読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです 第1話感想 ~藤木直人のスパルタ婚活塾!?~【ネタバレあり】

2016春ドラマ

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20160411174024p:plain

2016春ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」 第1話のあらすじです。

水曜日の「世界一難しい恋」、木曜日の「早子先生、結婚するって本当ですか?」といい、今期は結婚関係のドラマが多いですねー。

 

そしてこちらも結婚がテーマ!!

中谷美紀がチュート徳井を落としにかかりますよ。

注目の第1話スタートです。

目次

【第1話 あらすじ】

f:id:a-rulership:20160411173806p:plain

とある高校の同窓会で、一際注目を集める美女・橘みやび(中谷美紀)39歳。
青山で美容皮フ科クリニックを営む開業医。
美しさも社会的地位も手にした一流の女。高校時代から高嶺の花だったみやびに群がる同級生たち。
だが、みやびが「独身」で「彼氏もいない」と知ると、場の空気は一変。口々に励まされてしまう。

まあ…ね。

39歳だったらいくら美人でも、ちょっと厳しいかも。

これまでに恋人とかはいなかったのかな。 

 

f:id:a-rulership:20160411173344p:plain

その夜、みやびは独身女友達とのグルメ女子会へ。
完全紹介制の和風割烹「とくら」で、同窓会で会った男を酒の肴に言いたい放題。
こだわりの料理もそっちのけでお喋りに夢中になるみやびたちに、ついに憤りが限界に達した店主・十倉誠司(藤木直人)が口を開いた。
丹精な顔からマシンガンのように繰り出される毒舌の数々。

「結婚できない女の典型だ!」
最後の一撃とばかりにぶつけられたその言葉に、みやびは宣言する。
「結婚?別にしようと思えばできるけど? 落として見せます必ず!」

お…おう。

こんな店主のいる店も嫌だなーw

ま、みやび達もよっぽど酷い有様だったんでしょう。

 

f:id:a-rulership:20160411173656p:plain

とは言ったものの、考えてみれば知人は既婚者ばかり。
クリニックのナースたちは、ランチをデリバリーにくるカフェ店員・諒太郎(瀬戸康史)がお気に入りだが、年下は恋愛対象外。
すでに意識高く婚活中のナース・梨花(大政絢)に叱咤され、みやびはついに結婚相談所へ足を運ぶ。だがそこには厳しい現実が待っていた。

そうそう、同年代は概ね結婚している歳だからね。

年下だっていいしょー。

結婚相談所で見つけるよか、よっぽど良さそうだけどなー。

 

f:id:a-rulership:20160411173445p:plain

そんな折、同級生の池田(音尾琢真)と食事をしたみやびは、高校時代に片思いをしていた同級生・桜井(徳井義実)と再会する。
仕事で輝き、価値観も似ていて、しかも独身。胸の高鳴りを感じるみやび。
娘の幸せを気にかける母・昭子(夏木マリ)からも背中を押され、勇気を出して桜井と2人で会う約束をとりつける。
恋愛教本を読みこみ、愛され女子に完全武装完了。
十倉が横目で観察する中、みやびは全力で桜井を落としにかかるが…!?

男も39まで独身って、何か難がありそうだけどね…

偏見かな??

恋愛教本で愛され女子って…ダメな予感しかしない(笑)

 

1話 感想・まとめ

f:id:a-rulership:20160411173942j:plain

いやー、解答バージョンいいね。
突っ込みマスターwww

 

まあ、話していて楽しいほうがいいよね。
シャラップ突っ込みからのソフトタッチは、少しやりすぎかもしれないけどw

 

ただ、これも限度を超えると毒舌になっちゃったり、本当に友達になっちゃう。
ある程度の容姿もいるだろうし、ドキドキさせるバランス感覚は大事だよね。
空気を読み違えたら痛い女になっちゃう。

 

でも徳井は大政絢に行く気がしてならないな~
その気にさせといて、飲み会やって連れてった後輩に向かうパターン…
ありそうですね~。

 

しっかし、藤木直人は何故にこんな熱いんだろうね。
スパルタだわー。
めちゃくちゃな急展開も面白いw

 

予告を見ると、来週は徳井以外の男とも出会うみたいだね。
これが仮氏ってことかね。
恋愛経験を積む的な??

 

とりあえず思った以上に面白かったかも。
ストーリーを楽しむっていうよりはノリを楽しむ感じかな?


世界一難しい恋とはまた違うテイストだね。

次回も楽しみ(^^)/

おわり!

※あらすじ・画像は公式HPより引用

スポンサーリンク