社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

2ウィークのコンタクトを半年使い続けた結果、眼科に行ってきた【期限切れ・使い捨て】

f:id:a-rulership:20160416130537j:plain

どうも!管理人です!

今回はコンタクトレンズについて少々。

※前後編の記事をひとつにまとめました

 

元々私は2週間の使い捨てコンタクトレンズを使っていました。

ただ、なんとなく勿体ないなーと思い、2週間のレンズを3日…1週間とそのまま使うことが増えていたんです。

人間、そうなるとズルズル悪い方向へ向かうもので。

 

替えのコンタクトレンズが無くなって、買いに行かなくてはならないのに面倒で、ズルズルと2週間のコンタクトをそのまま使い続けてしまったのです。
もちろんその間にも、洗浄はしっかりと行っていましたが…

 

ただ、そのまま1カ月…数カ月…半年の月日が流れてしまいました。
そして先日、ようやく重い腰を上げて新しいコンタクトを購入しに行ったのです。

 

向かった先はビックカメラに併設されてある眼科。
しかし、前回3カ月分を購入したときから随分と期間が空いてます。

やはりそこを突っ込まれてしまったので、怪しまれないように「最近はメガネだけで過ごしていた」と、嘘をついてしまいました。

 

そして簡単な検診の結果

「視力が前回よりも落ちているので、度数を上げましょう」

という話に。


そのとき私は

「うわー、また目が悪くなったのかぁ」

と考えていました。

ですが、眼科を後にしてからふと思ったのです。

 

「人っていったいどこまで視力が落ちるもんなんだろう…」

 

 

近視が進むと失明する!?

f:id:a-rulership:20160416133204p:plain

なんだか怖くなって、ネットで色々と調べてみました。

すると、各眼科のHPはかなり親切に目の事を書いてくれていまして、非常に参考になりました。

 

近視のコンタクトレンズを使用されている方ならご存じでしょうが、近視の強さは、マイナスのディオプターという数値の大きさで表現されます。

0からスタートして、マイナス1、マイナス2…と進んでいきます。

コンタクトレンズの箱にも数字がふってあるのを見たことがあるのでは??

 

私の場合は今回、度数を上げたのでマイナス7のレンズを処方されました。

ちなみに視力0.1でマイナス3ディオプターくらい。

管理人はけっこう、目が悪いんです(笑)

 

 

これがマイナス8までいくと強度近親”というものに分類されるそうです。

強度近視の人は、緑内障の発症頻度が高いと言われています。

又、網膜剥離のリスクが高いことも特徴のようです。

 

ただ、近年ではマイナス20ディオプターまで対応のレンズも登場しているみたい。

定期的な検診が必要ではありますが、近視が進んだからといって即失明というわけではなさそうですね。

 

スポンサーリンク

 

角膜内皮細胞の減少の恐怖

f:id:a-rulership:20160416140254j:plain

強度近親についてはひとまず一安心です。

とりあえずは大丈夫そう。

ですが調べるうちに、もっと恐怖することを見つけてしまいました。

それが角膜内皮細胞の減少です。

 

本来透明でなければならない角膜は、血液のかわりに空気中から酸素を、涙などから栄養分を取り入れています。
近年、コンタクトレンズを使用した場合の角膜内皮に及ぼす影響が予想以上に大きいことが問題になっているのです。


角膜内皮の細胞数が1000個/平方ミリメートル以下になると、角膜を透明に保つことができず、白く濁ってきます(角膜混濁)。

治療は角膜移植を選択するしかありません。

 

また、手術によるダメージなどでさらに細胞数が減少するため、角膜内皮細胞の数が少ないと「手術を受けることは危険」と判断され、白内障や緑内症などの手術を受けること自体ができなくなります。

 

さらにさらに!!

一度死んでしまった角膜内皮細胞が再生することはありません。健康な人でも角膜内皮細胞の数は加齢とともに減少していきます。

また誤った使用によって、さらに減少することがわかっています。

 

…え?これヤバくない???

 

管理人は数カ月もの間、期限切れのレンズを使用していたのですから、相当な数の細胞が死滅しているのでは…

そんな不安がよぎってきました…

f:id:a-rulership:20160416143129j:plain

こんな画像を拾いました。

細胞の数によってランクがついており、著しく減少しているとコンタクトレンズの使用自体が制限されるようです。

 

なんと恐ろしい!!!

ビックコンタクトの検診は流れ作業みたいで不安だったので、もっと丁寧に検査できそうな眼科をネットで調べました。

 

そして管理人は怯えながら、近所の眼科に足を運んだのです…

 

眼科で診てもらった結果

f:id:a-rulership:20160416182639p:plain

その眼科は、HPにも角膜内皮細胞の検査も実施していると書いてあったのでバッチリ。

 

着いてみると、土曜の朝ということもあり待合室には小学生の姿もチラホラ。

スタッフの方には、目の健康状態をしっかり検査したいと伝えました。

その際、角膜内皮細胞の検査もお願いしておきました。

ただ、「使い捨てコンタクトを期限切れで使ってました」 とは、どうしても言えず…笑

 

しばらくすると順番が周ってきました。

まずは視力検査と眼圧の検査。

そういえばコンタクトレンズ併設眼科では、眼圧の検査もしてくれなかったなぁ。

 

視力検査も丁寧。

裸眼の視力にメガネをかけたときの視力まで改めて測定してくれました。

そして肝心の角膜内皮細胞の検査です。

f:id:a-rulership:20160416184301p:plain

この検査機器。

スペキュラーマイクロスコープというらしいです。

ピっと角膜の写真を撮ってもらうだけ。

撮影は1分間くらいで終わりました。

 

その後はしばらく待合室で待機。

そして院長先生との問診のときがやってきました…!!

