読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

【AAA】西島隆弘くんのかっこいい画像をまとめてみた【イケメン画像集】

f:id:a-rulership:20160621102656j:image

どうも!今回はイケメンシリーズです!
 
記念すべき第1回は西島隆弘くん
AAA(トリプルエー)のメインボーカルである彼は、なんと北海道札幌市出身!!
 
札幌在住の管理人としてはやはり、親しみを感じますねー(^^)
 
 
2016春ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』での好演が記憶に新しい西島くん。
彼の魅力を掘り下げて、ご紹介していきます!!
 
 

プロフィール

f:id:a-rulership:20160621102659j:image
生年月日 1986年9月30日
出身地 北海道札幌市
血液型 0型 身長170cm
出身校 北海道札幌工業高等学校
仲のいい芸能人 大東駿介、三浦翔平、相葉裕樹
今年で30歳になる西島くん。
歌は6歳のときに、ダンスは中学2年ごろからストリートダンスを見て始めたとか。
札幌のアクターズスタジオでレッスンに励み、腕を磨いていたそうです。
 
 
好きな食べ物は、お刺身。
特にえんがわが好み。他には納豆玉子かけごはん、焼き肉、クロワッサンなど。

嫌いな食べ物は、きゅうり(幼稚園の時に腐ったキュウリを食べてしまい感触が気持ち悪くトラウマになってしまった).ドラゴンフルーツらしいです。
 
ニックネームはNissy、にっしー、たか等
趣味は釣り、ドライブ。最近はダーツにもハマっているみたいですよ。
 
 

AAA(トリプルエー)でブレイク

f:id:a-rulership:20160621230624p:plain

2003年の8月、エイベックスのオーディションに合格しました。
当時は「japs」という5人組男性ボーカルグループに所属しており、9月にはデビューシングル「プレシャスラヴ/止まらナイ」が発売。

その後上京し、2005年には男女7人編成の音楽ダンスグループ・AAA(トリプルエー)を結成。

シングル「BLOOD on FIRE」でメジャーデビューを果たすと、同年の日本レコード大賞新人賞を受賞!
日本武道館でのライブも行い、まさに順風満帆といった滑り出しですね。
 
 
ですが、2005年レッスン中に転落。左腕を骨折するというアクシデント。
なお、涙もろく、ライブなどで泣くことが多いです。
 
ちなみに、A-Studioに出演した際には、自身の所属グループAAAに対して「何十回も何百回も抜けてやるとか辞めてとか解散してやるとか」という発言も…
 
 
仲が良くても、やっぱり色々あるんでしょうかねー(´・ω・`)

 

役者としての活躍

f:id:a-rulership:20160621102714j:image
AAAの活動だけでなく、役者としても大活躍の西島くん。
2007年、朗読劇『LOVE LETTERS』で大沢あかねさんと共演。これが初舞台です。

テレビドラマ、『美味學院』では、テレビドラマ初出演にして主演を務めます。このドラマでは與真司郎(AAA)とも共演しました。
 

その後、役者としての評価を決定的にしたのが2009年に公開された、初出演・主演映画『愛のむきだし』です。

f:id:a-rulership:20160621224021p:plain

この作品で西島くんが演じたのは、父の愛情を求めて盗撮行為を繰り返す少年・ユウという役。
 
変態と紙一重の純粋さを繊細に表現するとともに、アクションや女装もこなすという難しい役柄でした。

この作品での好演は世界的にも評価され、数々の賞を受賞しました。

 

f:id:a-rulership:20160621224123p:plain

そして2010年には映画『スープ・オペラ』が公開。
西島くんは試写会の席で、撮影中はずっと坂井真紀さんに恋をしていたと発言したそうですよ笑

「今は年上の方が良いですね。真紀さんとか本当にタイプです」

と、リップサービスではない様子だったとか。
年上に好かれそうなタイプではあるけど…どこまで本気だったのかなー?笑


そして2012年。
西島くんの役者人生で、運命の出会いがありました。
 
蜷川幸雄さん演出の舞台『下谷万年町物語』に文ちゃん役で出演するのです。

f:id:a-rulership:20160621225254p:plain

その頃の西島くんは芸能界の雰囲気に閉塞感を感じ始めており、そんなときに演出家・蜷川幸雄さんから出演オファーがあったそうです。

だけど本読みの段階で、「戦後間もない時期の話なのに、そのころの言葉遣いができていない」と猛烈な駄目だしを受けたんですね。

 
それに対して西島くんは「負けてたまるか」と闘志がわき、稽古後に台詞を当時の言葉に置き直して頭にたたき込み、役になりきって徹夜で何度も練習したそうです。
 
その甲斐あって、翌日の立ち稽古では、蜷川さんからも「やるじゃん」と褒めてもらったとか。
 

演技に真剣に向き合う姿…
男らしい、カッコいいエピソードですね!!!
 

f:id:a-rulership:20160621224856p:plain
舞台の最終リハーサルの前、
「キミは僕にはないものを持ってる。それをとことん見せて欲しい。間違っているものがあれば、イジメてやるよ。」
と、蜷川さんからはこんな激励を受けたみたい。

西島くんは当時を振り返って、「その瞬間や役者のテンションを大切にして、真剣勝負で向き合う現場の醍醐味を肌で感じさせてもらった」と語っています。
 
 
f:id:a-rulership:20160621225747p:plain
この人との出会いが、西島くんを役者として成長させたのは間違いないでしょう。
 
その後、NHK大河ドラマ『平清盛』や月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に出演するなど、まさに破竹の勢いで役者として成功しています。
 
 
2016年5月には恩師である蜷川さんが死去。
そのお通夜の席上で、蜷川さんはどういう存在であったかと問われ
 
「存在が大きすぎて、どんな人と言葉では表せられない。僕にとってとても大切な方です。言葉は届かないかもしれないですけど、まだまだ僕も頑張るので上から見ていてほしい」
 
と述べました。 蜷川さんには、
 
「お前は音楽を辞めて俳優の世界に来い。人生の荒波に出会った時は、全力で僕が西島くんの側について守るから。だから早く一緒に仕事しよう」
 
とも言われていたとか。
 
こんなこと言われたら、泣いちゃいますって… 

 

イケメン画像集

f:id:a-rulership:20160621102717j:image

ここから先は西島くんの画像をご覧ください。

役者としても、AAAとしても大活躍。

仕事にいつも真剣な姿は本当にカッコいいと思います。
 

f:id:a-rulership:20160621231001p:plain

有村架純ちゃんとのツーショット。

ドラマの撮影現場かな?

 

f:id:a-rulership:20160621231040p:plain

こんな表情も…

プリティですね笑

 

f:id:a-rulership:20160621102651j:image

メガネのプリンスのイメージキャラクター。

似合ってますねー。

 

f:id:a-rulership:20160621102711j:image

高良健吾くんとのツーショットです!!

 

f:id:a-rulership:20160621231133p:plain

これで終わりです!!

西島君、本当カッコいい!! 
 
これから先も、ちょこちょこイケメンシリーズを更新していこうと思います。