社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

OUR HOUSE(アワーハウス) 第5話感想 ~噛みつきガメの次女の涙と濱田龍臣の謎~【ネタバレあり】

2016春ドラマ「OUR HOUSE」 第5話のあらすじです。

前回では丈治の子供の問題を解決?したふたり。

そしていよいよ謎に包まれてきた次女にスポットが当たります。

 

「よく噛んで」としか言わないのには理由が!?

桜子とアリスのバトル、第5章のスタートです!!

目次

【第5話 あらすじ】

 

 

 

 

 

 

普段から人を噛むクセのある桃子(松田芹香)が、幼稚園で友達に噛みついてしまった。
呼び出された奏一郎(橋爪功)は、桃子に謝るように促すが、桃子は憮然としたまま謝ろうとしない。
園長(岡田奈々)は、桃子が噛む理由が分からないと不思議がる。

もう、前提からおかしい。

人を噛むクセって何?笑 

そりゃ園長も不思議がるよね…

 

f:id:a-rulership:20160515121901p:plain

話を聞いた桜子(芦田愛菜)は、原因はストレスだろう、と分析。同意を求められた琴音(松下由樹)は、子供は環境の変化に敏感だから、と後押し。また自分のせいか、とうんざりするアリス(シャーロット・ケイト・フォックス)に、桜子は悪性のウイルスが家に混入して桃子が影響を受けたのだ、と痛烈批判。そんな時、新太郎(寺田心)が、桃子が噛むようになったのは、ママが死んでからだ、と言い、光太郎(加藤清史郎)も同意する。

やっぱり、母親が亡くなったことがきっかけなんだろうね。 

それを指摘するのが新太郎と光太郎というのが、アリスが家族に受け入れられつつあることの表れだなー。 

 

f:id:a-rulership:20160515121933p:plain

そこで、奏太(山本耕史)が桃子に理由を聞いた人はいるのかと尋ねるが、一同は顔を見合わせるだけで…。
伴家の“噛みつきガメ”こと、桃子が友達を噛んだ切なすぎる理由とは?
姉として母として頑張って来た桜子、そして幼くして母を亡くした桃子、姉妹の心の傷がいま明かされる!

なんだ、当の本人には誰も聞いてなかったのね。 

噛みつきガメってあだ名をつける前に、もっと次女に関心を持ってあげなよ。

お、姉妹の傷ってことは、桜子にも関係があるのかな??

 

5話 感想・まとめ

f:id:a-rulership:20160515181642p:plain 

まずなんでアリスは毎日幼稚園にいるの!?
違和感ありありw


最後にキャラ弁を食べたときの拍手も、え?ってなったなー。

これまでのキャラ弁では心動かなくて、今回のは心が動いたのかがよくわからん。
桜子が食べていいって言ったから?

 

しかし、マルマルモリモリww
その小ネタは反則だわ。

 

しかし、次女はきついよね。
電話がかけられなかったから…自分のせいで死んじゃったと思ってるのかな。
こればっかりはどちらとも言えないし、桜子がぶりかえすのは一番してはいけないこと。
奏太が怒るのも当たり前。

 

アリスが日本に来たもう1つの理由ってなんだろう?
気になるところだなー。
でも、だからこそ桜子の初恋に奏太が反対するのは違うよね。

 

予告を見ると、部屋から出てきた龍臣くんに恋をするっぽい。

急に部屋から出たけど、きっかけ何もなかった気はするけど…

矢田亜希子との会話から、濱田龍臣君は加藤清史郎くんと同級生って設定くさい。

 

ってなると、桜子と濱田龍臣君の接点って、何だっけ?
クラスメイトと思ってたけど…どうなんだっけ!?
でも、次が気になる終わり方ではあった。

次回も注目しましょ。

おわり(^^)/

※画像・あらすじは公式HPより引用