 

検査の結果は…!!f:id:a-rulership:20160416184752p:plain

さて、院長先生に呼ばれ、眼の網膜や角膜の表面の様子を診てもらいました。

そして角膜内皮細胞の検査結果も伝えてもらいましたよ。

 

ちなみに上の画像。

左は細胞のひとつひとつが大きくなっていますよね。

これは細胞の数が減少してしまい、他の細胞がそれをカバーするために肥大しているからだそうです。

右の細胞は細かくて形も均一ですよね。

 

そしてこちらが私の細胞の画像です。

f:id:a-rulership:20160416185227p:plain

幸い、判定はAランク。

細胞の数に特に問題はなかったようです。

いやー、ホッとした。

 

使用していたコンタクトレンズがもともと酸素透過率が非常に高いものだったみたいで、半年交換してなかったけど影響が少なかったのでしょうか…?

いいコンタクトレンズを使ってましたねって、院長先生から褒めてもらいました。

 

スイマセン、先生

ほんとは酷い使い方をしていました!!(心の声)

 

これからはしっかりと2週間の期限を守って使おう。

取り返しのつかない事になったら嫌だしね。

 

コンタクトレンズショップ併設眼科と一般眼科

f:id:a-rulership:20160416190127p:plain

さて、今回はコンタクト併設眼科ではなく、きちんとした眼科に行ってきました。

きちんとした眼科って表現も変な感じですが…

 

というのも、コンタクトレンズの処方って医師免許さえあれば内科医でも耳鼻科医でも何でもいいらしいのです。

 

思い返せば、コンタクト併設眼科(アイシティとかに併設してるやつ)の先生は、本当にあっという間に診察を終えていました。

はい、問題ないですよ^^

って感じで処方箋だけを出す感じ。

 

視力検査だけでも一般眼科との差があったので、ここで書きますね。

コンタクト併設眼科でコンタクトを購入したのですが、その時視力が下がってるからといってレンズの度数を上げて処方されました。

それを今回伝えたところ、度数を上げる必要は無かったのでは??と言われたのです。

 

理由としては、普段パソコンなどの画面を見ることが多い環境の場合、度数を上げ過ぎると逆にピントが合わずに眼が疲労してしまうそうなのです。

その結果、疲労から本当に視力が低下することもあるとか。

 

そしてまた度数を上げて、また低下して…

完全に悪循環ですよね。

 

管理人の場合、度数を上げなくても両目の視力で1.0近くあったので、パソコンなどを使う環境の場合には適正な度数だったらしいのです。

例えばこれが、外で働くような人で遠くのものを視ることが多いのであれば、度数を上げることも問題なかったとか。

 

度数を上げれば視界はクッキリはするけど、必ずしもそれが良いことでは無い…

普段の使用環境とかも、コンタクト併設眼科では一切聞かれなかった!!

眼のことだから、やっぱりしっかりした眼科で診てもらわないとダメだなーって感じましたね。

 

レンズ代や診察代に違いは!?

f:id:a-rulership:20160416192045j:plain

さて、今回の検診で、眼科の乗り換えを真剣に考えました。

でも、やっぱりこういう眼科でコンタクトレンズを買ったら高いのでは??

そう思って、実際に聞いてみました。

 

すると、むしろこっちの方が安いという…!!

2ウィークのコンタクトを3か月分購入した場合、ビックコンタクトで買ったときに5,500円くらいだったのに今日診てもらった眼科では4,800円だそうです。

 

診察代も、ビックコンタクトは500円。

今日の眼科は800円くらいだとか。

初診はちょっと高めで、今回は角膜内皮細胞の検査もしたので1,470円の支払いでした。

 

これだったら、もう一般眼科にしよう。

そう、つくづく感じたのです。

  

何はともあれ、眼の状態に問題が無くてよかった。

でも、強めの近視だから、40代くらいになったときに緑内障を警戒しなきゃダメみたい。

そういう話もしてもらえて逆によかった。

 

これからはもっと眼の健康に気を遣おうと思います。

この調子で、次は歯の検診にでも行こうかな!笑

おわり\(^o^)/

 

管理人愛用のコンタクト洗浄液。

錠剤を入れるだけで、擦らなくても洗浄してくれます。一度これに慣れると、もう戻れません(笑)

薬局で買うと結構高いんだけど、ネットで買うと薬局の半額以下で購入できちゃいますよ。