躍できる優れものです。

 

 

3番(三)フシギバナ LV.67

f:id:a-rulership:20160223222721j:image 

クリーンナップの1番手はフシギバナ。

彼の強さはとにかく特殊能力である”エナジートランス”。 

場にある草エネルギーを好きなだけ移動できるということで、様々なコンボを生み出してくれました。

代表的なのはトレーナーカードである『ポケモンセンター』との組み合わせ。

使用前に無傷のポケモンにエネルギーを集め、カードのトラッシュを防いだうえで全回復という鬼畜っぷり。 

 

f:id:a-rulership:20160224163651j:image
また、ナッシーLV.35のたまなげMAXとのコンボも強力でした。

自分についているエネルギーの数だけコインを投げれる“たまなげMAX”との相性は抜群。

 

 

4番(一)リザードン LV.76

f:id:a-rulership:20160223075704j:image

当時の小学生みんなが憧れたロマン砲。 

なによりも超強力な技、“ほのおのうず”が魅力2枚をトラッシュするキツめのコストはありますが、100ダメージを与えればほとんどのポケモンを一撃で沈めることが出来ます。 

 

特殊能力“エナジーバーン”はどんな色のエネルギーも炎エネルギーに変換できますので、フシギバナの“エナジートランス”や後述のカメックスの“あまごい”との相性も抜群です。

もちろん、無色2個エネルギーを活用する方法も。 

 

 

5番(補)カメックス LV.52

f:id:a-rulership:20160223075740j:image

こちらも超強力なカードです。

特殊能力“あまごい”は1ターンに1枚しか付けられないエネルギーカードを、水エネルギーに限り何枚でも付けることができます。 

 

「ポケモン育て屋さん」経由で進化して、いきなり2ターン目からハイドロポンプで60ダメージを与えるという強力な戦術が可能。

リザードンと違い、エネルギーのトラッシュが無いのも魅力です。 

 

 

また、相手ベンチにダメージを与えるフリーザーとのコンビプレーも強い。

f:id:a-rulership:20160224163406j:image

相手のベンチから好きなポケモンを引っ張り出せるトレーナーカード「突風」を利用して、一気に相手を殲滅することも可能です。  
 
 
 

6番(DH)プクリン LV.36

f:id:a-rulership:20160223212351j:image
可愛い顔をして、とてつもない破壊力を秘めるパワーヒッター。
ベンチのポケモンの数だけ攻撃力を増すので、最大60ダメージまで上昇。 
 
無色2個エネルギーや“エネエネ”を使っての速攻が強い。
 
 
また、プテラを場に置いて進化をロックしてしまえば相手の戦力はボロボロ。
 f:id:a-rulership:20160224163436j:image
ストライクやエビワラーなどの、強力なたねポケモンを活用するデッキは進化カードに枚数を割く必要がなく、効率的でかなり強いです。  
 
 
 

7番(遊)フーディン LV.42

f:id:a-rulership:20160223075718j:image
こいつはかなりのコンボ技が狙える守りの主力。
 
特殊能力“ダメージスワップ”は場のダメージカウンターを好きなように移動することが出来ます。 
代表的なコンボとしてはポケモンセンターとのコンボ。
 
エネルギーカードが乗っていないポケモンにダメージを乗せかえてノーリスクで回復。
後述のラッキーのすてみタックルと組み合わせるとさらに凶悪。 
 
 
また、メノクラゲを使用した回復技も強い。
特殊能力の“おくびょう”は、場に出したターン以外なら、好きに手札にメノクラゲを戻すことが出来る。
 
ダメージカウンターをメノクラゲに乗せ換えて、手札に戻す。
これを繰り返せばノーリスクで回復が可能。  
 
 
 

8番(左)ラッキー LV.55

f:id:a-rulership:20160223182115j:image
最強の壁ポケモン。 
 
なにより、たねポケモンのくせにHPが120!!リザードンの“ほのおのうず”でも落とせない耐久力。
にげるコストが1という身軽さも壁役として優秀たるゆえんです。
 
時間を稼ぎつつ、ベンチでポケモンをがっつり育てるというサポート役として使うのもよし。
 
 
先ほどのフーディンを使ったポケモンセンターとのコンボを使ってすてみタックルで攻撃に転じたり、きぜつしそうになったタイミングで「ポケモン回収」で脱出する方法もアリです。
 
無色タイプなので、様々なデッキと相性がいいのもGoodですね。
 
 
 

9番(二)バリヤード LV.28

f:id:a-rulership:20160223182033j:image
トリッキーな動きをする9番バッター。
特殊能力である“なぞのかべ”は、フーディンとの相性が良く、鉄壁の二遊間です。
 
このカードは30以上のダメージは0になる。
すなわち20以下しかダメージを受けないということ。
そのダメージを“ダメージスワップ”でメノクラゲに移してしまえば、まさに無敵! 
 
 
ベトベトンの特殊能力”かがくへんかガス”で無効にされるとキツイですが、彼自身は超タイプが弱点です。
突風を用意しておいて、早めに始末するなどの対策は必要。
 
 
 
おまけの投手陣   
先発 ポケモン育て屋さん
f:id:a-rulership:20160224163318j:image
カメックスとのバッテリーは強力。
進化のスピードを加速するので、様々な速攻デッキにとって必要なカード 
 
 
 
中継ぎ オーキド博士
f:id:a-rulership:20160224162254j:image
これもカメックスとの相性がいい。
とにかく水エネルギーが大量に欲しいので、手札を一気に7枚も更新できるこのカードは壊れ性能。
 
 
抑え ポケモン交換おじさん 
f:id:a-rulership:20160224163224j:image
お目当てのポケモンカードをサーチできる超強力カード。 
速攻デッキには必須。
ポケモン育て屋さんと一緒に使えばいきなり相手をボコボコにできる。 
 
 
 
最後に

f:id:a-rulership:20160224172904j:plain

いかがでしたか??
初期のポケモンカードで一世を風靡した面々を紹介しました。
 
なんと今の環境はとてつもないインフレが進んでいるようで、リザードンもこんな性能になっているみたいです。
日進月歩とはこのこと。
ですが、たまには昔を懐かしんでもいいですよね。
 
 
では、今回はこのあたりで。
おわり!