社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

臨床犯罪学者 火村英生の推理 第8話感想 ~最終章!アポロンのナイフ編スタート!~【ネタバレあり】

f:id:a-rulership:20160306002949p:plain

2016冬ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第8話のあらすじです。

ついに物語は最終章!アポロンのナイフ編がスタートします。

坂亦(サカマタ)くんという猟奇的な通り魔の少年。

そしてシャングリラ十字軍の暗躍。 

 

クライマックスに一直線!!

第8話のスタートです!! 

 目次

【第8話あらすじ】 

f:id:a-rulership:20160306003456j:plain

東京で過激派集団・シャングリラ十字軍の若者2人が殺された事件にまつわる噂がSNSをきっかけに広まっていた。

その噂とは、犯人が高校生ではないかというものだった。
犯人と見られる少年の顔写真がネットで拡散され、“切り裂き王子”“アポロン”と呼んでヒーロー扱いする者まで現れるように。

火村(斎藤工)は以前、シャングリラ十字軍の指導者・諸星(長谷川京子)がその事件について「犯人は未成年だ」と言っていたことを思い出す。

SNSって怖いですね…

あの同級生がネットに全部ばら撒いたんでしょ!?

しかし、なんの証拠もないままでここまで拡散されるとか… 

ま、実際に犯人なんだけども

 

f:id:a-rulership:20160306003048p:plain

 アリス(窪田正孝)は、“アポロン”と呼ばれる少年・坂亦清音(小野寺晃良)の写真をネットで見つける。
その写真を見た時絵(夏木マリ)は、坂亦を京都で見たと言い出す。

そんな中、高校生が連続して刺殺される事件が発生。
被害者の尾木紫苑と座間剣介は、同じ学校の生徒。
剣介は死の直前、紫苑宛てにメールを送っていたが、その時点で彼女はすでに死んでいた。
この状況から、待ち合わせをしていた交際中の二人が不幸にも同じ通り魔に遭って殺されたという見方が強まる。

あー、確かに京都のバスで乗ってたね。 

しかし今回の殺害相手はシャングリラ十字軍とは無関係っぽいよな。

坂亦くんとも同じ学校の生徒なのかなー

 

f:id:a-rulership:20160306003351p:plain

そんな中、アポロンが京都に現れたという情報がネットで広まり、この連続殺人もアポロンの犯行らしいという噂が世間でまことしやかに語られるように。
さらに、全国各地でのアポロン目撃情報が続出して、騒ぎは大きくなるばかり。

一方、朱美(山本美月)は、公園で見知らぬ少年に声を掛けられる。
その少年は、坂亦だった。
朱美は坂亦と読書の話をするうち、意気投合するが、彼の言動に不穏なものを感じ警戒心を強めるのだが…。

全国各地!?

さすがに坂亦くんが全国を転々として通り魔してるってことも無いだろうし…

そしてまさかの朱美に接近… 

これは不気味な流れだなぁ…

 

f:id:a-rulership:20160306004746j:plain

火村とアリスは、剣介の遺体を発見した安納守之(泉谷しげる)の家を訪ね、話を聞く。

火村は安納の暮らしぶりを見て、違和感を覚えるのだった。
東京の連続殺人と京都の高校生連続殺人。火村は4件の殺人現場写真を見比べて、重要なことに気付く…。

暮らしぶりって何だろう。めっちゃ金持ちとか!?

京都と東京を繋ぐ4つの殺人…

果たして…

 

8話まとめ

f:id:a-rulership:20160306005033p:plain

アポロンさん、随分とあっさり捕まったね!!!

 

アポロンのナイフっていうから、坂亦くんがまた殺人を犯したのかと思ったのに。
京都にわざわざ出向いたのは完全にミスリード。
今回の殺人には全く関わっていなかったとは…

 

しかも高校生同士の恋愛のもつれとは。
心中ってのもまた随分と勇気がいることを…

 


まあ、泉谷しげるの言うこともわかる。
被害者の名前はマスコミは本当に大々的に報道するよね。

フェイスブックの写真とか周りの家庭環境とか。

 

こないだあった高速バスの事故なんて、めちゃくちゃ被害者について細かく報道されてたもん。

それに対して、加害者側は少年法という保護のもと、匿名報道でプライバシーを保護されている。


本来は加害者だった少年を報道にさらけ出すために…っていう今回の真相は、現代の問題をもの凄く皮肉っているよなぁ。

単なるアポロンの通り魔よりもずっと考えさせられて、なかなか良かったんじゃないか。

 


そして次回はいよいよシャングリラ十字軍と火村先生の直接対決!!
なんとアリスが誘拐されるという展開に…
諸星は火村先生をいったいどうしたいんだろうか。

 

っていうか長谷川今日子の化粧…
濃すぎて似合ってないよね。

 

 

では、今回はこんなところで。
おわり!
※あらすじ・画像は公式HPより引用