読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

Mr children 『終わりなき旅』 歌詞解釈・意味 ~全ての悩める人へ贈る応援ソング~

f:id:a-rulership:20160401232235p:plain

どうも!管理人です!

今回はミスチルの『終わりなき旅』という曲を取り上げます。

この曲は彼らの15作目のシングルでアルバム『DISCOVERY』にも収録されています。
 
 
とにかく歌詞。
この曲を語るなら何よりも歌詞でしょう。
たくさんの人がこの曲に救われ、感動させられたはずです。
 
では、サッカーの長谷部選手や長友選手らといった、数々のアスリートも愛した名曲をひも解いていきたいと思います。
 

  【以下、歌詞考察】

f:id:a-rulership:20160401233851p:plain

息を切らしてさ 駆け抜けた道を振り返りはしないのさ
ただ未来だけを見据えながら 放つ願い
カンナみたいにね 命を削ってさ 情熱を灯しては
また光と影を連れて進むんだ

 
このカンナみたいに命を削るって歌詞は凄い。
情熱は際限なく湧いてくるものではありません。

無自覚のうちに自分を代償にして生み出しています。 


がんばるぞ!と奮起することにより、心や身体は確実に消耗しているのです。

それを”光と影を連れて”という形で表現してますね。  

 

 

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっときっとって 僕を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

 
人が生きるうえでプラスとマイナスは共存していて、決して良いことばかり起きたりはしないものです。 

でも、前に進むことで人は成長できる。

 

今の自分に満足しないこと。

一歩踏み出した経験が、きっと自分をさらに大きくしてくれます。  
 
 

難しく考え出すと結局全てが嫌になって
そっとそっと逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 登ったとき気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

 
困難に立ち向かうとき、人は様々なことを考えます。 


「今じゃなくてもいいんじゃないか」

「誰かがきっとやってくれる」 

「自分には無理だ」 


心の弱さがこんな風にささやいてきます。

自分に都合のいい言い訳がたくさん浮かんできて、投げ出したくなってしまいます。 


でも、困難であればあるほど、その壁を乗り越えた達成感は素晴らしい。

上手くいったときをイメージしてみよう。まだ限界じゃないはず。 


こんな風に、聴く人の背中を押してくれています。 

スポンサーリンク

 

 
f:id:a-rulership:20160401234128p:plain

誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ

 
良い大学に入って、一流企業に入る人もいる。

好きな物に夢中で、そのままその道を究めてしまう人もいる。

挫折ばかりで何も成しえなかったけれども、たったひとりの愛する人と出会えた人もいる。 


幸せの形や正しい道は、誰かが決めるものではありません。 
人生にレシピなんて存在しない。みんな、それぞれが違っていて良い。

 

大事なのは、自分がどう感じるか。

人生の価値は、自分自身が決めるのです。 

 

胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌なことばかりでは無いさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

 

迷ったり、葛藤することは決して無駄ではありません。

モヤモヤしたり、ウロウロしたりして出口を探しているということは、”思考停止”ではないのです。

考えずに流されて生きるのではなく、自分の力で出口を見つけないと本当の血肉には成りません。

 

きっと、今の苦しみも未来に繋がっている。

失敗を恐れて逃げ出さないで。

良いことも嫌なことも、全部ひっくるめて自分の糧にしよう。

 

前に向かって進んでいく…

そこに、終わりなんてものはありません。

 

「いいことばかりではないさ」

というサビの歌詞が最後には
「嫌なことばかりではないさ」

と、プラスの歌詞になっているのも素敵ですね。

 

感想・まとめ

f:id:a-rulership:20160402000459p:plain 
さて、こんな風に管理人は『終わりなき旅』の歌詞を解釈しています。

かなりメッセージ性が強く、自分の中にある悩みや迷いを軽くしてくれる素敵な曲です。

 

ただ感動して泣いて終わり、という曲ではありません。
聴き終わった後に、自信だったり勇気だったりといった“何か”が心に残ると思います。


落ち込んだ時、いつもこの曲が傍にありました。
その度に励まされた自分がいました。


ミスチルファンじゃない人も、一度は聴く価値があると思います。

では今回はこのあたりで。

おわり!