読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

フラジャイル 第8話感想 ~岸先生が誤診!?出羽カナ登場!~【ネタバレあり】

2016冬ドラマ

スポンサーリンク

2016冬ドラマ「フラジャイル」第8話のあらすじです。

今回も新キャラ登場!!

宮崎先生に後輩が誕生するか!?

 

ただ、深刻な問題も巻き起こるみたいで… 

ではでは、第8話のスタートです!!

 

 目次

【第8話あらすじ】

 

岸京一郎(長瀬智也)と宮崎智尋(武井咲)は、医学生に病理医の仕事を学ばせるために温泉旅館で開催された“病理の学校”に参加。
中熊薫(北大路欣也)に強制的に連れ出された岸の学生たちへの言葉は辛辣。
しかし、そんな岸を出羽カナ(恒松祐里)という学生が見つめていた。


その頃、病理診断科では、森井久志(野村周平)が1人で仕事をしていた。
そこに、細木まどか(小雪)の女性外科から複数の検体が送られてくる。

病理医は元々少なく、学生が目指すようなことは全くと言っていいほど無いようです。

ただ、臨床医として働くことになったとして、病理医と密に関わっていくことになる。

病理の仕事を知ってもらうのは、こういう意味もあるみたい。

 

f:id:a-rulership:20160301143737p:plain 

森井が作業を始めると、火箱直美(松井玲奈)がやって来た。
部外者が部屋に入ったことが岸にバレたら怒られると慌てる森井をからかい、火箱は去るのだが…。

次の日、岸と宮崎が帰ってきた。鋭く部外者が部屋に来たかと問う岸に、森井は何も変わりなかったと答える。岸はそれ以上詮索せず、森井が用意した女性外科の検体を調べる。

岸の病理診断で細木まどかの患者は問題なかったが、同じ女性外科の柳原亮子(森口瑤子)の患者にがんが発見され手術をすることになる。

火箱は明らかに森井くん目当てで来てますね。

どこまで本気かはわかりませんが…

そして今回のキーとなるのは、このがん患者みたいで。

 

一方、病理診断科に中熊がカナを連れてきた。先日の勉強会でカナは病理に興味を持った様子。案の定、自分は面倒を見ないと無視しようとする岸。

しかし、カナは岸に自分から接近していこうとする。

柳原の患者の手術が始まり、術中迅速病理診断のために検体を岸が診る。

だが、組織にがんは認められない。説明を聞いた柳原が怒鳴り込んで来た。
これでは医療ミスになってしまう。岸の診断に誤りが? それとも?

 新人くんも変わった子のようだなー。

病理に来るのもだし、岸先生に率先して向かうわけだから。

 

そして、がん患者のはずが、がんじゃない??

間違っているのは、岸か柳原か…

 

8話まとめ

ついに森井くんが医者に!!!

 

うーん、岸先生はきっと森井くんの気持ちに薄々気づいていたよね。
でも、大好きな森井くんがいなくなったら寂しいでしょー!

 

そして結局は今回も病理無双。
ミスもなく、悪いのは他の部署。
まあ、そういうシナリオなわけだけども…

 

と、いうのも今回の話をこないだアフタヌーンでちょうど読んだんですよ。
病理の勧誘のお話だったんだけど、正直ドラマよりも面白かった。
原作との違いなんて、実写化につきものだし言っても仕方がないんだけども。

 

逆に言えば、原作をもっと読んでみたくなったかな!
岸先生のキャラもけっこう違ったし。

 


そして火箱の動きがねー。
森井くんをめっちゃ誘惑しとるw

 

慰めてあげよっか?
はい!よろしくお願いします!!

 

ってなもんだよね。

森井くんとあの後どうなったのか気になるな。

あと、中熊教授に取り入るのも気になるところ。


来週からはいよいよ最終章に突入するみたいで、火箱の出番も多くなりそうな予感!!
あと、新人ちゃんのオチはいったい何だったんだw

そばにやたら反応する岸先生も謎w

 

では、今回はこのあたりで。
おわり!
※あらすじ・画像は公式HPより引用

スポンサーリンク