社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

馬が持つ不思議な能力の話~人の感情や仲間の危機を察知!?~

f:id:a-rulership:20160229200533j:image
どうも!管理人です! 
今回は牧場ネタ。
 
競走馬の育成牧場で5年間働いていたときに感じたことなんかを書いていきますよー。 
 
さて、今回は馬が持つ不思議な能力です。


これはまだ、管理人が馬の仕事に従事することになって1年目とかの出来事。 
 
飼育していた馬がある日、病気になりまし。
だいぶ前の話なので、詳細は曖昧なんですが、獣医の診断は〝白血病”。 
馬にも白血病なんてあるのか!!と驚いたことをよく覚えています。 
 
結局は安楽死させることになりました。 
どういう経緯だったかは忘れましたが、馬運車のトラックの中で獣医さんが注射をして、彼は逝きました。 
 
牧場で働くにあたって、馬の死は決してあり得ない話ではありません。 
しかし、そこまで多くないことも事実。 
 
ただ、そんなときに他の元気な馬たちが不思議な行動をしたのです。 
 

f:id:a-rulership:20160229200638j:image
彼らは一斉に馬房から首を出し、嘶いていました。 
それも何とも悲しそうな声でいななくのです。
 
トラックの中で何が行われたのかは見えるわけもなく、そもそもトラックに乗せられることは珍しいことではありません。 
牧場から競馬場に移動するときなんかで、時期によっては毎日のように見られる光景なのです。 
 
でも、彼らはそのときだけ、そんな行動をしたのです。 
 
 

f:id:a-rulership:20160229200715j:image
似たようなケースで、競走馬にはなれないことが確定した馬がいました。
怪我だったか、体質的なものだったかは忘れてしまいましたが…。
 
その時は、屠殺場に連れていくことになりました。 
なので、その場では死なずに、ただ馬運車のトラックに乗せられるだけだったのです。
 
 
ですが、そのときも他の馬たちは同じように行動しました。
みんな一斉に馬房から首を出し、悲しそうに鳴くのです。 
 
 
彼らは仲間の死を直感したのでしょうか。 
 
 
管理人には、どうしてもたまたまには思えません。
普段の行動とはあまりにもかけ離れていたからです。 
 
もちろん、馬の死に直面することはあまりなかったので頻繁に見ていた方からすると異論もあるかもしれません。
 
ですが、それでも、馬には何かを察知する不思議な力が備わっているように思えて仕方がないです。 
 



f:id:a-rulership:20160229201745j:image
彼らは人の気持ちを理解しようとしています。
周りの人間がカッカして怒りっぽいと、馬もつられてイライラしてしまいます。 
 
逆にのんびりした環境にいると、馬の気持ちも落ち着きます。
乗っていても、人の緊張が馬に伝わってしまい、馬もオドオドしたり逆に舐められたりします。 
 
そんな彼らだからこそ、仲間の死も悲しむ気持ちがあるのでは? 
競走馬の世界から足を洗った今でも、そう思っています。 
 
 
では、今回はこのあたりで。
おわり!