読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

わたしを離さないで 最終回 第10話感想 ~生まれてきた意味は?友彦を焼却する恭子の心境は~【ネタバレあり】

2016冬ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20160317195609p:plain

2016冬ドラマ「わたしを離さないで」最終回 第10話のあらすじです。

いよいよ友彦に3回目の提供の通知が!!

変えられない運命。迫りくる死。

その事実にどう向き合うのか。残された時間をどう生きるのか。
最終回のスタートです!

 目次

【最終回あらすじ】

f:id:a-rulership:20160317195623p:plain 

唯一の希望であった猶予がないことがわかり、塞ぎこんでしまった友彦(三浦春馬)に3度目の通知が届く。

たいていの提供者は3度目で終わりを迎えるが、なかには3度目を耐えられる提供者もいる。しかし、そうなると体の自由がきかなくなり、トイレも一人ではままならない。
恭子(綾瀬はるか)にふがいない姿をさらしたくない友彦は、自暴自棄になっていたこともあり、恭子に介護人をやめるよう願い出る。
動揺しながらも必死に説得する恭子だったが、ある日、友彦が倒れたと報告を受ける。

そんな中、恭子はばったりと龍子(伊藤歩)と再会。落胆し、無気力となった友彦の 様子を聞いた龍子は、サッカー観戦に友彦を連れ出そうと提案する…

前回のラストは壮絶でしたね。

友彦の拳の血は本当に痛々しい…

しっかし猶予も無いわ、3度目の提供の通知も来るわ。

もう希望もへったくれも無い状況。 

 

しかし、そんな彼らの幼少期に〝希望”を与えた張本人である龍子先生が!!

 

最終回まとめ 

f:id:a-rulership:20160317195644p:plain

うーん…重いドラマだった…

でも、良い最終回だったとは思う。

 


のぞみが崎のシーンは不覚にもグッときたかな。
あそこは失くしたものが帰ってくる場所。
だから友彦のボールが帰ってきて、恭子の足にぶつかって来て、入るな!入るな!死んじゃダメだ!って止めてくれたんでしょう。

 

ただ、恵美子先生が「家に来ませんか?」と恭子を誘ってくれたのに自殺しようとしたのは悲しかったな。
せっかく自分を必要といてくれる人が現れたのに。


恵美子先生からすれば、苦しみながら作ってきた陽光の大事な生徒。
誘ったときの表情が本当に力強かった印象です。

 

 

そして恭子に提供開始の通知がなかなか来なかったのは、 恭子が優秀な介護人だから後回しにされてるのもあるだろうけど、提供者が不要な社会が近づいているってことなのかもしれない。
恵美子先生が医者から聞いた話から、そんな風に希望を見出すこともできる。

 

でも、結局は恭子も提供されてしまうかもしれないし、一生来ないかもしれない。
それはそれで、ある意味生き地獄だなー。
その一生を、自由も無い介護人として生きることになる。

 

それと、老人の提供はなくなったとしても、子供の提供がなくなることはないでしょう。
目の前で苦しんでいる子供を助けたい、死に向かっている子供を救いたいという気持ちを抑えるのは、親には無理。

家畜のように感情のないクローンの子供は生まれ続ける。


あの澱みきった世界の“その先”を想像すると、やっぱり晴れやかな気持ちにはならないかな…。

 

 

ただ、友彦が恭子に言った「会えて良かった」という言葉。
あの言葉で恭子は救われた。

クローンとして生まれてきた以上は、提供されるための人生。
でも、大切な人からそう言われるだけで、生まれてきた意味があると思えるんじゃないかな?

 

このドラマが一番伝えたかったことは、人生や時間が有限であるということ。
夢も希望もない提供者の人生。


でも、恭子と友彦は愛し合うことができ、人生を懸命に生きようと努力してきた。
特に友彦は、龍子先生の言葉で常に前を向いて生きていた。


まあ、良くも悪くもではあるけど。

 

死は誰にも平等にやってくる。
それを私たちは忘れていたり、見て見ないふりをしている。
もっと真剣に、今の時間を生きていかないといけないなって考えさせるドラマでした。

 

では、今回はこのあたりで。
おわり!
※あらすじ・画像は公式HPより引用

スポンサーリンク