読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

ラヴソング 第2話感想 ~ダイヤの原石はさくら!?神代との初デートも~【ネタバレあり】

2016春ドラマ「ラヴソング」 第2話のあらすじです。

視聴率は大爆死。

あまり評判はよろしくなかった第1話でした。

 

しかーし、まだまだドラマは始まったばかり。

吃音というテーマから恋愛に結びつくのかな?

 

どうしても歳の差が気になるけど、とりあえず第2話のスタートです! 

目次

【第1話 あらすじ】

神代広平(福山雅治)はライブハウス『S』で宍戸夏希(水野美紀)たちと飲んでいる。ステージでは若手バンドが演奏。

そんな中、マスターの笹裕司(宇崎竜童)が、ダイヤの原石のようなミュージシャンはいないものかと愚痴る。『S』ではライブ出演者を募集していた。

一瞬、顔を見合わす神代と夏希。しかし、増村泰造(田中哲司)が若手バンドに絡み、現場は乱闘騒ぎになってしまった。

ダイヤの原石…

これはきっと、さくらのことを二人とも考えたんだろうな。

さすがにベタすぎるかな? 

 

佐野さくら(藤原さくら)は天野空一(菅田将暉)のアパートへ。以前、空一に売りつけたギターを取り戻すためだ。返す、返さないと揉めた挙句、ギターを手にしたさくらは楽しそうに帰って行く。

翌日の昼休み、同期と食事していたさくらは神代に声をかけられた。医務室へ行ったさくらに、神代は夏希が来て欲しいと言っていたと伝える。返答しないさくらだが、神代が自分も一緒に行くと言うと目を輝かせた。

というより空一、ギター弾くのか??

似合わないよね(笑)

そして露骨に神代目当てのさくら。 

うーん、気持ち悪いぞ。 

 

神代と2人でのお出掛けに、さくらは“デートっぽいやつに行く”と中村真美(夏帆)にメール。その時、真美は空一に手伝ってもらい、結婚準備のため洋服などの整理をしていた。夏希に会う前に、神代とさくらは食事。神代はさっさと注文を済ませるが、さくらは中々出来ない。後ろの客に急かされ焦るさくらは、神代と同じものを注文。すると神代はさくらに、本当は何を食べたかったのかと尋ねる。答えるさくらに、神代は注文にかかるのは7秒だと言う。7秒に自信を持てる勇気が出ればと、神代は続け…。

案の定、さくらはお店で注文するのも難儀な感じ。

さっさと注文しちゃう神代も配慮が足りない気がするけどね。

敢えてって可能性もあるか。 

 

しっかし、デートっぽいやつに行くって…

浮かれとるなー 

 

2話 感想・まとめ

f:id:a-rulership:20160416235634p:plain

うーむ。
とにかく脚本も演出も古臭いなーって印象。

 

藤原さくらよりも、どっちかというと福山雅治の演技がちょっと気になるかな。。
パンクバンドのボーカルに拍手するとことか、なんかカッコつけてて不自然?だった気がする。
まあ、脚本だから福山が悪いわけじゃないんだけども。

 

とがった靴を履いた人は~みたいな人物分析とかも、カウンセラーぽく見せるためなのはわかる。
でも、とってつけたような印象だったな。


ただ、さくらが救急車を呼べないのは、ちょっと観ていて苦しかったかな。
歌を使った治療で改善できるんだろうか。

 


この二人が恋愛に発展するのかなと思ったら、やっぱり違和感あるな。
親子みたいな良い関係性ならいい感じじゃないかな。


しっかし、月9はやっぱスカッと明るくテンポ良い恋愛ドラマ見たいわ・・・

おわり\(^o^)/

※あらすじ・画像は公式HPより引用

【感想は視聴後に更新予定です】