読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

早子先生、結婚するって本当ですか? 第3話感想 ~なんだかつまらない…打ち切りも!?~【ネタバレあり】

2016春ドラマ

スポンサーリンク

2016春ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」 第3話のあらすじです。

このドラマで気になってたのが、貫地谷しほり。

やけに胸を強調した衣装なんですよね。

スタイルの良さについつい目がいってしまいますw 

では、第3話のスタートです。

目次

【第3話 あらすじ】

早子(松下奈緒)の実家『立木豆富店』に、赤い傘と旅行カバンを持った客・三田凪太郎(吉岡秀隆)がやってくる。ところが、応対した早子の姿を見た凪太郎は困惑し、豆腐を買い求めると逃げるように去ってしまう。店先には、凪太郎の傘が残されていた。

早子は、ピクニック合コンに参加していた男性のひとり、佐賀(田中圭)から電話をもらい、彼と会うことになった。

あらあら??

凪太郎は早子と面識があるのかな?

そして田中圭が再び!!

これは恋の予感か? 

 

早子が約束した場所へ向かうと、佐賀が酒に酔った男にからまれ、トラブルになっていた。相手の男は、梅子(佐藤仁美)の元カレ・木の下(とにかく明るい安村)だ。

早子は、ミカ(貫地谷しほり)と梅子に連絡を取り、木の下のことは梅子に任せて、佐賀を連れて自宅に戻る。

実は佐賀は、ミカの友人・舞(舞羽美海)のことが気になっており、相談したかったらしい。

梅子先生の元彼…なんでここでバッタリしちゃうかなーw 

佐賀さんは惣菜を弁当箱に詰めてたミカさんが気になったのね。

うーん、よりによって早子に相談はなぁ。

 

別の日、平和町小学校の職員室では、転校することになったミカのクラスの児童・中野一斗(高木星来)が体調不良を訴える。一斗は、ある理由から別の小学校へ転校するのが嫌で駄々をこねていた。

そんな折、立木豆富店に再び凪太郎が現れて…。

転校生と凪太郎。

どういう感じで話が絡み合ってくるのか想像もつかないなー。 

 

3話 感想・まとめ

うーん…

あっちこっちに話がとっちらかって、テンポが悪いなー。

 

舞さんだっけ?
婚活中の30代独身の女性なら、 田中圭に好かれたら即付き合うでしょう。
しかもマンション持ち!

 

金木犀のにおいがどうとか別にどうでもいいし、自分からふっておいて、急に泣きだすのも…
情緒不安定でしんどい感じ。

しかし田中圭も、なんだか結ばれたからか、今後は登場しない予感だなー。。

 

吉岡秀隆もあれだけ??
赤い傘を忘れたのも何か理由があるのかな??

毎回、男の人が意味ありげに登場するけど、2話くらいで退場する流れっぽいそ。
来週の男も変な感じだったし、咬ませ犬ばっか。
さっさと本命の恋が見たいな。


あと、川栄ちゃんはなんでこんなにいるの?って思ったら最初の「回数券を買ったから~」からも、ちょうど一話につき一度現われて話絡む予定なんだろう。

 

でも結局色んな人が登場しすぎて話が進まない。
取ってつけたように、子供がらみのシーンを入れるのもテンポが悪くなる要因。
生徒が絡むシーンはあんまりおもしろくないよね。

 

このままじゃ、つまらないという評価で終わってしまいそう。
出だしから躓いていたし、打ち切りもあり得るのでは??
今回はこのあたりで。
おわり\(^o^)/

※あらすじ・画像は公式HPより引用

スポンサーリンク