読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

ナオミとカナコ 第9話感想 ~逮捕されるのは直美?加奈子?待ち受けのギョウザも気になった~ネタバレあり】

2016冬ドラマ

スポンサーリンク

2016冬ドラマ「ナオミとカナコ」第9話のあらすじです。 

前回のラストでは、加奈子と林さんがホテルで一緒にいるところを、直美が目撃! 

 

必死に陽子からの追撃を乗り切っていた直美からすれば、許せない気持ちもわかる。

二人の友情が決裂して、この先どうなっちゃうのさー

 

最終回間近!!

第9話のスタートです!! 

 目次

【第9話あらすじ】 

f:id:a-rulership:20160306232509p:plain

ここまで、何が起こっても揺るがなかった小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)の友情が決定的に決裂し、部屋に残された加奈子は抜け殻のようになっていた。
どう声を掛けていいかわからない林竜輝(佐藤隆太)に、加奈子は別れを告げる。
その頃、服部陽子(吉田羊)は、興信所の三枝(前川泰之)と、直美の家で違法に盗聴した音声データを分析していた。

達郎の暴力の呪縛から解き放ってくれた直美。

彼女との友情が切れてしまうとは…

そんななか、確実に真実に近づいている陽子…

 

 f:id:a-rulership:20160306234328p:plain

「達郎(佐藤隆太/二役).がいない」という意味が状況的にすんなりのみ込めない陽子だが、三枝は、まず林が何者なのかを知る必要があると話し、陽子は追及の手をますます強めていく。マンションに戻った加奈子は、直美の携帯電話にコールするが、留守番電話に切り替わる。加奈子はそこに、涙ながらに謝罪の言葉を残す。そんな時、突然の吐き気が再び加奈子を襲った。加奈子のことが許せない直美は、携帯電話から加奈子の連絡先を削除してしまう。

加奈子はもう完全に妊娠してるみたい。

直美の気持ちも治まる様子は無いし、まさに踏んだり蹴ったり。

 

f:id:a-rulership:20160306234403p:plain

次の日、加奈子は李商会に出勤したが、発熱と倦怠感、直美との決別で憔悴しきっていた。
それを見た李朱美(高畑淳子)は、どんな病気でも治すという漢方薬を加奈子に手渡した。
一方、直美はホテルにいる林を呼び出すと、加奈子との関係について言及するつもりは一切ないが、日本にいてもらうのは困るから、中国に帰ってくれと頼む。
林は、自分がいることで加奈子が苦しむなら帰ってもいいが、ひとつ頼みがあると言い…。

ここで直美が林さんに接触。

頼みってなんだろう…

全てに気付いた李社長は、ふたりに対してどんなスタンスで向かうのかな。 

 

9話まとめ

f:id:a-rulership:20160306234254p:plain

警察が動くの早いな!!!

 

あの夜に事情を説明したとして、防犯カメラの映像を見たり、銀行の話も聞く時間なんてないでしょう。
そんなに簡単に動くとは思えない。

ただ、現実として警察署に連れて行かれるわけでピンチには変わりない。


でも、予告で空港にいる映像が流れるのはどうなんだろう。
いったんは警察からの事情聴取を切り抜けたことがわかっちゃうしょ


ちなみに関空だったね、あの予告で出てきた空港。

 


しかし、母は強い。
陽子に執拗に責められ、自殺を求められた加奈子。
でも、全く動じずにシラを切るあたりが母親としての覚悟なんだろうね。

 

父親が達郎だとしても産むと言い張るのは意外だったけど。
でも、考えてみると近所の親子連れを見て憧れていたりしてたね。
それが元で達郎には暴力を振るわれていたけど…

 


そして直美!
最終的には一緒に逃げるってことになったけど。警察の事情聴取は加奈子だけみたいなんだな。
李社長に助けを求めていたし、どういう位置づけになるんだろうか。


あと、部屋に仕掛けられた盗聴器に気付いたけど、あれを逆に利用する狡猾さが欲しい。
嘘の情報を流すことで、捜査のかく乱を図れそうだけども。

 

 

林さんの動きも気になるな。
まだ日本にいる以上は、警察も林さんに接触してくるだろう。


携帯の待ち受けが餃子だったのが気になったけど、あれは加奈子と一緒に食べた思い出ってことなんだろうね。

 

さてさて、いよいよ来週が最終回かー。
いったいどういう結末が待っているのか!

 

では、今回はこのあたりで。
おわり!
※あらすじ・画像は公式HPより引用

スポンサーリンク