読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

"死"と向き合う絵本『このあと どうしちゃおう』のあらすじと感想!【ネタバレあり】

f:id:a-rulership:20160718225524j:image

どうも!今回は1冊の絵本を紹介します。

〝世界一受けたい授業”でも紹介され、一躍有名となった絵本作家ヨシタケ シンスケ氏のベストセラー作品。

 

『このあと どうしちゃおう』

です。

札幌駅の紀伊国屋書店を訪れたときに、この本と出会いました。

 
何気なく目にとまり、手に取ったのですが、読めば読むほど楽しくて自然と笑みが。
読んですぐに傑作だと確信しましたよ!
 
 

■あらすじ

少年は、亡くなったおじいちゃんの部屋から1冊のノートを見つけます。
そこには「このあと どうしちゃおう」という題名が。
 
そこには「自分が死んだあとどうしようか」 「天国には何があるのだろうか」
そんな内容が記されていたのです。
 
それを読んだ少年は、おじいちゃんのことや死について考えます。
 
 

感想~大人も子供も楽しめる良作~

f:id:a-rulership:20160718225533j:image
絵がとても柔らかいし、非常にテンポよく読めました。
死ぬまでにやりたいことってテーマは今までにもありましたが、この絵本は死んだ後を考えます。
 
そのひとつひとつの発想が、なんとも可愛くてほっこりさせられるのです。
画像を見てもらえるとわかると思いますが、子供でも理解できる天国像。
 
とにかくお刺身がおいしい!なんて、とっても好き(笑)
 
その横には地味に泣ける、死別したおばあちゃんと再会できるとも書いてある。
このあたりのバランスも絶妙なのです。
 
f:id:a-rulership:20160718225528j:image
逆に地獄の想像図も非常にコミカル。
 
 
こんな風に可愛い絵で描かれていますが、大人にもお勧めで、考えさせられる内容になっています。
 
このあとどうしちゃおう
…どうしようではなく、どうしちゃおう。
 
この表現に〝死”を前向きに楽しもうというおじいちゃんの姿勢が感じ取れました。
 
誰しもが必ず直面する死。
こんな受け入れ方もあるんだと、目から鱗です。
 
 
ノートを読み終えた少年は、自分も「このあとどうしちゃおう」ノートを作ろうと考えます。
 
しかし少年は「死んだらどうしよう」→「生きてる内に何しよう」という風に考え、したいことがたくさんあることに気づきます。
 
そこから、今在る生を見つめなおすことができたのです。
 
 
作中で少年は、おじいちゃんは、本当は死に対して不安や恐怖を抱いており、このノートはその裏返しなのでは?と考えます。
 
正直、この絵本は大人向けでしょう。
この少年の発想なんて、子供なら、小学生くらいにならないとピンとこないかもしれません。
 
 
ただ私個人としては、自分のために書いたノートというよりも”残された孫のため”のノートだったのではないかと考えています。
 
おじいちゃんが死んでしまったことで、死に対する漠然とした恐怖を抱くのではなく、
 
死んだあともおじいちゃんは元気にやってるよ。
色々な姿で見守ってくれているよ。
 
と、考えて欲しかったのかな?って思います。
 
絵本なのに、けっこう深い。
そして作者の豊かな発想には脱帽。
おすすめです!